セロフロインヘラー吸入器 125mcg

  • 商品名セロフロ インヘラー吸入器125mcg 120mt
  • 定価(税込)¥4,620
  • 販売価格(税込)¥3,190
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名セロフロ インヘラー吸入器125mcg 240mt
  • 定価(税込)¥9,240
  • 販売価格(税込)¥6,190
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名セロフロ インヘラー吸入器125mcg 360mt
  • 定価(税込)¥13,860
  • 販売価格(税込)¥9,090
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

セロフロインヘラー吸入器(serofloinhaler)125mcg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは喘息薬(吸入器)・COPDです。

セロフロインヘラー吸入器の通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:セロフロインヘラー吸入器

英語表記:serofloinhaler

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:セロフロインヘラー吸入器は内容量違いはありません。

成分容量:125mcgが含まれたお薬がございます。

内容量:120mt

有効成分はAdvair/Seretide Evohalerです。

お薬の形状:吸入器(inhaler)

※こちらのお薬は-です。

※こちらの商品は医薬品です。

セロフロインヘラー吸入器とは?アドエアのジェネリック医薬品です。

日本ではアドエア・セロフロインヘラー吸入器とも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:せろふろ・ゼロフロ・セロフロインヘーラー・アドエア・喘息治療薬・喘息の薬・気管支炎の薬・吸入器具・気管支拡張剤

お薬ジャンル:喘息予防・気管支炎予防・慢性気管支炎・肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)予防・アレルギー性鼻炎改善

こんな症状の方が使用:喘息・気管支炎・慢性気管支炎・肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・アレルギー性鼻炎

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

セロフロインヘラー吸入器の使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

セロフロインヘラー吸入器(serofloinhaler)125mcgは喘息の予防や治療に使用する治療薬です。2つの有効成分「サルメテロール」「フルカチゾン」を合成することで効率よく喘息を治療することができます。サルメテロールは長時間にわたって気管支を拡張させる効果があり、就寝時や早朝に症状があらわれる患者には効果が高い成分です。フルカチゾンは気管の炎症を抑えることで繰り返し発症する喘息の悪化や急な発作を防止することができます。1度の吸引でどちらの成分も吸入することができるので喘息の発作の頻度や重さを軽減することができます。セロフロインヘラー吸入器(serofloinhaler)125mcgは日本ではアドエアという商品名で販売しているジェネリック医薬品となっているためジェネリックの特徴である吸入器の形状の違い、価格が安くなっております。継続的に使用する吸入器にとって価格が安いジェネリック医薬品は経済的にも負担が軽くなり患者さんにとってはうれしいこととなります。

飲み方(使用方法):1.吸入器を垂直にして持って、正方形型の穴の中に薬剤(ロタ キャップ)を奥まで差し込みます。2.吸入器の上部(マウスピース)を持ち、吸入器の底部分を錠剤が粉末状態になるまで回します。3.息を深くはいたらマウスピースを口の中に入れ、一気に勢いよく息を吸い込みます。4.吸入器を口から出して、10秒間の間息を止めます。5.吸入後うがいを行ってください。 これを1日2回、12時間以上の間隔を空けて使用するようにしてください。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に2回まで

副作用/注意点:副作用として口腔カンジタ、血圧上昇、不整脈などの報告があります。吸入後のうがいはしっかりと行いましょう。体調が思わしくないときは使用を中止し医師の診断をうけてください。

セロフロインヘラー吸入器 125mcgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です