性病の種類・症状は様々ですが、主にクラミジア、淋病、ヘルペス、カンジダに効く抗生物質を通販で購入出来ます!!感染症の水虫に効果のあるお薬も即日発送中。他人にバレる事なく性病を治療・完治させたい男性、女性から最も多く購入される通販サイトです。

性病薬(STD)/感染症/抗生物質

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬の医薬品ランキング

 

性病薬(STD)・感染症・抗生物質というジャンルに分類される医薬品の特徴

本来なら日本では病院を受診し、処方箋や診断書が無いと抗生物質(抗生剤)は購入する事が出来ませんし、薬局や市販でも販売していませんが、当サイトは海外医薬品個人輸入代行サイトなので簡単に通販で購入が可能です。また、性病薬は色々な種類がありますが、当サイトは性病薬を業界最安値で販売中。性病以外でも感染症にかかり易いお子様がいらっしゃるご家庭などでは常備薬として置いておかれるお薬も揃えております。性病にはクラミジアや淋病、ヘルペス、カンジダなどの症状があり、それぞれの症状によって服用するお薬も変わってきます。抗生物質で有名なクラビットのジェネリックやレボフロックスはクラミジアや淋病を治療し、病院やクリニックでも処方される抗生物質ゾビラックスやバルトレックスはヘルペスの症状(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)を改善させます。そして性病ではないとされるカンジダ症にはジェルやクリームで治療する方法もありますが、飲み薬のダイフルカンは膣の環境を正常に整えて膣液の分泌を促進する作用が強いので、性行為時に濡れにくい悩みや不感症の悩みをも解決してくれます。性病以外の感染症としては水虫が有名で、当サイトでは市販で売っている水虫の薬よりも効果のある医薬品の水虫治療薬を販売しています。水虫の薬と聞くと塗り薬を想像してしまいがちですが、菌の増殖を抑える飲み薬も販売しており、塗り薬で十分に効果が出なかった方や、急いで治したい方に特にお勧めしています。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

性感染症(STD)の性病薬、抗生物質をお探しの方がよく検索しているキーワードは『性病薬 市販』や『性病薬 薬局』の他に『抗生物質 市販』『抗生物質 薬局』などがありますが、飲むタイプ(錠剤)の性病薬や抗生物質は薬局や市販では販売されておりません。性病薬や抗生物質を通販で購入する場合は『性病薬 通販』や『抗生物質 通販』などで検索をすると当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトで通販購入が可能です。 性病には様々な種類があり、その性病の種類によって性病薬や抗生物質も服用する種類が変わってきます。性病で有名なのはクラミジアや淋病、性器ヘルペス、カンジダ症、梅毒、尖圭コンジロームなどがありますが、殆どの性病は抗生物質で治療する事ができます。抗生物質とは抗生剤や抗菌薬とも呼ばれていますが、細かく言うと抗生物質と抗菌薬は別物になり、抗生物質は菌を殺す為のお薬です。 性病を治療する際に抗生物質を服用しますが、副作用が気になる方は『抗生物質 副作用』や『抗生物質 眠気』『抗生物質 便秘』『抗生物質 下痢』『抗生物質 吐き気』『抗生物質 胃痛』などと調べる事が多いです。副作用は個人差もありますので全ての副作用が出るとは限りませんからご安心下さい。抗生物質の飲み方としては基本的にお水と一緒に服用をしますが、飲み忘れた時の事や飲み合わせ、服用感覚、抗生物質を服用した際に飲酒をしても良いのかなどを調べる方も多く『抗生物質 アルコール』『抗生物質 お酒』などのキーワードはよく検索されるキーワードになっています。 抗生物質が効かないという方はいませんが、最近では抗生物質が効かない耐性菌が新たに発見されたというニュースがありました。抗生物質の薬としての効果は様々な性病やニキビ、風邪、熱などに効果があるといわれています。こちらのカテゴリーには性病のクラミジア治療薬や淋病(りん病)の治療薬、ヘルペス治療薬、カンジダ(カンジタ症)治療薬の他に水虫の治療薬も含まれています。 主に菌の感染症からくる病気を治すためのお薬(抗生物質、抗生剤、抗菌薬)をご確認いただけます。抗生物質は英語でantibiotic(アンチバイオティック)と言い、日本ではアンチと言うと『反~』という意味になり、バイオティックは『生物の』という意味になるので合わせて抗生物質という意味になります。抗生物質の英語を調べる方も多くいるので『抗生物質 英語』というキーワードもよく検索されている傾向にあります。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

