薬局で市販されていない避妊薬・ピルを即日発送の通販で購入可能!!飲み忘れの対処法や飲み方、副作用も明記しており、最安値の値段で避妊効果のあるピルを通販購入出来ます。産婦人科に通う時間が無い女性から最も多く購入されている安心通販サイトです。

避妊薬/ピル

i-pill

アイピル 1.5mg

¥2,110(税込)

ovrall

オブラルL 0.15mg+0.03mg

¥3,370(税込)

ginette35

ジネット35 2mg

¥3,670(税込)

diane35

ダイアン35 2mg+0.035mg

¥2,970(税込)

triquilar

トリキュラー

¥2,220(税込)

novelon

ノベロン 0.15mg+0.03mg

¥3,200(税込)

yasmin

ヤスミン 3mg+0.03mg

¥3,880(税込)

loette

ロエッテ 0.10mg+0.02mg

¥3,580(税込)

避妊薬・ピルのお薬の医薬品ランキング

 

避妊薬・ピルというジャンルに分類される医薬品の特徴


避妊薬・ピルを通販で購入するなら業界最安値の海外医薬品個人輸入代行サイト、クスリグラにお任せ下さい!!薬局や市販されていない低容量ピル、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)などを個人輸入代行サイトの中でも最安値の価格で即日発送しております。避妊に失敗してしまった時はアフターピル(緊急避妊薬)があれば安心!!病院でも処方をして貰えますが、保険適用外なので初診時には約5000円程の費用がかかってしまいます。それを比べると断然お得な価格で簡単に通販でアフターピルを購入出来てしまいます。また、低容量ピルも同様に病院では保険適用外で、毎日服用をする為か、頻繁に産婦人科への受診が煩わしいと思う女性や病気ではないのに病院に行きたくない方が当サイトの通販購入にて避妊薬を購入しております。低容量ピルの中には避妊だけではなく、女性ホルモンの量を安定に保ち、生理を軽くしてくれる効果もあるので様々な世代の女性に大人気のお薬です。自身がどれだけ気を付けていても、避妊に失敗してしまう事は良くあります。中絶の手術は経済的にも、心身にも負担が大きい事から、万が一の時の為に事前に避妊薬を購入しておく女性が増えており、望まない妊娠を容易く避けています。事前にピルを用意しておくだけで「妊娠をしてしまうかも」という心配や不安から解放される事になります。

避妊薬・ピルのお薬をお探しの方がよく検索するキーワード


避妊薬やピル(pill)を検索する方はどのようなキーワードで調べているのでしょうか?

ここでは避妊薬・ピルのよく検索されているキーワードをご紹介しています。避妊薬やピルは主にモーニングアフターピルと低用量ピルに分けられます。これらの避妊薬は薬局や市販では販売されていないものの『避妊薬 市販』『避妊薬 薬局』または『ピル 市販』『ピル 薬局』と検索される方が多く、避妊薬の種類は様々ですが『避妊薬 副作用』や『避妊薬 効果』『避妊薬 効き目』などのキーワードで効果や副作用を検索している方が多い傾向にあります。

避妊薬やピルは生理にも影響するお薬ですし『ピル 生理』や『ピル 生理こない』『ピル 生理遅らせる』『ピル 生理早める』と検索される方も目立ちます。ピルを服用していて、避妊が出来ているハズなのにいきなり生理が来ない時は何も珍しくありません。避妊薬は通販でも簡単に購入できる時代になり、病院の産婦人科にいってピルを処方して貰うよりも、病院に通いたくない方や誰にも知られずに避妊をしたいという女性も多くいる事から『ピル 通販』『ピル 購入』『ピル 個人輸入』などの購入方法を調べている方も多く存在しています。

また、使用方法については『ピル 飲み忘れ』や『ピル 飲み始め』『ピル 飲み方』などのキーワードで検索されています。ピルは正しい飲み方で服用していれば避妊率も高く、妊娠確立をグンと下げる事ができる医薬品です。モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の中でも有名なピルは『アイピル』で低用量ピルの中でも人気なのが『トリキュラー』や『ヤーズ』と言われています。

ピルの副作用によっては痩せる、太る、肌荒れが起きる、吐き気が起こる、むくみが出る、眠気が出る、ニキビが出るといった事も個人差で出てしまうので、気になって副作用で並べた単語と一緒にピルというキーワードを使って検索する方もいます。その他に多いのは『ピル 不正出血』や『ピル 不正出血 続く』などのワードでよく検索されている傾向にあります。不正出血とは通常では出ない時期に出血が起きる事を言い、低用量ピルを服用していれば副作用で不正出血が起こるのは珍しい事ではありません。

