アフターピル・緊急避妊ピルを通販購入で即日発送可能!!避妊に失敗して悩んでいる女性は絶対に必見です!!アフターピルの効果や副作用も明記しており、値段や費用も最安値でお届け中!!アフターピルは保険適応外なので処方よりもお安く通販購入出来ます。

アフターピル・緊急避妊ピル

i-pill

アイピル 1.5mg

¥1,940(税込)

POSTINOR2

ポスティノール 750mcg

¥2,610(税込)

アフターピル・緊急避妊ピルというジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらはamazonや楽天、薬局では市販されていないアフターピル・緊急避妊ピルの商品一覧ページです。当サイトは即日発送を心掛けており、最安値の価格でモーニングアフターピル、緊急避妊薬をお届けしております。もしも急に避妊薬が必要なった場合、あなたはどうしますか?望まない妊娠を避けずに妊娠をしますか?それとも、望まない妊娠を避けて妊娠をしない方を選びますか?答えは人それぞれだと思いますが、生まれてくる子供の事も真剣に考えないといけません。誰でも避妊に失敗してしまう事は良くある事です。そんな時に手元にアフターピルがあればとても安心できると思いませんか?当サイトで通販しているアフターピルは月経の周期を調整する事で妊娠を防ぐ事が出来ます。アフターピルや緊急避妊薬は病院の産婦人科でも処方してもらえますが、保険適用外なのでどうしても高額になってしまいます。当サイトはノルレボのジェネリックのアイピルを業界最安値の格安価格で販売しておりますので、万が一の時の事も考えて事前に幾つか購入を行っている女性も多く、安心を得る為にもアフターピルを常時持っているという女性もいるようです。2000円以下で避妊成功率99%の確率なら、安心を買うには安いのかもしれません。避妊はいつ失敗するのか予測が立ちませんから、何かあった時の為に常時緊急避妊ピルを所持している女性も多くなってきていると聞きます。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

アフターピルや緊急避妊ピルをネットで調べる際によく検索されているキーワードは『アフターピル 値段』や『アフターピル 費用』『アフターピル 価格』などがあります。 これはアフターピルを購入希望の方がよく調べる検索ワードとなっており、アフターピルの購入方法としては『アフターピル 通販』や『アフターピル 薬局』『アフターピル 処方』などというキーワードでも多く検索されています。また『アフターピル 楽天』や『アフターピル amazon』などでも検索されておりますが、アフターピルは(低用量ピルも同様に)薬局や市販、楽天やamazonでは販売されていないお薬なので購入場所については注意が必要になります。病院の産婦人科でも処方はしてくれますが、保険適用外なので費用が高く、当サイトのような海外医薬品個人輸入代行サイトの通販で購入する方が多い印象です。 アフターピルは緊急避妊薬や緊急避妊ピルとも呼ばれており、その中でも有名なピルが『ノルレボ』やノルレボのジェネリックとなる『アイピル』です。アフターピルを服用後に生理周期が変わったり、副作用で消退出血が起こる場合もあるので『アフターピル 消退出血』というワードも良く検索されております。消退出血とは自然な生理と区別をする為にアフターピルを服用後、人為的に起こってしまう出血を消退出血と呼ぶ場合があります。排卵の直前や月経以外の時期に出血があった場合はそれは消退出血ではなく、不正出血と呼ばれているので区別が必要になります。 出血に関しては初めてアフターピルを服用した場合、分かりづらい所もあるので、この事が理由でよく検索されている傾向にあります。アフターピルは性行為が終わり、すぐに服用する事でほぼ避妊は失敗しないと言われており、時間が経つにつれて避妊成功率が下がります。この為 『アフターピル 飲み方』や『アフターピル 使い方』を検索する方も多くいます。 また、アフターピルの副作用についても詳しく調べる方が多く『アフターピル 副作用』や『アフターピル 服用後』『アフターピル 吐き気』など、眠気、嘔吐、腹痛、おりもの、太る、リスクなど、副作用に関するキーワードも良く調べられています。当サイトはアフターピルのアイピルやその他の医薬品の即日発送を心がけております。万が一の時に必要になるアフターピルは何かあった後では遅い事もあるので、事前に通販購入を行い、安心の為にも持っておいた方が良いと言われています。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