性感染症は主に性行為によって感染する病気で、ウイルスや細菌、心筋、寄生虫など原因によって症状も様々です。古代より存在をしておりましたが一番猛威を奮っていたのが「梅毒」ではないでしょうか。コロンブスの探検団が現地人との性行為によって広まった病気で、この大航海時代に日本へも入ってきました。現在では完治できる病気として感染者が減少しつつありますが、クラミジアなどは感染しても症状を感じにくいことから現在一番多い性感染症となっております。性病の原因によって使用する治療薬も異なるため、間違った治療薬を使用してしまうとなかなか治らないこともあります。適切な治療を行えばほとんどの性感染症は治療できるとされており、治療薬の研究が進んでいる分野となっております。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を使用される方の年齢や性別

抗菌薬の中では高齢者や小児への使用に際して注意が必要なものもあります。また、抗ウイルス薬でも基本は成人への使用を目的としているものが多いため使用量には十分に注意し小児への使用では体重が40kg以下の場合、使用できないこともあります。性病や感染症は性別に関係なく発症しますので、性病や感染症に対する性別の指定は特にないようです。ただ、女性器に塗布するものなどは女性に合わせて作成されているものもあります。妊娠をしている方や授乳中の方は胎児や乳児に薬剤の成分が移行する可能性がありますので使用前に医師に相談をしましょう。水虫は成人に多くみられる症状ですが、性病は低年齢化が進んでおります。ヘルペスは感染力が強く年齢に関係なく感染もします。性病の場合症状が似ており病気を間違えることが多いですが、それぞれの症状に合わせて適切な成分を含む治療薬を選ぶことが先決となります。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬の効果効能・効き目接続時間等

それぞれの治療薬によって持続効果や使用期間が異なります。また、症状が悪化すると治療は長引きますので早期治療が必要です。「ケトコナゾール」やカンジタ症や水虫などの治療の使用をする抗真菌薬となります。水虫などは1か月以上は使用することとなり、カンジタも症状が完全されても少しの期間は再発防止のために服用を続けましょう。「クロトリマゾール」、「ケトコナゾール」などの抗真菌薬も1か月以上は使用を継続していきましょう。「レボフロキサシン」は様々な抗菌作用がありますが、クラミジアの治療では1週間ほどとなります。ヘルペスなどの抗ウイルス薬の場合、水ぶくれが発症する前に使用することで1週間ほどで症状が治まります。発生を抑制させるために長期的に服用するタイプのものもあります。細菌やウイルスの中には常在菌として滞在するものや潜伏して完治できないウイルスなどがあります。そのため、薬剤の治療効果を高めるには体の免疫を保つ生活を送ることが重要です。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

症状によって薬剤の種類や有効成分は異なります。ヘルペスの治療には抗ウイルス薬として「アシクロビル」や「バラシクロビル」などを使用します。使用することでウイルスの増殖を阻害することができ早期治療によって悪化が抑えられます。内服薬だけでなく、外用薬もあります。抗真菌薬である「クロトリマゾール」や「ケトコナゾール」はアゾール系内のイミダゾール系に属しており、真菌の細胞が持つエルゴステロールの生成を阻害することで水虫やカンジタの治療に用います。殺菌的に作用し改善をさせます。アゾール系の「フルコナゾール」はカンジタ症の治療に使用し真菌の生成を阻害します。「レボフロキサシン」はニューキノロン系の抗菌薬としてさまざまな細菌に効果がある治療薬です。抗菌力が強くクラミジアやマイコプラズマ、赤痢やコレラ、ニキビなどにも対応できる成分です。細菌の遺伝情報を阻害することで細菌を殺菌します。医薬品の成分は有効にはたらくことが可能ですが副作用を伴うことがありますので用法・用量を守って使用しましょう。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質に関するお薬の説明

微生物を原因とする感染症などは細菌やウイルス、カビなどの真菌などに分類されます。抗真菌薬、抗ウイルス薬、抗菌薬と別れており、違う種類の薬剤成分を使用した場合、効果を発揮しないので、症状を良く確かめて使用をしましょう。抗菌類にはペニシリンで有名な抗生物質などの種類と合成抗菌薬などの種類に分かれており、「レボフロキサシン」ニューキノロン系の合成抗菌薬です。抗ウイルス薬はウイルスによって薬剤の種類が異なっており、水ぼうそうや帯状疱疹、性器ヘルペスなどはヘルペスウイルス治療薬として「アシクロビル」などを使用します。抗真菌薬は5種類の系統があり、アゾール系はその中の一つの治療薬となっております。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