ピルは避妊薬という事もあって副作用が心配で副作用を検索する方がとても多く、飲み忘れたときにどうすれば良いかなど、自分で調べられる事はネットを利用して調べている方が殆になります。

避妊薬・ピルのお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)


ピルの歴史は古く1870年頃から倫理的な観点からスタートしました。本格的な治療薬の開発は1950年代からでその後アメリカ、ドイツを中心に研究・開発が進められました。日本でも1950年代から研究が開始され月経困難症の治療薬として発売されましたがピルとしての認可はとても遅く低用量ピルの治験開始が1980年代の後半で1999年になって初めて認可されるようになりました。緊急避妊薬としての方法は1977年にヤッペという学者が「ヤッペ法」を発表し現在でも行われている手法となります。現在にピルは「低用量ピル」と「緊急避妊薬」の2種類に分かれており、低用量ピルは第一世代~第四世代まで含有する成分と開発時期によって分かれております。

避妊薬・ピルのお薬を使用される方の年齢や性別


避妊薬や低用量ピルは女性のための医薬品となりますので男性の使用はできません。女性ホルモンの成分を配合することで子宮の働きを現状から変化させることで避妊の効果や月経痛の緩和などに効果を発揮します。女性の使用の場合も未発達な子供には使用できないですが、初潮をむかえている場合であれば10代でも使用することが可能です。病院で処方される場合は、未成年の場合、親の承諾などが必要となることもあります。閉経をむかえるまでは使用することも可能ですが年齢が高くなるにつれて副作用などを発症してしまうリスクが高くなります。特に35歳以上で喫煙されている方は注意が必要で、1日に15本以上吸う方には禁忌となることもあります。

避妊薬・ピルのお薬の効果効能・効き目接続時間等


緊急避妊薬と低用量ピルでは持続時間や効果が変わってきます。緊急避妊薬の場合は妊娠の可能性のある性行為後72時間以内に服用します。その後12時間後にもう1回服用するタイプのものもあります。性行為後に早く服用するほど避妊効果は高くなります。しかし、次の生理が来るまで避妊効果が続くわけではないので、服用後の性行為はコンドームなどを使用することが必要です。低用量ピルの場合は毎日服用することで避妊の効果を持続します。一般的には21日間服用し7日休薬期間があるものが多く、休薬期間の間に生理が起こることとなります。服用期間中は毎日だいたい同じ時間帯に服用することが望ましく、24時間以上服用しない時間ができてしまうと避妊の効果が弱くなってしまうので注意が必要です。使用方法を守って服用を継続していくことで避妊の効果はほぼ100%と言われております。また、生理痛や生理不順など女性疾病の改善にも有効にはたらくこともできます。

避妊薬・ピルのお薬に含まれる主成分や主な有効成分


避妊薬・ピルの有効成分は女性ホルモンである卵胞ホルモンや黄体ホルモンの成分を使用することで避妊効果を得られるものとなっております。緊急避妊薬の場合は「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンを使用することで精子の着床をしにくくし排卵を抑える効果を発揮します。低用量ピルの場合は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類を低用量で配合することで疑似妊娠状態を作りだします。人は妊娠中には新たに妊娠しないため、この作用を作り出します。発売された時期により第一世代~第四世代に分かれており、それぞれ黄体ホルモンの成分が違います。第一世代では「ノルエチステロン」、第二世代では「ノボノルゲストレル」、第三世代では「デソゲストレル」や「ゲストデン」、第四世代では「ドロスピレノン」などが使用されております。第一世代は黄体ホルモンの含量が高めのため黄体ホルモンのみですが、第二世代からは卵胞ホルモンである「エチニルエストラジオール」を配合し、より女性ホルモンの含量を低用量化しております。

避妊薬・ピルに関するお薬の説明


避妊薬・ピルは避妊を目的とした医薬品で種類によって服用方法が違うものとなります。1960年代にアメリカで開発され普及され始め、アメリカやヨーロッパでは一般的に使用されております。日本では欧米諸国に比べ普及率は低く認可されている医薬品も少ないです。毎日服用する低用量ピルでは避妊効果だけでなく、月経痛や生理周期の安定、子宮内膜症の予防などの効果もあります。一般的には生活改善薬として医療機関では保険が適用されない自由診療となりますが、一部月経困難症の治療薬として保険適用されているものもあります。低用量ピルの場合、含有する女性ホルモンが世代によって異なります。そのため副作用の違いもありますので、自身に合った低用量ピルを選ぶことで副作用が少なく長期的に使用することが可能となります。

