アジー 1000mg/250mg

  • 商品名アジー1000mg 10錠
  • 定価(税込)¥6,200
  • 販売価格(税込)¥4,200
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名アジー1000mg 20錠
  • 定価(税込)¥12,400
  • 販売価格(税込)¥8,200
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名アジー1000mg 30錠
  • 定価(税込)¥18,600
  • 販売価格(税込)¥12,100
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名アジー250mg 6錠
  • 定価(税込)¥4,000
  • 販売価格(税込)¥2,590
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名アジー250mg 12錠
  • 定価(税込)¥8,000
  • 販売価格(税込)¥4,990
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名アジー250mg 18錠
  • 定価(税込)¥12,000
  • 販売価格(税込)¥7,280
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

アジー(azee)1000mg/250mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

アジーの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:アジー

英語表記:azee

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:アジーは内容量違いがあります。

成分容量:1000mg/250mgが含まれたお薬がございます。

内容量:アジー1000mg 10錠/アジー250mg 6錠

有効成分はAzithromycin(アジスロマイシン)1000mg/250mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

アジーとは?ジスロマックのジェネリック医薬品です。

日本ではジスロマック・アジーとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:アジー錠・アジ・性病薬・性病の薬・抗生物質・抗生剤・抗菌薬・抗菌剤・抗炎症薬・抗炎症剤・クラミジア薬・淋病薬

お薬ジャンル:感染症・抗生剤・性病・肺炎・STD

こんな症状の方が使用:尿道炎・子宮頸管炎に・肺炎・梅毒

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性/10代・20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間~3日

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

アジーの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

アジー(azee)はジスロマックのジェネリック医薬品です。主成分はアジスロマイシンはマクロライド系抗生物質と呼ばれる種類になります。抗生物質とは、人に害を与える細菌に作用することで、細菌の繁殖を抑制するものです。その中のマクライド抗生物質は、副作用が少なく幅広い抗菌作用があるため、小児から高齢者までとても多く処方されております。アジーの主成分であるアジスロマイシンは、体の様々な炎症に作用し、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザなどの呼吸器感染症、尿道炎や子宮頚管炎などの性器の炎症、クラミジアや淋病などの性病、歯周病などに効果があります。また、効果時間が長く続くこともアジスロマイシンの特徴です。アジーはジスロマックのジェネリック医薬品であるため安く購入することができます。ジェネリック医薬品は先発医薬品の後に出る医薬品であるため、開発コストが安く抑えられることからお薬自体の価格も低く抑えることができます。また、通販購入できる個人輸入代理サイトの利便さも大きいです。アジー(azee)は抗菌物質の常備薬として重宝するお薬となるでしょう。

飲み方(使用方法):病状によって服用量が変わりますので、用法・用量を守って服用しましょう。歯周病・肺炎・咽頭・扁桃炎などは1日1回500mgを3日服用。または1日1回250mgを6日(合計1500mg)服用しましょう。子宮頚管炎・尿道炎などは1日1回1,000mgを目安に服用。空腹時に服用したほうが胃腸での吸収が良いため食事の前後2時間ほど間隔を空けて服用しましょう。

使用するタイミング(時間):空腹時

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:アジーはマクライド系抗生物質のため副作用が少なく、幅広い年齢の方に使用する抗生物質です。主な副作用は嘔吐、下痢、胃痛などの胃腸障害を起こすことがあります。他、発疹やかゆみ、目の充血などがあります。いずれも副作用が強く現れた場合は服用を中止し医師に相談しましょう。また、他の抗生物質と併用してしまうと思わぬ効果が出てしまう場合がありますので止めておきましょう。移植手術なでに用いるシクロポリンや血液凝固を阻害するワーファリン、胃腸薬の一種の制酸剤などは併用禁忌薬ですので飲み合わせには注意が必要です。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です