緊急避妊薬は1977年に「ヤッペ」という学者が性交後にピルを服用することで着床をしないようにする仕組みを発表して始まりました。現在でもこのヤッペ法は一つの緊急避妊の方法として残っております。現在で主流となっている方法が「ノルレボ」を服用する方法となっております。ノルレボはヤッペ法よりも副作用が少なく避妊確立も高いことから日本では2011年に認可されました。「モーニングアフターピル」の名前の由来は、性行為のあった次の日の朝に服用することから付けられたと言われております。ヤッペ法では中用量ピルの「プラノバール配合錠」を使用するのですが、プラノバール配合錠を月経困難症で使用する場合は薬価基準収載品となり保険が適用されますが、緊急避妊の場合は自由診療となります。ノルレボも薬価未収載のため自由診療となります。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を使用される方の年齢や性別

緊急避妊薬を使用する方は避妊に失敗した方が緊急的に使用するものとなります。そのため、男性には効果がなく女性のみの医薬品となります。女性ホルモンを配合することで子宮の働きを通常と違う働きを作り出し妊娠を回避させます。妊娠の可能性がある初潮をむかえた方から閉経前までの女性の方に有効ですが服用したからといって100%妊娠を回避することはできません。医療機関での処方の場合、未成年の場合は保護者の承諾書などが必要となることもありますので事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。すでに妊娠をしている方や妊娠している可能性のある方は使用できませんので注意しましょう。また、緊急避妊薬は保険が適用できない自由診療となりますので医療機関によって金額が異なります。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬の効果効能・効き目接続時間等

避妊に失敗した性行為後72時間以内に服用することで避妊に有効に働きます。性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど妊娠を回避する確率は高くなり99%以上の避妊成功率と言われております。しかし、72時間以上経過してしまうと妊娠の確率は上がってしまいますが避妊効果がゼロになるわけではないため服用するメリットはあります。72時間~120時間以内での妊娠の確率は5%ほどと言われております。妊娠していないかの判断は次回の生理が起こるまでは分かりません。通常はいつもの生理周期よりも早くなることが多くなります。通常の生理周期から1週間経過しても生理が起こらない場合は妊娠に可能性がありますのでチェックが必要です。服用後次の生理が来るまでの性行為はコンドームなどを使用し避妊をするようにしましょう。あくまで緊急用での使用のため継続的に服用することなどしないようにしてください。継続的に否認を望む場合は低用量ピルを服用するようにしましょう。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬に含まれる主成分や主な有効成分

緊急避妊薬の有効成分は「レボノルゲストレル」という女性ホルモンである黄体ホルモンのみが含まれております。服用することで排卵を抑制し精子の受精を軽減させることで妊娠を回避させます。また、受精卵の着床をしにくくすることにも作用します。そのため排卵前に服用では排卵抑制作用が働き、排卵後の服用では着床障害をお越し妊娠を回避することができます。日本では「ノルレボ」が2011年に承認されましたが、それ以前は中用量ピルを服用するヤッペ法によって妊娠を回避しておりました。ヤッペ法の場合は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを同時に服用することで妊娠を回避することが可能となりますが、副作用が強いため現在では副作用の少ないノルレボが主流となっております。もし、避妊に失敗し妊娠してもアフターピルを服用していたからといって胎児には影響はありません。どちらでも言えることはできるだけ性行為後に早く服用することとと、あくまで緊急用であるため常用するお薬ではないことがあげられます。

アフターピル・緊急避妊ピルに関するお薬の説明

2011年に日本で初めて認可された緊急避妊薬が「ノルレボ」です。体内のホルモンバランスを変化させることで妊娠しにくい体質に一時的に変化させることができます。黄体ホルモンのみを使用しているため、従来行ってきた「ヤッペ法」に比べ副作用が少ないことが挙げられます。ヤッペ法の場合は中用量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを服用することで一時的に妊娠を回避する方法です。副作用が強く服用回数がノルレボの1回に比べ2回服用しなければならず、副作用が強いため現在ではノルレボが主流となっております。しかし、医療機関ではノルレボの価格はおよそ1,5000円ほどとなっており高額です。一方ヤッペ法は5,000円ほどと安くなっております。