避妊薬・ピルに関するお薬の一般的な飲み方や服用方法


緊急避妊薬の場合は、避妊を行わなかった性行為後72時間以内に1回服用します。種類によっては1回目の服用から12時間後にもう一度服用するものもあります。服用後、次回の生理までは通常の生理時期よりも早まることが多いですが、次回生理が起こるまでに性行為を行う場合は避妊をする必要があります。最初の服用が早ければ早いほど避妊の効果が高まります。低用量ピルの場合は生理初日に合わせ服用を開始します。21日間服用し7日休養期間が一般的で、21日間の服用では成分が違うタイプもあり、そういったタイプの場合は薬剤を服用する順番も守らなければいけません。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

避妊薬・ピルのお薬の注意点・報告されている副作用等


一番多い副作用は吐き気やおう吐、頭痛などがあります。緊急避妊薬の場合は服用後24時間以内に起こりやすく嘔吐してしまった場合はもう一度服用することが必要となります。その後は副作用は治まります。低用量ピルの場合も服用前半に同様の副作用をお越しやすくなります。ホルモンの摂取に体が慣れてくれば副作用は治まります。低用量ピルの重篤な副作用として血栓症などがあります。手足のしびれなどを感じた場合は医師に相談をしましょう。喫煙をしている方はできるだけ禁煙を行うことが安全に服用することができることとなります。妊娠や妊娠している可能性のある方は禁忌となっております。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

避妊薬・ピルのお薬を使用する方の症状


一般的な使用方法は避妊を目的に行うこととなります。低用量ピルは継続的に適切に使用することで避妊効果はほぼ100%に近い確率となります。緊急避妊薬の場合も72時間以内に服用することで避妊を行うことができ、24時間以内など避妊に失敗した性行為後すぐに服用するほど避妊効果はより100%に近くなります。低用量ピルの場合は21日間継続的に服用し、その後服用しない休薬期間があるのが一般的でこの休薬期間の間に生理が起こります。ピルに含まれる女性ホルモンの影響で子宮内膜が厚くなりにくくなるため生理痛の抑制や生理時の出血の量が減少します。持病がある方や高年齢の方、タバコを吸っている方は副作用が起こりやすいですので医師に相談してから使用するようにしましょう。

避妊薬・ピルのお薬を使用する方の病名


一般的に避妊を目的としているため病名のある治療薬ではないです。そのため保険適用がない自由診療となりますが、副効果により保険適用となるものもあります。低用量ピルは避妊に効果があるだけでなくいくつかの女性疾病にも効果を発揮します。ピルを服用することでホルモンのバランスが調整することができ、月経痛の軽減や月経不順の改善を期待できます。月経前症候群の治療薬として保険適用されているものもあります。その他子宮外妊娠の予防、子宮内膜症の予防やニキビや多毛症の改善、更年期障害の予防などにも効果があります。ホルモンバランスの調整を行う間に吐き気などの副作用を起こることがありますが服用を続けていくことで改善していきます。

避妊薬・ピルのお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴


当サイトで通販購入できる避妊薬やピルを製造している主な製薬会社(メーカー)は『シプラ(Cipla)』や『ワイス(Wyeth)』『シェリング(Schering)』『オルガノン(Organon)』などの製薬会社があります。シプラはインドに本社をおく製薬会社でワイスもまたインドに本社を置いているバイオ医薬品が有名なメーカーです。主にこれらの製薬会社はピル、避妊薬に留まることなく、先発医薬品ではなく後発医薬品(ジェネリック)を開発・販売しており、日本国内でもジェネリックが普及しています。実際に先発医薬品を開発している大手メーカーの売上は低くなっており、ジェネリックの市場に参入し始めている企業もたくさんいます。

避妊薬・ピルのお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等


ピルが通販で買えると思ってもなかったから今は産婦人科行かないで通販でずっとピル買ってる。避妊対策もそうだけど避妊以外にもメリットたくさんあるから高校の時からずっとピル使ってて、うちは生理が重い方だから生理痛ハンパないんだよね。だからピルで生理を軽減してる感じ。周りの子も皆ピル使ってるし、最初はピルって避妊するだけの効果しか無いと思ってて、ちょっと怖いイメージというかピル飲むのってハードル高く感じたんだけど、今は美容目的で飲んでる子も多いよ。ニキビができなくなるしね。生理が重い人とか生理痛がヤバイ人は飲んでも損はないと思う。病院行くのもめんどくさいし、忙しくて病院行けない人は今は簡単に通販でピル買えるから便利だよね。

避妊薬・ピルのお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 避妊薬やピルはいつ服用すれば良いですか?毎日飲まなくてはいけませんか?

