アシビル 800mg/400mg/200mg

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥11,623(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥11,504(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥11,267(税込)
  • 商品コードアシビル800mg 50錠
  • 定価(税込)¥14,900
  • 販売価格(税込)¥11,860
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥6,713(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥6,645(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥6,508(税込)
  • 商品コードアシビル400mg 50錠
  • 定価(税込)¥9,500
  • 販売価格(税込)¥6,850
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥6,341(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥6,276(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥6,147(税込)
  • 商品コードアシビル200mg 100錠
  • 定価(税込)¥8,200
  • 販売価格(税込)¥6,470
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

アシビル(acivir)800mg/400mg/200mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

アシビルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:アシビル

英語表記:acivir

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:アシビルは内容量違いがあります。

成分容量:800mg/400mg/200mgが含まれたお薬がございます。

内容量:アシビル800mg 50錠/アシビル400mg 50錠/アシビル200mg 10錠

有効成分はAcyclovir(アシクロビル)800mg/400mg/200mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

アシビルとは?ゾビラックスのジェネリック医薬品です。

日本ではアシクロビル錠・アシビルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:アビシル・ヘルペス治療薬・ヘルペス再発防止薬・帯状疱疹薬・水疱瘡の薬

お薬ジャンル:感染症・抗生剤・性病・STD

こんな症状の方が使用:帯状疱疹の方・口唇や性器ヘルペス治療・ヘルペスの再発防止

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性/10代・20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

アシビルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

アシビル(acivir)は単純ヘルペスは帯状疱疹などのウイルスに効果を発揮する感染症治療薬です。1988年から発売されている「ゾビラックス」のジェネリック医薬品になります。単純ヘルペスは1型と2型とあり、1型は唇周りにできる口唇ヘルペスなどがあり、2型では性器ヘルペスなどとなります。1型にはおよそ70%~80%、2型は10%の日本人が感染していると言われている身近な感染症です。帯状疱疹や水疱瘡も8種類あるヘルペスウイルスのひとつでのあります。ヘルペスウイルスは人との接触により感染します。一度感染すると、症状が落ち着いた後でもヘルペスウイルスは体内の神経節に潜伏し、体が疲労し免疫力が低下すると再び発生します。ヘルペスウイルスは感染力が高いウイルスです。特に症状が現れているときなどは感染しやすく、免疫力の低い新生児などとの接触は避けたほうが望ましいです。アシビルの主成分アシクロビルは、ヘルペスの症状が現れているときの治療として効果があるだけでなく、感染の危険性があるときの予防薬としても使用できます。ほとんどの人が感染しているウイルスでもありますので、常備薬として持っておくこともよいのではないでしょうか。薬蔵は常備薬として使用できるお薬を多数取り扱っております。通販感覚で手軽に購入できるのも薬蔵の魅力でもありますので、気になるお薬やサプリを探してみてはいかがでしょうか。

飲み方(使用方法):成人の場合、単純ヘルペスには1回200mgを1日5回経口投与してください。帯状疱疹には800mgを1日5回経口投与してください。小児の場合、単純ヘルペスの場合、体重1kgあたり1回20mgとして(最大200mg)1日4回経口投与してください。帯状疱疹の場合は同じく体重1kgあたり20mgとして(最大800mg)1日4回経口投与してください。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に5錠まで

副作用/注意点:腎臓の機能に障害または低下している方、高齢者などは精神神経系の副作用が現れる可能性がありますので服用間隔の調整が必要です。副作用はアナフィラキシーショック、急性腎不全、精神神経症状、肝機能障害、急性膵炎などが重篤な副作用として上げられていますが非常に稀な場合です。主な副作用は腹痛、下痢、嘔吐などの消化器系副作用となります。併用中医薬もありますので、服用する際は医師の診断を仰いでから服用しましょう。

アシビルが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ヘルペスは完治が難しい症状です。一度感染してしまうと症状に出なくても体内で潜伏しており、体の免疫が下がったときに発症をします。その発症をしたとき、初めて感染したときに使用するのがヘルペス治療薬ですが、使用方法を間違ってしまうと効かなかったり効果がなかったりします。性器ヘルペスの治療には発症したときの治療と再発を抑制する治療とは必要量が異なります。ヘルペスを発症すると1年以内の再発率は80%ほどと高いです。そのため再発を繰り返さないように再発抑制療法を行います。再発抑制両方ではアシクロビルではなくプロドラックとなるバラシクロビルを使用します。使用量は1回500mgを1日1回毎日服用します。期間は2か月~長くて1年ほど続けます。再発してしまった場合はアシクロビル、バラシクロビルどちらも効果はありますがバラシクロビルの場合は再発抑制療法とは服用量がことなります。アシクロビルの場合は200mgを1日5回服用、または外用薬を直接塗布します。バラシクロビルの場合は1回500mgを1日2回服用することになるので再発抑制のときよりも量が増えることになります。主に再発を開始してから5日間ほど使用することで早期治療につながります。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です