アフターピル・緊急避妊ピルに関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

ノルレボやノルレボジェネリックの場合は避妊を目的にする性行為後72時間以内に1回服用水などで服用します。性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど妊娠の確率は低くなります。妊娠の可否は次の生理がくるまではわからないですが、通常の生理周期よりも1週間ほど短くなる方が多いです。通常の生理周期よりも1週間ほど遅い場合は妊娠の可能性を考えましょう。ヤッペ法の場合は同じく72時間以内に1回服用しその後12時間後にもう1回服用します。副作用により2時間以内に嘔吐してしまった場合はもう一度服用することもあります。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬の注意点・報告されている副作用等

一番の副作用は嘔吐や吐き気、頭痛、消退出血となります。特にヤッペ法は濃度の高い2種類の女性ホルモンを服用するため副作用が強くなります。副作用は服用後2時間~3時間後の血中濃度が高いときの起こりやすく24時間経過することでほとんど治まる一過性のものですが、長期的に身体に不調が起こっている場合は医師に相談をしましょう。消退出血が起こることで避妊の成功となりやすいですが、不正子宮出血なども考えられるため念のため妊娠検査薬の使用や医療機関に確認を行いましょう。他の医薬品を使用している方や持病がある方、年齢が高い方はどは服用前に医師に相談しましょう。重篤な肝機能障害の方や妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方は禁忌となります。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を使用する方の症状

病気ではないため症状はないのですが、避妊に失敗したと思われる性行為後にこのモーニングアフターピルは服用します。女性には妊娠をしやすい時期としにくい時期があります。一般的に妊娠しやすい危険日と言われる次期は排卵日の前後1週間ほどとなります。30代までの健康な女性の場合、この危険日に妊娠する確率はおよそ20%~25%ほどとなっております。妊娠は精子と卵子が受精し着床することで起こります。受精自体は80%ほどで行われるのですが、その後着床する確率が低いため妊娠の確率は低下します。アフターピルを服用することで排卵を抑制し受精の確率を下げることと、着床をしにくい子宮内膜にし着床障害を起こすことで妊娠を回避します。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を使用する方の病名

妊娠する確率は年齢や生理周期によって変わります。危険日以外での性行為や年齢が高い場合は妊娠する確率は下がります。危険日に妊娠をする確率は20%~25%ほどですが、1年間危険日に避妊を行わず性行為を行った場合は80%以上の妊娠の確率となります。さまざまな避妊法がありますが、コンドームを使用した避妊の場合、1年間の妊娠の確率は最大で15%ほどとなっており、低用量ピルを服用した場合は5%ほどとなります。アフターピルの場合、妊娠を阻止する確率は95%以上となっておりますが服用時期が遅ければ確率は変わっていきます。計画的に避妊を行う場合は低用量ピルを使用し、コンドームなどで避妊を行う場合は緊急用としてアフターピルを事前に用意しておくことが良いでしょう。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

モーニングアフターピルや緊急避妊薬を製造・販売している主な製薬会社(メーカー)はアイピルの『シプラ(Cipla)』などがあります。当サイトでは販売しておりませんが、他にもノルレボのジェネリック、マドンナピルの『Biopharm Chemicals』や『Gedeon Richter』のポスティノール『Laboratoire HRA Pharma』のノルレボなどの商品があります。ノルレボは『株式会社そーせい(あすか製薬の子会社です)』が日本国内で初めて厚生労働省から承認を受けており、販売や製造をしています。また、日本では1962年に初めて厚生労働省にピル製造許可の申請を行い、その後低用量ピルや緊急避妊薬の承認が受けられていく事になります。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

アフターピルは常に持っていると万が一の時に使える便利なピルで、避妊成功率は凄く高いんです。私は色々な男性とお付き合いする事が多いので、中だしされた後にすぐアフターピル使ってます。緊急避妊薬というだけあってこういう緊急時に使えます。出来るだけ中だしをされた後すぐに使う事で避妊確立が上がり、時間が経つにつれて避妊確率が下がってしまうので早く飲まないといけないピルです。私は今まで8回くらい飲んでますが、アフターピルの副作用が出たのは1~2回くらいで吐き気がありました。でも吐き気止めと一緒に飲めるので気持ち悪さは回避できます。他には副作用は感じなかったかな。でも個人差もあるから何とも言えません。妊娠は絶対にしたくない!と思っている人は常備しておいても損はないと思います。中だしされて妊娠望んでいないのに出来ちゃったら困りますから。。。

アフターピル・緊急避妊ピルのお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. モーニングアフターピルの安全性について教えて下さい。

