プレマリン 1.25mg/0.625mg

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥9,820(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥9,719(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥9,519(税込)
  • 商品コードプレマリン1.25mg 84錠
  • 定価(税込)¥12,000
  • 販売価格(税込)¥10,020
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥4,626(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥4,578(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥4,484(税込)
  • 商品コードプレマリン0.625mg 28錠
  • 定価(税込)¥6,250
  • 販売価格(税込)¥4,720
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

プレマリン(premarin)1.25mg/0.625mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはホルモン剤(男性用・女性用)です。

プレマリンの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:プレマリン

英語表記:premarin

ブランド:ワイス

メーカー:Wyeth Ltd

内容量違い:プレマリンは内容量違いはありません。

成分容量:1.25mg/0.625mgが含まれたお薬がございます。

内容量:プレマリン1.25mg 84錠/プレマリン0.625mg 28錠

有効成分はConjugated Estrogens(コンジュゲートエストロゲン)1.25mg/0.625mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

プレマリンとは?プレマリンの正規医薬品(本物)です。

日本ではプレマリンとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:ぷれまりん・プレマリ・プレマン・フレマリン

お薬ジャンル:不感症改善・絶頂不全・アンチエイジング・更年期障害改善

こんな症状の方が使用:不感症・性欲減退・濡れない女性・更年期障害

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約8時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

プレマリンの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト薬蔵が紹介するプレマリン(premarin)は女性ホルモンであるエストロゲンを補充するホルモン剤です。アメリカのファイザー社が開発したホルモン剤で加齢により減少する女性ホルモンの補完を行い、更年期障害の予防を行います。エストロゲンの働きは子宮内膜を厚くすることで妊娠しやすいからだをつくり、分泌量の増加で胸やおしりに丸みをおび女性らしいからだつきになります。月経前のイライラを抑制し骨密度を上げます。エストロゲンは産後に急激に減少することで産後のうつや抜け毛、肌荒れの原因にもなります。エストロゲンの分泌は思春期後から分泌が盛んになり、40歳前後から分泌量が減少していきます。減少により自律神経が乱れ更年期障害となり、動悸やうつ、乳房の萎縮、排尿障害などを発症します。女性ホルモンは元気に若々しく生活していくためには欠かせないものであり、食事だけでは補完していくのは大変です。女性ホルモン減少により起こる症状が発症したときは一時的にでもプレマリン(premarin)の服用をおすすめします。

飲み方(使用方法):1日1錠を水などで服用してください。1日の最大錠数は2錠までとし、医師に相談しながら服用してください。卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は禁忌となります。血栓性静脈炎や心筋梗塞など、血栓性疾患のある人も禁忌となります。服用開始直後は乳房痛や吐き気、消退出血などがあります。 血栓症のリスクを減らすため水分をこまめに摂取することも意識しましょう。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に1~2錠まで

副作用/注意点:乳房痛、吐き気、むくみ、予定外の出血などの副作用があります。徐々に副作用は収まってきます。重篤なものとして血栓症のリスクもあります。服用に際しては医師と相談しながら行い定期的に症状の確認を行いましょう。

プレマリンが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

一般的に医療用医薬品から一般医薬品第一種~第三種、そしてサプリメントと種類が分かれ順番に効果は強いですが副作用も強くなるもろ刃の剣のようなものとなります。そのため、効果の発現をどのあたりで調整するかが重要となります。サプリメントなどは副作用が少ない分安心して使用できますが、即効性がないものがほとんどであるため、効果が現れるまで時間が掛かります。毎日継続することも効果を上げることでは重要です。アンチエイジングを行う上で女性の場合は女性ホルモン、男性の場合は男性ホルモンの分泌が重要となっていきます。そしてプラスα必要なものが成長ホルモンです。成長ホルモンは体内の新陳代謝を上げるものとなります。女性が女性ホルモンだけを摂取しても体内に吸収されやすい身体でないといけません。男性もしかりです。そのため成長ホルモンを合わせて摂取することでよりアンチエイジングとなり効果を高めます。成長ホルモンは睡眠ととても関係が深く、睡眠時に多く分泌されます。そのため睡眠不足は摂取した成長ホルモンの増加を妨げてしまいますのでしっかりと睡眠とるようにしましょう。また、空腹時に成長ホルモンを摂取することも効果を高めることとなります。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です