抗菌薬である「レボフロキサシン」は1回500mgを1日1回服用をしていきます。症状に合わせて調整し減少させましょう。抗ウイルス薬で「アシクロビル」は外用薬は1日5回ほど適宜使用し内服薬は体重や症状に合わせて1日に数回服用しましょう。アゾール系の抗真菌薬の場合は外用薬では患部の1日数回適宜塗布し、内服タイプの場合は症状に合わせて1日1回100mg~200mgを服用します。重症化している場合などは用量を増加することもあります。服用中止の判断は自分で判断せず。医師の判断に従うことが再発を防ぐ早期治療となります。※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬の注意点・報告されている副作用等

抗菌薬である「レボフロキサシン」は妊娠の方は注意しましょう。発疹や下痢などが一般的な副作用で重篤なもとでアレルギーや頭痛、臓器障害などがあります。抗ウイルス薬では小児や妊娠している方への投与は注意しましょう。副作用として頭痛、めまい、腹痛などがあり、重篤なもので呼吸器不全、アレルギー、臓器障害があります。抗真菌薬では外用薬では刺激感などの副作用があります。内服薬では小児への使用量を注意し妊娠中には使用は控えましょう。腹痛、肝機能値の異常などの副作用があり、重篤なものでアレルギー、意識障害などがあります。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を使用する方の症状

性病の症状はさまざまです。女性の場合は女性器のおりものが増加したりおりものの形状が通常よりも粘り気が強かったり固形化したりします。またかゆみを伴い重症化すると痛みや不妊症の原因にも繋がります。男性の場合は症状が出にくいものが多いですが、性器から膿がでたりかゆみなどを伴い女性と同じく男性不妊症にも繋がります。ヘルペスは顔や体に水ぶくれを発症させます。水ぶくれが出る症状の前はひりひり感やずきずきといった感じがあります。体調不良をお越し体の免疫が下がると発症しやすくなります。水虫は長期間同じ靴やブーツを履くことで発症しやすくなります。かゆみを伴い重症化すると爪の中にも発症し治療が困難になります。足だけでなく他の体の部位にも発症します。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を使用する方の病名

性病の種類では一番感染数の多い「クラミジア」のほか、淋病やトリコモナス、梅毒、コンジローマなどがあり、カンジタや性器ヘルペスも性器に感染することで同類とされていたりします。さまざまな感染症を引き起こすHIVも性病のひとつとなります。「ヘルペス」は口は性器にできることで知られておりますが、体にできる「帯状疱疹」や「水ぼうそう」なども同じヘルペスとなります。感染すると完治ができないと言われる感染症ですが、年齢とともに再発率や患部の重症化は減少していきます。「水虫」は足だけでなく体の他の部位にも感染します。水虫の菌が繁殖しやすい湿気が多く不衛生なところに発症しやすいため足にできやすいのが特徴です。水虫に感染した人が使用したものを使用し清潔にしていないことで感染しやすくなります。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

性病薬(STD)や性感染症、抗生物質を製造販売している製薬会社(メーカー)は主に『シプラ(Cipla)』という製薬会社が有名です。シプラはクラミジアや淋病の治療薬、アジーやレボクイン、クラビットのジェネリック、レボフロックスやヘルペスに効果のあるアシビルやアシビルクリーム、バルシビルなどを販売しています。性病ではありませんがカンジダ症にも効果を発揮するダイフルカンジェネリックなどもシプラが製造、販売を行っています。その他ではバルトレックの『グラクソ・スミスクライン(Glaxo Wellcome)』、ゾビラックスの『GSkファーマ(GlaxoSmithKline)』、カネステンクリームの『バイエル(Bayer)』などが有名な製薬会社になります。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

性病になったら?旦那も子供もいますけど口が裂けても言えません。それが浮気をしてなったのなら尚更・・・コンドーム付けさせてなかった私も悪いんですけどね、性病って本当に怖いです。性病持ってるなんて相手はわざわざ言ってくれないですから。家族がいたりカップルなんて病院も行き辛いんじゃ?パートナーにバレたら大変。どんな性病なのか知らなきゃいけないけど、多いのがクラミジアや淋病。クラビット飲んでおけば治るって聞いたので通販で売ってるクラビットジェネリックを購入して気合いで治しました。個人輸入代行って商品も医薬品ってバレないように書いてくれるし、家族にバレずに済むから結構利用してます。誰にもバレずに性病治したい人、たくさん居ると思います。

性病薬(STD)・感染症・抗生物質のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 他人にバレる事なく性病を治したいです。購入時のプライバシーは守られますか?

