水虫を治療する薬が即日発送の通販で購入可能!!市販の水虫治療薬よりも効果のある水虫の薬(飲み薬・軟膏)を医薬品個人輸入サイトの中でも最安値で販売しております!!メーカー正規品保証付きで爪水虫や水虫菌を完全に治療、予防薬も販売しております。

水虫治療薬

水虫治療薬のお薬の医薬品ランキング

 

水虫治療薬というジャンルに分類される医薬品の特徴


こちらは薬局で市販されている水虫薬よりも効く水虫治療薬の商品一覧ページです。水虫は真菌(カビ)によって感染してしまう皮膚の病気です。原因菌となる真菌は主に白癬菌と呼ばれており、白癬菌はいんきんたむしの原因にもなります。水虫の症状は様々ありますが、水虫の症状によって効果的なお薬が変わります。水虫になった場合、殆どが塗り薬で治療するものだと考えてしまいがちですが、錠剤タイプの抗生物質で水虫を治療する方法も存在しています。水虫薬の塗り薬のメリットは皮膚に直接的に有効成分が浸透する事で、少ない量を塗っても効果的になるので塗り過ぎには注意をする必要があります。当サイトでは水虫薬を当日発送にてお届け中で、海外個人輸入代行サイトの中でも最安値の格安価格で通販購入が出来ます。自宅にあれば水虫にかかった際に助かる常備薬として揃えておきたいお薬の一つでもあり、家庭に一つは用意をしておきたい所です。水虫の菌は皮膚の奥深くに繁殖しているので治療に時間がかかると言われており、塗り薬では効果が感じられなかった方や、急いで水虫を治療したい方には抗生物質である飲み薬もお勧めしています。当サイトは市販薬では効果が出なかった方に水虫薬をお安く通販するお手伝いをさせていただきます。

水虫治療薬のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード


水虫や水虫薬の事をインターネット検索で調べる方はたくさんいます。

水虫薬を購入する前に『水虫薬 ランキング』『水虫薬 おすすめ』『水虫薬 比較』などと調べる傾向にあり、水虫の治療薬や水虫の市販薬を購入しています。市販薬を使っても治らない頑固な水虫は当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトで飲み薬や塗り薬(クリーム)を通販購入する方もおり、その場合は『水虫 飲み薬 通販』『水虫薬 個人輸入』『水虫薬 通販』などというキーワードでよく検索されています。

水虫の市販薬でよく検索されているのは『水虫薬 エフゲン』『水虫薬 エクシブ』『水虫薬 ラミシール』『水虫薬 ルリコン』『水虫薬 ウィンダム』などがありますが、間違った水虫の治し方としてよく検索されているのが『水虫 オロナイン』や『水虫 ステロイド』『水虫 アルコール』『水虫 カビキラー』『水虫 ハイター』『水虫 イソジン』などがあります。

こちらで並べたオロナインやステロイド、アルコールにカビキラーなんてもっての他、ハイターやイソジンに足を浸けても悪化したり、治る可能性は本当に少ないと言われていますから、きちんとした水虫薬で治療しなくてはなりません。水虫の症状としては臭いや水泡、かゆい、水ぶくれ、痛い、乾燥(かさかさ)、腫れなどがあり、水虫ができる箇所は手であったり、爪であったり、足のかかとや指の間、足の指、足の甲などがあります。

その為に各体の部位でも検索されており『手 水虫』や『水虫 爪』『水虫 かかと』『水虫 指の間』『水虫 足の指』『水虫 足の甲』はよく検索されるキーワードの筆頭になっているほどです。また、水虫になった疑いのある方の中には『水虫 画像』と調べ、水虫の画像を見比べて自分は水虫なのかどうかを確認する方もいます。先ず水虫とは、真菌=カビで感染してしまう皮膚の病気です。

原因菌のカビは白癬菌と呼ばれており、目には見えない菌です。この白癬菌がムレムレな靴下の中などで増殖してしまい水虫に感染してしまいます。水虫の治療期間は個人差もありますが、足の水虫なら余裕をもって2ヵ月、爪の水虫なら6ヵ月で治るといわれています。それぞれ水虫によって治療期間に差は出てくるものの、飲み薬や塗り薬をしっかりと使用していれば水虫は予防する事もできますし、ちゃんと完治する感染症です。当サイトでは主にクリームタイプの水虫薬を取り扱っておりますので是非ご確認下さい。

水虫治療薬のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)