避妊薬であるピルは女性ホルモンを成分にもつ薬剤で1960年第にアメリカで開発されました。現在では世界1億人以上の女性が使用するほど世界的に普及しております。避妊薬としての作用には計画的に妊娠を回避する低用量ピルと避妊に失敗したときに服用するモーニングアフターピルの2種類あります。低用量ピルの場合、女性ホルモンを服用することによる副作用を軽減するため毎日少量ずつホルモン含量の少ないピルを服用していきます。服用期間は21日間が基本となっており、偽薬を含めた28日のものやそれ以外の周期のものもあります。低用量ピルはできるだけ同じ時間に毎日服用することが重要です。1日以上飲み忘れてしまった場合は避妊回避能力が下がってしまう可能性がありますので、始めから使用しなければいけないことがあります。緊急避妊薬であるモーニングアフターピルの場合は避妊を失敗した性行為後72時間以内に1回服用し、その後12時間後にもう一度服用、若しくは追加服用のない1回のタイプがあります。

Q2. ピルを飲んでいると将来的に不妊症になりやすいのですか?

低用量ピルなどを服用しても不妊症などにはならないので安心してください。低用量ピルの作用はもともと女性の身体の仕組みを利用した方法ですので、将来的な副作用も残さないものとなっております。低用量ピルを服用することで、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを服用することになります。服用することで体内が妊娠している状態と認識し排卵を抑制し妊娠しにくい状態となります。女性が妊娠したあとでも再び妊娠できるように、低用量ピルの服用を中止した後も同じように再び妊娠できるようになります。緊急避妊薬も精子を着床しにくい身体にするのですがその後の後遺症はありませんのでご安心ください。

Q3. 避妊薬やピルを飲んでいたのに妊娠をしてしまいました。何故ですか?

可能性としてはいくつかの理由が挙げられますが、まずはきちんと服用しなかった可能性が考えられます。緊急避妊薬の場合は避妊に失敗をした性行為後72時間以内に1回目を服用しなければいけないのですが、その時間内でも遅くなれば避妊の効果は下がってしまいます。72時間以降であれば尚更です。低用量ピルの場合はほぼ100%避妊をすることが可能です。しかし、毎日服用しなかった場合は妊娠する可能性も考えられます。また、途中でホルモンの量が変わる2相性や3相性のピルの服用順番を間違えてしまっても妊娠する可能性はあります。低用量ピルは管理がとても大事ですのでしっかりと服用していきましょう。その他個人輸入で購入した場合は偽物の可能性も否定できません。個人輸入は安心安全なサイトを使用して購入しましょう。

Q4. 避妊薬やピルは妊娠を防ぐだけの効果しかないのですか?

低用量ピルを服用することで避妊以外にもさまざまな副効果があります。決まった週、曜日に生理が来ますので生理周期が安定します。また、子宮内膜の増殖を抑制しますので生理痛が減少し生理時の出血量も減少します。子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんの予防にも期待できます。ホルモン量低下による更年期傷害の予防にも繋がります。その他、成分によってはニキビの減少や男性ホルモンの抑制による多毛症の改善にも効果の期待が持てます。このような女性特有の症状を緩和することができる低用量ピルですが、副作用もあります。一般的な副作用では吐き気や頭痛、嘔吐などホルモンの変化に身体がなれていないため飲み始めた初期に起こりやすいです。これは緊急避妊薬にもいえます。重篤な副作用としては肝機能障害や発がん性、血栓症などがあります。長期的に服用する場合は定期的に病院で検査を受けることも行いましょう。また、手足のしびれや激しい動悸など血栓症の症状と思われる副作用や体調が思わしくないときは掛かりつけの医師の受診を行いましょう。

Q5. ピルを服用すると生理が軽くなって生理痛もあまり感じないと聞きましたが?

低用量ピルを服用することで女性ホルモンを補うことが可能です。そのため避妊以外にもさまざまな効果を期待できます。月経痛の原因のひとつとして、子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質が関係しております。分泌することで子宮を収縮させ子宮内膜を体外へ排出させるのですが、分泌量が多いとより強い痛みを伴います。このプロスタグランジンは子宮内膜の中に存在しております。低用量ピルを服用することで、子宮内膜の増殖を抑えることができるためプロスタグランジンの分泌量も抑制されます。それにより月経時の痛みを軽減でき、月経時の出血の量も減ります。人によってはほとんど出血が起きない場合もあります。