モーニングアフターピルとは、性行為後の朝服用するといいうことで付けられた名称で、避妊を失敗した性行為後に服用する緊急避妊薬です。以前は中用量ピルを2回服用するヤッペ法が主流となっておりましたが、吐き気などの副作用が強いため、現在での医療機関ではあまり使用されておりません。それは新しく2011年にの2月に緊急避妊薬ノルレボが日本で認可されたためです。ノルレボなどのモーニングアフターピルを排卵前に服用すると排卵が抑制され、服用後5日~7日女性器内に侵入する精子の受精能力が無くなってしまいます。また、排卵後の服用でも子宮内膜の増殖を防ぐことで受精卵の着床をしにくくする効果もあります。その後の後遺症や不妊症などの心配はなく世界保健機構の指定必須薬にも指定されております。しかし、性病を回避したり100%の避妊効果があるものではないため乱用には注意してください。また、医薬品であるため重篤な肝障害のある方や妊婦など使用できない方もありますので医師への確認をするようしてください。

Q2. 緊急避妊薬を服用した後、次に生理が来るのはいつになりますか?

生理とは着床しなかった子宮内膜が子宮から体の外へ出てきた出血のことを言います。子宮の出入り口は狭いため、3日~7日と血液を押し出す生理期間が存在します。モーニングアフターピルを服用すると、早い人で3日ほどで出血が起こり生理となります。しかし、服用すたタイミングによって出血が起こる生理期間が違います。排卵の前後に服用した場合はモーニングアフターピルでの生理と通常の予定での生理と2回くることもあります。排卵時期に重なって服用した場合、排卵出血の可能性がありますので、出血の量が少なかったときは注意しましょう。排卵後に服用した場合は通常の予定の生理日まで生理は起こりませんので次の生理までの期間が長くなります。服用後3週間以上生理が来ない場合は妊娠している可能性がありますので、医師に相談をしましょう。

Q3. アフターピルを飲む場合、性行為が終わってから何時間以内に飲むべきですか?

アフターピルの服用方法はヤッペ法とノルレボ錠と服用方法が違います。中用量ピルであるヤッペ法は性行為後72時間以内に2錠服用します。その後12時間後にもう2錠服用します。ノルレボ錠の場合は72時間以内に1回服用します。しかし、72時間以内に服用すれば必ず避妊が性成功するのではなく、遅くなればなるほど避妊の成功確率は下がってしまいます。そもそも排卵期前後の妊娠をする確率は15%ほどです。その確率をアフターピルを服用することでさらに下げることができ、性行為後24時間以内であれば1%まで下げることが可能です。(通常の妊娠確率を踏まえない場合は5%ほどの妊娠確率となります)。72時間以上経過してしまった場合は60%ほどの避妊効果となります。

Q4. 緊急避妊薬を服用して避妊に失敗したらお腹の赤ちゃんに影響はありますか?

緊急避妊薬を服用して妊娠してしまった場合でもお腹の赤ちゃんには影響はありません。緊急避妊薬は女性ホルモンを服用することで体内n¥のホルモンバランスを変えることで避妊効果を起こしますが、妊娠時の身体はこの緊急避妊薬のホルモンの数10倍の女性ホルモンが体内で分泌されるため影響は特にありません。また、緊急避妊薬の成分は一時的なもので長期間体に作用するものではないため、妊娠と認識される時期にはすでに体外へ排出されています。また、妊娠していると気づかずに緊急避妊薬を服用しても胎児には影響は少ないですのでご安心ください。ただ、好まれた使用ではなく、緊急避妊薬の注意書きにも妊婦の使用は禁忌と書いてありますので、できる限り妊娠していないことを確認してから服用するようにしましょう。

Q5. ホルモンバランスが崩れると聞きました。緊急避妊薬は身体に良くないのですか?

緊急避妊薬を服用することで副作用を感じる方は多くみられます。女性ホルモンを過剰摂取することになりますので、身体がホルモンバランスを調整するためにコントロールを失うと拒否反応として副作用があらわれやすくなります。主な副作用は腹痛や嘔吐、頭痛、悪心、倦怠感などがあります。しかし、この副作用も一時的なもので24時間以上継続的にはみられることはほとんどありませんので安心してください。従来使用されていたヤッペ法であるプラノバール錠は吐き気などの副作用がノルレボ錠に比べ高くなっております。基本的にはアルターピル服用後約1週間ほどで薬剤の成分は体外へ排出されます。そのため将来的に身体に影響を及ぼすことはありません。