水虫に使用される治療薬は抗真菌薬を使用します。水虫の原因が白癬菌だとわかるのは今から100年ほど前の1910年の時でした。しかし、あくまで白癬菌が原因だとわかっただけで水虫は昔から存在し、水虫という名前の由来は田んぼ仕事で水ぶくれができて痒かったことで、田んぼの水の中の虫に刺されたのではないかということで「水虫」という名前がついたと言われております。しかし、一般的に水虫が普及したのは靴を履くようになった時代からであるため水虫は現代病のひとつといってもよいものです。抗真菌薬のイミダゾール系は1970年代の登場し始め水虫の治療の使用されてきました。「クロトリマゾール」は一番最初に開発されたイミダゾール系抗真菌薬でその後「ケトコナゾール」は1976年に発見されました。

水虫治療薬のお薬を使用される方の年齢や性別


水虫の治療には抗真菌薬を使用します。真菌とはカビの一種で白癬菌が原因とされております。白癬菌の感染する場所によって呼び名が変わり足に白癬菌が感染すると水虫となります。真菌類は人間と違う細胞をしているため、抗真菌薬は真菌類の細胞だけを破壊することで増殖を抑制し殺菌させ治癒させます。水虫は表皮系に発症しやすいため外用薬が主な治療法となりますが、爪などの内部に発症してしまった場合は内服薬も使用したりします。水虫に使用する治療薬には性別は関係なく使用することができます。外用薬の場合は副作用も少ないことから特に使用制限もないようです。ただ、皮膚が敏感な方や小児のアレルギーや敏感肌の方には使用を注意しましょう。内服薬で使用の場合は小児や妊婦には使用は控え医師の判断に従いましょう。

水虫治療薬のお薬の効果効能・効き目接続時間等


水虫は皮膚の角質の内部へ浸食して炎症を起こします。症状としては皮膚表面にみられるため、クリームや液体など外用薬での治療が一般的です。アゾール系の抗真菌薬は水虫に効果が高いためよく使用されております。クリームタイプの外用薬を気になる患部に塗布します。6時間ほど作用しますので、1日2回ほど朝、晩に塗りこむことがよいでしょう。早い人で1か月くらいで症状は完治に向かい、通常でも2か月ほどで完治します。しかし、水虫が発生した元となる原因を解決しないと治療が長引いたり、再発を繰り返したりしますので、新しい靴に変えたりするなど対応しましょう。治療が長引く症状として爪に発症する爪水虫があります。足水虫を放っておくと爪に水虫が感染し爪水虫となります。足の爪が伸びきるには6か月ほどは最低でもかかりますので治療が長引きます。また、薬剤が浸透しにくいこともあるので内服薬を使用したりもします。3か月ほどは治療薬を使用することになりますので、爪水虫になる前に早めに足水虫を対処しましょう。

水虫治療薬のお薬に含まれる主成分や主な有効成分


水虫の治療に使用される抗真菌薬の有効成分は「クロトリマゾール」と「ケトコナゾール」です。クロトリマゾールはアゾール系のイミダゾール系の抗真菌薬です。水虫以外にもカンジタ症などにも効果があります。液剤は刺激が少し強いためクリームタイプで使用されることが多く、クリームタイプは各所に使いやすいことが利点となります。ケトコナゾールもアゾール系のイミダゾール系抗真菌薬で1977年に最初のアゾール系の内服タイプの抗真菌薬として登場しました。現在ではクリームタイプの外用薬のほか、シャンプーや石鹸など脂漏性皮膚炎に対する抗真菌薬としても使用されております。どちらの成分も水虫などの真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの合成を阻害し真菌の増殖を抑制させます。エルゴステロールは菌類に存在する物質で動物には存在しません。外用薬の使用ではほとんど副作用がないため安心して使用できるでしょう。内服薬の場合、副作用が発症する可能性があるため慎重に使用しましょう。

水虫治療薬に関するお薬の説明


クロトリマゾールの成分を外用薬として使用する「カネステンクリーム」はアスピリンで有名なドイツのバイエル薬品社が製造・販売する水虫治療薬です。患部に直接塗布するタイプとなっており水虫以外にもカンジタ症の治療にも使用できます。同じく「クロトリマゾールジェル」も外用薬となっております。インドのグレンマーク社が製造・販売しております。グレンマークは皮膚、小児、婦人用の医薬品を手掛けておりジェネリック医薬品も多数製造しております。ケトコナゾールを使用した内服薬である「ニゾラル」は体内に成分が吸収されるため外用薬では浸透しにくい爪の内部などにもよく効果を発揮します。また、脂漏性皮膚炎にも効果があり、脱毛症の方の治療にも使用されたりします。

