頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)、痛み止めの薬(鎮痛剤)を即日発送の通販で購入可能です!!市販薬のイブやロキソニンが効かない場合におすすめの頭痛薬や予防薬を販売しています。海外医薬品個人輸入サイトの中でも最安値で販売していますので是非ご確認下さい。

頭痛薬(偏頭痛)/痛み止め薬(鎮痛剤)

imigran

イミグラン 100mg/50mg

¥4,090(税込)

rizact

リザクト 10mg

¥2,400(税込)

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬の医薬品ランキング

 

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)というジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらは頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)の一覧ページです。頭痛薬と聞くと薬局や市販で販売されているバファリンやロキソニン、EVEなどを想像しますが、当サイトの通販で購入出来る頭痛薬は市販では販売されていない効果のある頭痛薬や偏頭痛(片頭痛)に効く頭痛薬を販売しております。頭痛薬で有名なお薬は「マクサルト5mg」や「マクサルト10mg」などがありますが、当サイトではマクサルトのジェネリック『リザクト』やスマトリプタンのジェネリック『イミグラン』を販売中です。個人輸入代行サイトの中でも最安値の金額で各医薬品を販売しており、即日発送を心掛けておりますので、過去に他の個人輸入代行サイトで発送が遅い業者から購入した事がある方でも安心してご購入頂けます。頭痛や偏頭痛(片頭痛)は日常の生活にも支障を来してしまう事が多く、酷い時には何も手がつかなくなってしまう事もあります。当サイトで販売している頭痛薬は確かな即効性があり、服用してから約15分もすれば頭の痛みを和らげてくれる効果があります。いつもの頭痛や偏頭痛(片頭痛)で悩んでいる方は確かな効果を感じられる頭痛薬を是非当サイトの通販でご購入下さい。頭のズキズキとした痛みやガンガンする痛みがきっと解消します。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)や痛み止め薬(鎮痛剤)を調べている方は、主に頭痛(偏頭痛、片頭痛)で悩んでいる方が大半です。 頭痛薬を求めている方は『頭痛薬 おすすめ』や『頭痛薬 比較』『片頭痛 市販薬』『偏頭痛 市販薬』などというキーワードで検索をしている傾向にあります。一般的に有名な頭痛薬といえばイブやロキソニン、カロナール、ノーシンなど、コンビニで販売されている頭痛薬もありますが、繰り返し起こる偏頭痛にはあまり効果がないお薬となっています。頭痛薬を飲み過ぎても更に頭痛が起こったり、吐き気などが出る場合もあるのでとても悪循環と言われており『頭痛薬 飲み過ぎ』というキーワードでよく検索されています。 一番多く検索されているのは『片頭痛(偏頭痛) 原因』や『片頭痛(偏頭痛) 治し方』で頭痛の原因や治し方を調べる方はたくさん存在しています。当サイトで販売している頭痛薬は薬局で市販されている頭痛薬よりも効果が高い、片頭痛(偏頭痛)の為の頭痛薬になっています。片頭痛(偏頭痛)の治し方や対処法としてはツボを押したり、頭部を冷やすなどの方法がありますが、これらは全て偏頭痛を緩和する方法なので偏頭痛を完璧に治す事はできず、片頭痛は治らない病気だとも言われています。 頭痛薬の種類や偏頭痛の症状を調べている方は多く、日本人の4人に1人が偏頭痛持ちというデータもあります。頭痛薬以外にも痛み止め薬(鎮痛剤)がありますが、こちらでも多く検索されているのはやはり『鎮痛剤 副作用』や『痛み止め 副作用』などのキーワードです。副作用は主に眠気や胃痛などが検索されていますが、副作用は個人差もあるので注意が必要です。その他には『痛み止め 歯』や『痛み止め 腰痛』などがよく検索されており、痛みがある箇所に対してのキーワードも検索される傾向にあります。 痛み止めの薬は座薬タイプや注射、点滴、塗り薬、湿布、漢方薬などの種類があり、痛み止めの薬の種類を検索している方も多くいます。また『痛み止め お酒』や『鎮痛剤 酒』などの検索も多いですが、鎮痛剤のロキソニンなどを服用した後にアルコールを飲んだりする事は肝臓にも負担がかかってしまうので絶対にやめておきましょう。痛み止めの薬としてボルタレンやカロナール、リリカ、ロブ錠、イブ、トラムセットなどがありますが、これらの薬を飲み過ぎて耐性がついてしまい、効かない事になってしまう可能性もありますので、頭痛薬と同様に飲み過ぎには注意をしましょう。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)が初めて治療に使われたのは約150年前の1862年に遡ります。ergot(麦角アルカロイド)というイネ科の植物の子房に寄生している『麦角菌』から片頭痛(神経痛も含まれます)の治療に使われる成分が発見され、頭痛の原因と言われている血管拡張やその他の神経疾患に効果がある血管収縮剤として麦角が推薦されたのがきっかけになります。頭痛は文字が誕生するおよそ5000年前から存在している病気で今でも頭痛や偏頭痛に苦しんでいる方はたくさんいます。過去に頭痛の治療に祈祷や魔術なども採用されていましたが、その時代には既に柳の植物には解熱鎮痛作用があると知られており、1897年から植物の柳から採れる成分の『サリシン』からサリチル酸が合成されて『アスリピン』という頭痛薬にも使える、血液を固まり辛くするお薬が生まれました。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を使用される方の年齢や性別