はい。もちろんです。当サイトでは法令の順守を基に社員一同お客さまからお預かりした個人情報を適切に取り扱って運営しております。お客様への商品発送とそれに伴うご連絡のために利用し、お客様の同意を得た範囲内でのみの使用となっております。訂正や利用停止、消去などの要求についても法令に従い速やかに対処いたしますので気兼ねなくご連絡ください。当サイトの別ページでもプライバシーポリシーとして報告しておりますので、是非一度ご確認をしてみてください。

Q2. 性病になっていると仮定し、その潜伏期間中に性行為をしたら性病は移りますか?

はい。性病は潜伏期間であっても感染します。潜伏期間とは病原体に感染してから体に症状がでるまでの期間のことを指します。そのため病原体は体の中に存在しているため他人に感染します。また、感染していても症状が表だってわかりにくい性病もありますのでそういった場合はいつ感染したかもわからず、また他人に感染させてしまうことが多々あります。特にクラジミアは女性の80%、男性の50%は症状がでないため、気づかずに相手に感染してしまう可能性が高いため日本で一番感染数の多い性病だと言われております。

Q3. 性病にはたくさんの種類があると聞きました。どのような性病がありますか?

Q2で登場したクラミジアは日本には100万以上の感染者がいると言われる最も多い性病です。男性は排尿時の痛み、女性はおりものやかゆみが多い症状です。性器ヘルペスは女性に多い性病で男女とも性器に水泡ができるのが特長です。淋病はクラミジアに次いで多い性病で若い男性によく見られる性病です。男性は排尿時の膿や痛み、女性はおりものやかゆみを伴います。梅毒は昭和の前半に死者がでる猛威をふるった性病ですが完治することができたため現代では患者数が減少している性病です。しかし、近年は少しずつ患者数が増えている性病でもあります。第1期から第4期まで症状が変化する特長ある性病です。性器カンジダは性交渉によっても感染しますが、常在菌であるカンジタが体調不良やホルモンバランスの変化によって発症しやすい性病です。男性は自覚症状が少ないですが女性はヨーグルト状のおりものやかゆみを伴います。その他、原虫が原因のトリコモナスや性器や肛門にイボができるコンジローマ、そしてエイズなどがあります。

Q4. 性感染症の症状が良くなったので、自己判断で抗生物質を飲むのを止めても良い?

自己判断で治療を中止することは良くはありません。性病はあまり人には知られたくない病気であり、医療機関に通院することも気が引けるため、最初に薬を服用してから症状が軽くなってしまうとそのまま薬の服用を中止したり病院への通院を怠ったりしがちです。しかし、症状が治まっても病原菌は潜伏期間のように体内に潜んでいるため早めの投薬中止は再発の元となります。また、潜伏し残った病原菌は投薬が中止されると今まで使用していた薬剤の成分に耐性を持つようになってしまうため、再発したときにはなかなか治療薬が効かなく治療期間が長くなってしまいますので、医師の判断の基、根治するまでは投薬を中止しないようにしましょう。クラミジアの治療では薬剤の効果が体内に影響する投薬期間の終了後2~3週間後に再検査を受けます。もともと症状が出にくい性病ですので、菌の増殖を確認する再検査はとても重要なことといえます。

Q5. 性感染症を防ぐには?オーラルセックスでも感染する事はあるんですよね?

性感染症を予防するにはコンドームを使用することが一番の予防法となります。しかし全ての性感染症を予防することはできません。主として血液や精液、膣分泌液に病原体が存在する性感染症にはそれぞれの性器と直接触れないようにするコンドームには大きな効果が期待できます。特にクラミジアや淋病、トリコモナスやHIV感染症には効果が高いでしょう。しかし、感染経路はそれだけではありません。カンジタやケジラミなどは性器の不衛生や体調不良などによって菌が繁殖しやすくなります。性器ヘルペスや梅毒はキスをすることで感染することもあります。また、オーラルセックスによって直接性器を愛撫してしまうと喉などに感染することもあり、近年の性感染症の発症の特長としてオーラルセックスによって淋病やクラミジアに感染することが多くなっております。性感染症の予防にはオーラルセックス時にもコンドームの着用、性行為を行う前にシャワーを浴びる、体調が悪い時に性行為を行わない、不特定多数の人と性行為を行わないことで性感染症の感染を減らすことが可能となります。