水虫治療薬に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法


外用薬を使用する場合、1日に2回ほど患部に塗布します。患部を綺麗に洗った後の入浴後などに使用するほうがよいでしょう。入浴後は皮膚が柔らかくなっているため薬剤がより浸透しやすくなります。患部だけでなく、患部周辺にも塗りこむことで感染の拡大を防ぐことにもなります。患部の症状が治ってもしばらくは外用薬を塗り続けて再発を防ぎましょう。内服薬は1日1回200mgを食後に服用します。症状により継続期間は異なりますので医師の診断に従って使用しましょう。一般的には2~3週間ほどで効果を発揮し始めます。爪水虫には長期的に対応していきましょう。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

水虫治療薬のお薬の注意点・報告されている副作用等


外用薬のものはほとんど副作用はないでしょう。お肌が過敏症の方やアレルギーがある方、化粧水などで発疹などを感じた方などは皮膚が赤くなったり刺激を感じることもありますので注意しましょう。内服薬での使用の場合、重篤なもので肝機能障害や副腎障害などがあります。一般的なものに頭痛や消化不良などを起こすこともあります。他の医薬品を使用している方や重篤な持病のある方、他の水虫薬を使用している場合は医師に相談し飲み合わせや使用方法の確認を行うようにしましょう。高齢者での使用や妊婦の使用に際しても医師に相談することをお勧めします。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

水虫治療薬のお薬を使用する方の症状


水虫の症状で一番多いのが足の指の間にできるものです。皮膚がジメジメとふやけたようになったり逆に乾燥し皮膚に亀裂が入ったりします。水ぶくれにもなったりします。水ぶくれが発症していく段階で徐々に痒みが伴い赤くはれ上がったりします。水ぶくれが破裂したりと症状が悪化しやすいのも特徴です。かかとが角質化し厚く硬くなります。皮膚がカサカサになり粉をふいたようになります。完治が難しい水虫でもあります。水虫はかゆみを伴うこともありますが自覚症状がない場合もあります。そのまま放置していくと感染場所が拡大し治りにくくなります。爪に感染してしまうと市販薬での完治は難しく治療が長期化します。水虫の感染している家族がいると家族全員が水虫に感染する可能性が高くなりますので早期に治療すうことを心がけましょう。

水虫治療薬のお薬を使用する方の病名


「水虫」は白癬菌が原因で足に症状を起こすものを指します。水虫にも種類があり足の指の間にできる「趾間型」や水ぶくれタイプの「小水痘型」、角質化する「角質増殖型」、爪に感染する「爪白癬」などがあります。足は長時間同じ履物を履いたりするため菌が増殖しやすい環境のため白癬菌が繁殖しやすいですが、足以外にも白癬菌は感染します。足にできるものが水虫に対し股に感染する「股部白癬」はいんきんたむしで知られていると思います。股は蒸れやすいので菌が繁殖しやすいです。体に感染すると「体部白癬」となりぜにたむしなどと呼ばれます。赤い湿疹などがみられます。頭に感染すると「頭部白癬」となりしらくもなどと呼ばれます。毛穴が赤く腫れあがり脱毛の原因となります。脂漏性皮膚炎の症状と似ています。

水虫治療薬のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴


水虫治療薬を製造している製薬会社は日本国内においてもたくさん存在しておりますが、海外でも水虫薬の製薬会社(メーカー)は様々あります。当サイトで販売している水虫治療薬は殆どがカンジダ症との併用ができるお薬で塗り薬が多くなっています。軟膏のカネステンクリームは『バイエル社(Bayer)』で、こちらも塗り薬であるクロトリマゾールジェルは『グレンマーク(Glenmark)』が製造や販売を行っています。飲み薬のニゾラルについては『ジョンソンアンドジョンソン(Janssen-Cilag)』が製造しています。これらのお薬はカンジダ症や水虫薬としてお使い頂けますが、たむしやフケにも効果があるとされているお薬です。

水虫治療薬のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等


夏はよく水虫になるなぁ。営業職なんだけど靴下ずっとムレムレで歩き回っちゃうので白癬菌が靴下の中で繁殖しちゃうみたい。冬場は大丈夫なんだけど夏は地獄だね(笑)男の方が水虫になり易そうなイメージだけど女もブーツとかストッキング履くから蒸れやすいよね。匂いも嫌だし、足の皮が剥け易くなる。かゆいし。風呂でちゃんと足を洗う癖をつけなきゃ駄目よ。俺なんて昔っから足の裏は洗わない、足の指は洗わない、泡をつけて流すだけだからね。そんなんだから水虫になる確率が高くなるんだろうね。薬局とかに売ってる市販薬じゃないんだけどクロトリマゾールジェルっていう青い色した箱の水虫薬が凄い効くって聞いて水虫になったらいつもそれ使うようになった。いつも風呂上りに塗っておくだけで放っといたら治ってる。清潔にしてたら水虫なんてなる筈ないと思ってるから、足くらい清潔にしなきゃな!

