フェミロン 0.02mg+0.15mg

femilon

femilon

  • 商品コードフェミロン 21錠
  • 定価(税込)¥5,000
  • 販売価格(税込)¥3,450
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品コードフェミロン 42錠
  • 定価(税込)¥10,000
  • 販売価格(税込)¥6,700
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品コードフェミロン 63錠
  • 定価(税込)¥15,000
  • 販売価格(税込)¥9,860
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

フェミロン(femilon)0.02mg+0.15mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは避妊薬・ピルです。

フェミロンの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:フェミロン

英語表記:femilon

ブランド:オルガノン

メーカー:Organon

内容量違い:フェミロンは内容量違いはありません。

成分容量:0.02mg+0.15mgが含まれたお薬がございます。

内容量:21錠

有効成分はEthinyloestradiol(エチニルエストラジオール)0.02mg+Desogestrel(デソゲストレル)0.15mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

フェミロンとは?マーベロンのジェネリック医薬品です。

日本ではマーベロン・フェミロンとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:フミロン・フェミロン錠・マーシロン・避妊薬・低用量ピル・低容量ピル

お薬ジャンル:ピル・避妊薬・経口避妊薬・生理不順改善・生理痛改善

こんな症状の方が使用:避妊・生理不順・月経前症候群・生理痛

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約24時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

フェミロンの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

フェミロンはオルガノン社から発売されている経口避妊薬(低用量ピル)です。日本では同じ成分の医薬品として、マーベロンという名前で販売されています。 有効成分は、1錠中に黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールで、1錠中にそれぞれ0.15mgと0.02mgずつ含みます。 女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが女性の生殖器の発育を促進し、周期的に変動させることによって生理周期である月経周期と排卵を維持しています。 脳の視床下部、下垂体という部分を経由して「性腺刺激ホルモン」というホルモンが分泌されます。 このホルモンの刺激を受けて、卵巣から黄体ホルモン・卵胞ホルモンが分泌されてきます。 低用量ピルを服用すると体内に充分ホルモンが存在していると体が判断してしまい、卵巣からのホルモンの分泌が抑制されるという仕組みとなっています。 このしくみにより、排卵が抑えられることで、妊娠をおこさせないようにすることができるのです。 低用量ピルの中でも、配合されいるホルモンの量が少ないので、小柄な日本人の体型によくあったお薬です。また成分の量が少ないので、副作用も少なく抑えられます。

飲み方(使用方法):月経初日から毎日1錠お水と一緒に服用して下さい。同一時間に服用する事で、避妊効果が高くなります。21日分の薬が入っていますので、21日間毎日服用して、7日間休みます(その間に生理が来て、29日目からまた飲み始めます)。これを繰り返し服用していくお薬です。 飲み忘れに気づいた場合は、24時間以内であれば気付いた時点で服用して下さい。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:吐き気、むくみ、下腹部の張り、不正出血などの副作用が起こることがあります。 これらの副作用はホルモンのバランスが変化したことによるもので、通常は2~ヶ月で自然におさまります。トラブルが続くようであれば、体質に合わないことも考えられますので、医師に相談してみてください。

フェミロンが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

低用量ピルは使用方法を間違えてしまうと避妊効果が発揮できなく効かない場合があります。しかし使用方法を守って使用すれば、高い確率で妊娠を回避することが可能となります。低用量ピルは毎日できるだけ同じ時間に1錠服用します。21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプの最後の7錠は偽薬になるので服用しなくても問題ありませんが、他の錠剤は必ず服用しなければいけません。21錠タイプは全て服用しなければいけません。また、成分が異なるため色分けしている低用量ピルもあります。色分けしてあるものなどは順番どおりに服用しなければいけませんので、必ずシート表に合わせて服用しましょう。毎日服用しなければいけませんが、24時間以内に服用を忘れた場合は直ぐに服用し、その後は元の時間で服用を続けていくことで避妊を継続することができます。48時間以内の場合は飲み忘れた分と合わせて2錠服用することで回避することも可能ですがそれ以上忘れてしまった場合は避妊効果はなくなってしまいます。ピルの飲み始めも生理初日24時間以内に服用することも避妊確立を上げることとなり、様子を見るため8日ほどは性交渉を行わないようにしておきましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です