インドメタシン 75mg/25mg

商品名

(定価)販売価格

  • インドメタシン75mg 100錠
  • (¥9,700) ¥8,220

在庫有り

  • インドメタシン75mg 200錠
  • (¥19,400) ¥16,250

在庫有り

  • インドメタシン75mg 300錠
  • (¥29,100) ¥24,100

在庫有り

  • インドメタシン25mg 100錠
  • (¥5,800) ¥4,330

在庫有り

  • インドメタシン25mg 200錠
  • (¥11,600) ¥8,460

在庫有り

  • インドメタシン25mg 300錠
  • (¥17,400) ¥12,400

在庫有り

インドメタシン(Indomethacin)75mg/25mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは頭痛薬(偏頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)です。

インドメタシンの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:インドメタシン

英語表記:Indomethacin

ブランド:ジャグソンパル

メーカー:JAGSONPAL

内容量違い:インドメタシンは内容量違いがあります。

成分容量:75mg/25mgが含まれたお薬がございます。

内容量:インドメタシン75mg 100錠/インドメタシン25mg 100錠

有効成分はIndomethacin(インドメタシン)75mg/25mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

インドメタシンとは?インドメタシンの正規医薬品(本物)です。

日本では鎮痛剤・風邪薬・インドメタシンとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:イントメタシン・インドメダシン・風邪薬・鎮痛剤

お薬ジャンル:解熱剤・鎮痛剤・抗炎症剤

こんな症状の方が使用:筋肉痛・肩こり・腰痛・関節痛・関節リウマチ

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約5時間~12時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

インドメタシンの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

インドメタシン(Indomethacin)は炎症によって起こる痛みの鎮痛剤として、高い即効性を発揮する医薬品です。インドメタシンは非ステロイド性の抗炎症薬の中でも特に有名な治療薬で、鎮痛や解熱の作用を持ちます。鎮痛作用は他の鎮痛剤よりも比較的協力で、関節のリウマチや関節症、痛風などの発作に効果が期待できます。体の痛み・炎症の原因となるプロスタグランジンが生成されるのを阻害することによって、鎮痛作用や解熱剤としての効果も期待できます。インドメタシン(Indomethacin)は非ステロイド抗炎症薬とも呼ばれ、発熱や喉の痛みなどの症状にも風邪薬として使用される場合があります。また、インドメタシンは手術後や外傷の炎症を抑える効果もあります。インドメタシンは身体に貼るタイプや塗り薬で販売されているタイプもありますが、内服する錠剤タイプは身体に取り込むので即効性があり、より確実な効果が期待できます。医薬品通販サイトのクスリグラは鎮痛剤のインドメタシンをお買い求めやすい価格で取り扱っております。

飲み方(使用方法):インドメタシン(Indomethacin)は1日3回、朝昼夕の食後に水もしくはぬるま湯と一緒に服用してください。インドメタシンは関節リウマチ・腰痛・発熱などに効果がありますが、症状や服用される方の年齢などで用量が増減されるので、使用前に必ずご確認をお願いいたします。服用する際は出来るだけ空腹時を避けて下さい。

使用するタイミング(時間):食後

服用間隔:1日75mgまで

副作用/注意点:インドメタシン(Indomethacin)は副作用として吐き気や嘔吐、眠気や頭痛などの症状が挙げられます。作用が比較的強力なため、副作用も強く出る場合がありますので、用法用量を守ってください。服用中はアルコールを摂取しないでください。副作用が強く出る場合があります。

インドメタシンが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

非ステロイド系の鎮痛剤・解熱剤のインドメタシンは、腫れや発赤などの炎症を鎮める鎮痛剤として、また熱を下げる解熱剤の効果を発揮することができます。また、発作性頭痛や持続性頭痛にもインドメタシンは効果があるため他の頭痛薬が効かないときに利用する頭痛薬でもあります。これらの頭痛は「インドメタシン反応性頭痛」とも呼ばれインドメタシンだけ効果を発揮しほかの頭痛薬は効果がないという変わった頭痛であるため、覚えておくと今後の利用がしやすいでしょう。特に持続性片側頭痛は女性の発症が多い頭痛となります。感染症などでの発熱や炎症が起こった場合に、無理に鎮痛剤や解熱剤などを使用してしまうと、熱や腫れは引いてもウイルスが残って病気の治りを遅らせてしまうこともあるので、むやみに熱や炎症をおさえようとしないようしっかりと医師に相談をして対処しましょう。インドメタシンをはじめ鎮痛剤や解熱剤の多くは胃腸障害を起こしやすい副作用を伴います。そのため空腹時に服用したり、長期的に服用をすると胃潰瘍などを発症してしまうこともあります。胃腸薬も服用したり必ず食後に服用するなど本来の効果を発揮させるように正しく服用するようにしましょう。

インドメタシン 75mg/25mgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加