ボベラン 50mg/100mg

商品名

(定価)販売価格

  • ボベランSR100mg 15錠
  • (¥3,450) ¥1,920

在庫有り

  • ボベランSR100mg 30錠
  • (¥6,900) ¥3,640

在庫有り

  • ボベランSR100mg 45錠
  • (¥10,350) ¥5,250

在庫有り

  • ボベラン50mg 15錠
  • (¥3,600) ¥2,100

在庫有り

  • ボベラン50mg 30錠
  • (¥7,200) ¥4,000

在庫有り

  • ボベラン50mg 45錠
  • (¥10,800) ¥5,800

在庫有り

ボベラン(VOVERAN)50mg/100mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは頭痛薬(偏頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)です。

ボベランの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ボベラン

英語表記:VOVERAN

ブランド:ノバルティス

メーカー:Novartis

内容量違い:ボベランは内容量違いがあります。

成分容量:50mg/100mgが含まれたお薬がございます。

内容量:ボベラン50mg 15錠/ボベランSR100mg 15錠

有効成分はDiclofenac(ジクロフェナクナトリウム)100mg/50mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ボベランとは?ボルタレンの正規医薬品(本物)です。

日本では鎮痛剤・風邪薬・ボベランとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:ボペラン・ホヘラン・鎮痛剤・風邪薬

お薬ジャンル:鎮痛剤

こんな症状の方が使用:関節炎・肩関節周囲炎・腱・腱鞘炎・筋肉痛・肩こり・腰痛

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約5時間~12時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ボベランの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ボベラン(VOVERAN)は鎮痛剤として日本でも有名なボルタレンのジェネリック医薬品です。ボベランの主成分であるジクロフェナクは関節の痛み、片頭痛、尿路結石などの鎮痛効果があり、主に関節炎の鎮痛剤として使用されます。また、手術後に発症する痛みや腫れ、生理痛、筋肉痛などの痛み止めにも使用されます。このボベランは、痛みを感じる原因になるプロスタグランジンという物質が合成されるのを防ぐため、鎮痛効果や解熱の効果を得ることが出きます。ただし、このプロスタグランジンの合成を阻害する作用は、胃にも影響を与えることがあるので、胃炎や胃潰瘍にならないよう長期の使用は注意が必要です。風邪などで発熱があった場合は、解熱剤・風邪薬としても処方される医薬品です。ボベラン(VOVERAN)は鎮痛剤・解熱剤である非ステロイド性の抗炎症薬(NSAIDs)の中でも一番強力と言われており、関節炎だけでなく、打撲や骨折の痛み、抜歯後の痛みなど、様々な症状に鎮痛効果を与える医薬品です。その為、医薬品通販サイトでは他の鎮痛剤で効果が無かったという方がボベランを購入されています。

飲み方(使用方法):ボベラン(VOVERAN)は1日1錠をピルカッターなどで3回分に分けて、朝昼晩の食後に服用してください。症状や痛みの程度によって用量が変化しますので、必ず様子を見ながら服用してください。胃に影響を与える場合があるので、長期的に服用する際は医師の指示のもと行ってください。もし飲み忘れをしてしまっても、まとめて飲み直しをすることは絶対にしないでください。

使用するタイミング(時間):食後

服用間隔:1日2~3回最大100mgまで

副作用/注意点:ボベラン(VOVERAN)は成分作用の特性上、胃の機能に影響を与える場合があるので胃腸炎になりやすい方や消化性潰瘍、肝障害を持つ方は使用できません。また、鎮痛剤の服用で喘息の症状が出る方は服用できません。副作用で吐き気や発熱などが起きる場合もあります。

ボベランが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

非ステロイド系の鎮痛剤となり、解熱剤や頭痛薬としても使用されます。有効成分のジクロフェナクはボルタレンとしていろいろな痛みや解熱に使用されており、湿布などの外用薬としても有名ではないでしょうか。とはいえ、外用薬とは違い内服薬のボベランには飲み方によっては効かなくなることや副作用が起こりやすいことも出てきます。飲み合わせん悪い治療薬が多いため服用中の薬がある方は医師に知らせて確認しておきましょう。また、鎮痛剤や解熱剤などは胃腸障害がでやすいのですが、このボベランも空腹時での服用や長期的な服用の場合は胃に負担がかかることもあるため、食後に服用することや症状が緩和したら服用を中止するなど対応しましょう。対症療法薬ですので、痛みや炎症の原因のそのものにに効かないので病気やケガが早く治ることはなく、治らないからといって効かなくなるわけではないです。関節リウマチにも使用されることがありますが、効果が発揮されるまでに時間がかかることもあります。効かない効果がないと思ってやめることないよう、医師と相談の上使用をしていくようにしましょう。高齢者や小児が使用する場合には副作用が発症しやすいため注意が必要です。

ボベラン 50mg/100mgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加