バルトレックス 500mg

valtrex

valtrex

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥5,194(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥5,141(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥5,035(税込)
  • 商品コードバルトレックス500mg 10錠
  • 定価(税込)¥8,800
  • 販売価格(税込)¥5,300
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

バルトレックス(valtrex)500mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

バルトレックスの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:バルトレックス

英語表記:valtrex

ブランド:グラクソ・スミスクライン

メーカー:Glaxo Wellcome Inc.

内容量違い:バルトレックスは内容量違いはありません。

成分容量:500mgが含まれたお薬がございます。

内容量:10錠

有効成分はValacyclovir Hydrochloride(バラシクロビル)500mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

バルトレックスとは?バルトレックスの正規医薬品(本物)です。

日本ではバルトレックスとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:バトルレックス・ハルトレックス・バルトレックス錠・バルトレックス市販・ヴァルトレックス・バラシクロビル錠・ヘルペス治療薬・ヘルペス再発防止薬・帯状疱疹薬・水疱瘡の薬

お薬ジャンル:抗生物質・ヘルペス治療・帯状疱疹治療・水疱瘡治療

こんな症状の方が使用:口唇ヘルペス・性器ヘルペス・水疱瘡・帯状疱疹

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性/10代・20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約8時間~12時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

バルトレックスの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

バルトレックスは単純疱疹、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスに対して用いられるお薬です。(性器ヘルペスは再発抑制)これらの疾患は皮膚や粘膜に紅斑や水疱ができ、神経に沿った痛みが出現します。バルトレックスはこれらの原因となるウイルスDNAの複製を阻害することによりウイルスの増殖を抑えることで症状の悪化を防ぎます。また、ウイルスの中にある酵素によって活性を示しますので、ウイルスに感染している細胞を狙って効果を示すことができます。このお薬は腎臓の機能が低下していると、薬が体の外に出せず、副作用が強く出てしまいます。腎臓の機能低下を指摘されている方は、医師と相談してから服用してください。副作用は必ず起きるものではないのですが、重篤になるものもあるため、知っておきましょう。特に、初期症状を知っておくことが早めの対処につながりますので重要となります。新たに病院を受診する際や、現在病気の治療を行っている方は飲み合わせの悪い薬があるため、必ず医師と相談してから服用しましょう。

飲み方(使用方法):疾患によって服用方法が異なるのでよく確認してください。<成人・体重40kg以上の小児>・単純疱疹:1回500mgを1日2回・水痘、帯状疱疹:1回1000mgを1日3回・性器ヘルペスの再発抑制:1回500mgを1日1回飲み忘れた場合は、気がついた時点ですぐに1回分を服用してください。ただし、次に服用する時間が近い場合は服用しないで、その後は指示された時間から服用してください。2回分を一度に飲んではいけません。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に2~3錠まで

副作用/注意点:主な副作用として、頭痛、眠気などの意識低下、傾眠、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、腹部不快感、蕁麻疹、発疹、かゆみ、光線過敏症などが報告されています。このような症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。※呼吸困難や動機(アナフィラキシーショック)、発熱・出血しやすい・倦怠感(汎血球減少)、尿量減少・むくみ(急性腎不全)、昏睡・幻覚(精神神経症状)、結膜充血・口腔や陰部粘膜のただれ(中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群)が出現した場合はすぐに内服を中止し、医師の診察を受けてください。

バルトレックスが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ヘルペスは完治が難しい症状です。一度感染してしまうと症状に出なくても体内で潜伏しており、体の免疫が下がったときに発症をします。その発症をしたとき、初めて感染したときに使用するのがヘルペス治療薬ですが、使用方法を間違ってしまうと効かなかったり効果がなかったりします。性器ヘルペスの治療には発症したときの治療と再発を抑制する治療とは必要量が異なります。ヘルペスを発症すると1年以内の再発率は80%ほどと高いです。そのため再発を繰り返さないように再発抑制療法を行います。再発抑制両方ではアシクロビルではなくプロドラックとなるバラシクロビルを使用します。使用量は1回500mgを1日1回毎日服用します。期間は2か月~長くて1年ほど続けます。再発してしまった場合はアシクロビル、バラシクロビルどちらも効果はありますがバラシクロビルの場合は再発抑制療法とは服用量がことなります。アシクロビルの場合は200mgを1日5回服用、または外用薬を直接塗布します。バラシクロビルの場合は1回500mgを1日2回服用することになるので再発抑制のときよりも量が増えることになります。主に再発を開始してから5日間ほど使用することで早期治療につながります。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です