水虫治療薬のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 清潔にしているつもりですが…何故、水虫になってしまうのですか?

「常に清潔に保っていたのに水虫になった」っていわれる方はとても多くおられます。水虫は白癬菌と言われる真菌で高温多湿を好み繁殖します。強い感染力もないため通常は清潔にしていると洗い流されてしまいます。水虫の感染は水虫の人の角質を知らないうちに付着してしまい、そのまま靴を履いたりしてしまうと発症してしまう可能性があります。特に注意する箇所がお風呂場です。同居する家族に水虫がいる方や不特定多数の人が出入りする温泉や大浴場などは気づかないうちに水虫の菌を付着してしまいます。水虫の人が使用したお風呂マットを正常な人がそのマットの上で足を拭いてしまうと水虫の菌をうつってしまいます。お風呂の後ですので、正常な人も清潔だと思い長期間そのままにすることが多いと思います。そうすることで水虫の菌が繁殖し清潔にしているつもりでも水虫を発症してしまうこととなります。水虫は感染したからといってすぐには発症しません。じわじわと進行していきかゆみを感じたことでやっと気づきます。そのため感染原因が分かりにくいこともあります。

Q2. 水虫になっている時に浴槽に入ったら、その後に入った人に感染してしまいますか?

お風呂は一番心配される場所だと思います。しかしQ1でのお風呂マットでの感染はありますが同じお湯に浸かったからといって水虫は感染しませんので安心してください。水虫の感染には白癬菌が付着した後に繁殖に必要な高温多湿の状態が続かないと発症には至りません。湯船に浸かっても水の中ですので白癬菌は流されてしまいます。同じ水の関係であるのが同居人が水虫の場合の洗濯です。洗濯物を一緒に洗っても問題はありませんので大丈夫です。

Q3. 水虫にも種類があるんですか?水虫は足だけにできるものではないのでしょうか?

日本人の5人に1人が水虫を発症していると言われている身近な病気の水虫ですが、種類は1種類だけではありません。水虫は足だけにできるものではなく体のいたるところに発症します。別の名称で知られているものもあるので「これも水虫なのか!」と思われるかもしれません。水虫は白癬菌というカビであり40種類ほど存在しております。人に感染するものはそのうちの10種類ほどとなっております。水虫の発生場所は承知のとおり足に最も多く、指の間にできる「趾間型」、水泡ができる「小水疱型」、かかとのひび割れ「角質増殖型」、爪が白くなる「爪白癬」の4種類が存在します。全身に頭の水虫「しらくも」はAGAの原因にもなります。股にできる「いんきんたむし」は聞いたことがあると思います。その他、手にも水虫は発症し、体にも「ぜにたむし」が発症することもあります。

Q4. 水虫を放っておいたらどうなりますか?

水虫を放置しておくと、どんどんと症状が悪化していきます。皮膚の代謝よりも早く増殖していきますので自然治癒は難しく発症箇所が拡がっていきますのでさらに治療が長引きます。手足の水虫の場合、爪白癬になってしまうと爪の中に薬剤が浸透しにくいため治りにくく再発を繰り返します。皮膚の機能も弱くなってしまうため他の病気を併発するリスクが高まりアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。また、同居している家族や身近の友人などにも感染をさせてしまう可能性も高まり自分だけの水虫とはならなくなってしまいます。男女どちらも発症する病気です。早期治療、早期改善に向けて放っておくことはせずに治療薬を使用し、普段の予防でも清潔を心がけ、できるだけ患部を乾燥させ毎日同じ履物を履かないようにし水虫が繁殖しない環境をつくることも大切です。

Q5. 水虫治療薬を使った場合、どれくらいの期間で水虫は治るものなんですか?

水虫の治療薬には液体のもの、クリーム状のものなどの外用薬のほか、内服タイプのものもあります。症状や箇所に応じて治療方法は異なり、人それぞれ治療期間も変わりますが、おおよそ通常の水虫であれば2か月ほどで改善に向かいます。しかし、薬剤が浸透しにくく治療が困難な爪白癬の治療には6か月ほど掛かると言われております。そのため爪白癬は外用薬ではなく内服薬を使用することが多いようです。イミダゾール系の抗真菌薬は水虫の生合成を阻害することで発育を抑制し殺菌させます。アリルアミン系の抗真菌薬は水虫の細胞内に侵入し細胞膜を破壊します。もちろん、普段の生活環境で革靴やブーツを良く履いたり足を清潔にしていない環境などは治療薬で殺菌しても治療が長引くこととなります。内服タイプの抗真菌薬の多くはED治療薬のレビトラの併用禁忌薬となります。もしレビトラを服用していた場合は医師に相談し併用しても大丈夫な治療薬を使用するようにしましょう。