レボフロックス 250mg

leboflox

leboflox

  • 商品名レボフロックス250mg 10錠
  • 定価(税込)¥3,100
  • 販売価格(税込)¥1,510
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名レボフロックス250mg 20錠
  • 定価(税込)¥6,200
  • 販売価格(税込)¥2,830
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名レボフロックス250mg 30錠
  • 定価(税込)¥9,300
  • 販売価格(税込)¥4,050
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名レボフロックス250mg 100錠
  • 定価(税込)¥5,240
  • 販売価格(税込)¥3,630
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名レボフロックス250mg 200錠
  • 定価(税込)¥10,480
  • 販売価格(税込)¥7,070
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名レボフロックス250mg 300錠
  • 定価(税込)¥15,720
  • 販売価格(税込)¥10,400
  • 在庫状態在庫有り

レボフロックス(levoflox)250mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

レボフロックスの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:レボフロックス

英語表記:levoflox

ブランド:シプラ

メーカー:cipla

内容量違い:レボフロックスは内容量違いがあります。

成分容量:250mgが含まれたお薬がございます。

内容量:レボフロックス250mg 100錠/レボフロックス250mg 10錠

有効成分はLEVOQUIN(レボフロキサシン)250mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

レボフロックスとは?クラビットのジェネリック医薬品です。

日本ではクラビット・レボフロックスとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:レボフロクス・れぼふろっくす・レボフロ・レボフラックス・クラミジア薬・淋病薬

お薬ジャンル:抗生物質・性病・感染症・炎症・STD

こんな症状の方が使用:子宮内感染・尿道炎・クラミジア・淋病

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間~24時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり・鉄分の多い飲食物

レボフロックスの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト「薬蔵」が紹介するレボフロックス(levoflox)はクラミジアや淋病の治療に使用される医薬品です。クラビットジェネリックとなっており、新薬であるクラビットと同じ有効成分でありながら価格が安く購入することができるため、通販でも人気のお薬となっております。有効成分のレボフロキサシンはグラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に活性があるニューキノロン系合成抗菌薬であり、幅広い治療に効果がある抗生物質となっております。主な適用疾患は外耳炎・中耳炎・副鼻腔炎などの耳や鼻の炎症、肺炎・気管支炎・喉頭炎・扁桃炎・結核などの呼吸器系、膀胱炎・腸炎などの内臓系、尿道炎・精巣上体炎・クラミジア・淋病・子宮頸管炎などの性器、またペストやコレラなどの感染症にも効果があります。感染症の適応菌種が多いため医療現場でも処方されることが多いのも特徴です。細菌の増殖に必要な核酸の生成を阻害することで細胞を死滅させます。海外通販代理サイト薬蔵はクラビットジェネリック以外にも抗真菌薬や肌荒れ改善、美白サプリなど女性に役立つ治療薬などを取り揃えておりますので、いろいろとチェックしてみてください。

飲み方(使用方法):通常使用として1回500mg(250mg×2錠)を1日1回服用してください。症状によって医師の判断のもと適宜調整してください。クラミジアの治療にはおよそ1週間ほどとなります。過剰摂取や治療中での使用中止などは耐性菌の繁殖を増加させるおそれがありますので注意してください。妊婦や授乳中の方、小児には禁忌となっております。高齢者や他の病気の治療中の方も医師に相談するなど注意が必要です。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に2錠まで

副作用/注意点:服用中はできるだけ直射日光を避け、長袖を着るなど対応しましょう。副作用として悪心、めまい、不眠、頭痛、ほてりなどが報告されております。併用禁忌薬、重篤な副作用など医師に相談して使用するようにしましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です