頭痛薬を使用する場合、治療薬の効果は頭痛の原因とされる血管の収縮や炎症を抑制させることで頭痛を緩和させることができます。作用機序が脳にはたらきかけるものとなるっため、使用には慎重に行うことが必要です。特に注意が必要なのは高齢者と妊婦の使用です。高齢者は一般的に生理機能が低下しているため使用量など注意が必要です。また、妊婦には安全が確立されていないため医師の判断以外では使用しないようにしましょう。未成年や授乳中の方へは使用禁止となっております。未成年に対しては安全性の不明、授乳中の方には母乳に成分が移行することが分かっております。片頭痛の予防には使用できませんのであくまで片頭痛と診断された方の急性治療薬となります。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬の効果効能・効き目接続時間等

頭痛には頭痛を改善させる即効性と再発を防ぐための持続性が必要となります。片頭痛には「トリプタン製剤」を使用することが多く、現在クスリグラで紹介している片頭痛治療薬もトリプタン製剤となります。「リザクト」の場合、即効性のある片頭痛薬となります。最大血中濃度に達する時間が1時間ほどとトリプタン製剤の中では早く、2時間後の頭痛改善率が高いのが特徴です。「イミグラン」の場合、リザクトに比べ即効性はありませんが、2時間ほどで最大血中濃度となります。即効性が劣る分、薬剤の効果が消失する半減期までの時間がリザクトに比べ長いため頭痛の再発が少ないのが特徴です。どちらの頭痛薬も連続で服用する場合は2時間以上間隔を空けてから再服用をするようにしましょう。それぞれ別のトリプトン製剤を使用して再服用する場合は24時間以上の間隔を空けて服用するようにしましょう。錠剤での服用は効果を発現するのに早くても30分~1時間は掛かります。使用のタイミングとして頭痛を軽度に感じたときに服用するようにしましょう。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

片頭痛薬の有効成分はトリプタン製剤と呼ばれ、「スマトリプタン」と「リザトリプタン」を有効成分にしております。スマトリプタンは市販された最初のトリプタン製剤で1991年に登場しました。「リザトリプタン」は国内4番目に認可されてトリプタン製剤です。どちらもトリプタン製剤と呼ばれる片頭痛薬に使用される成分で従来のエルゴタミン製剤に代わり使用されております。セロトニンは神経伝達物質のひとつで脳の血管に収縮や拡張に関係しています。血管が拡張すると三叉神経が刺激され片頭痛を発症します。トリプトン製剤はこのセロトニン受容体に働きかけ脳の血管を収縮させます。また、脳の神経のひとつである三叉神経の炎症を抑制し三叉神経を落ち着かせます。三叉神経が刺激を受けることで片頭痛による吐き気や嘔吐、過敏症なども起こるのですが、その症状も緩和させることが可能となります。しかし、片頭痛の予防には作用しないため頭痛の症状が始まった初期段階で服用することが片頭痛を早期に改善することとなります。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)に関するお薬の説明

トリプトン製剤は片頭痛薬として広く使われる系統です。片頭痛の原因とされる血管と神経の炎症を抑え頭痛を抑制させます。スマトリプタンを成分とする商品名は「イミグラン」や「イミトレックス」など最初のトリプトン製剤として販売を開始しました。「イミグラン」を製造販売するGSK(グラクソ・スミスクライン)はロンドンに本社を置くグローバル製薬会社です。日本法人もあり薬剤のCMも多数行っております。リザトリプタンを成分とする商品名は「マクサルト」などが有名となっております。どちらもジェネリック医薬品が販売されており、「リザクト」はマクサルトのジェネリック医薬品となります。「リザクト」はインドに本社を置くシプラ社が製造販売を行っております。多数のジェネリック医薬品を製造するジェネリック医薬品の筆頭メーカーです。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

「リザクト」は1回10mgを片頭痛の痛みを感じた初期状態のときに服用してください。即効性があるタイプですので早い人で15分ほどで効果は発揮しますが、30分~1時間が平均となります。片頭痛が再発した場合などは1日の上限を20mgとして2時間以上の間隔を空けて追加服用するようにしましょう。「イミグラン」の場合は1回50mgを片頭痛の痛みを感じた初期状態の時に服用してください。30分~1時間ほどで効果を発揮し始めます。1日100mgが最大で追加服用する場合は2時間以上の間隔を空けて服用するようにしましょう。それぞれ別のトリプトン製剤を追加服用する場合は24時間以上の間隔を空けて服用するようにしましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬の注意点・報告されている副作用等

「リザクト」のおもな副作用は動悸やめまい、吐き気、胸のつかえ感などがあります。頻度は低いですが重篤な副作用として狭心症や心筋梗塞に伴う胸の痛み、圧迫感、ショックやてんかん様発作などがあります。「イミグラン」の場合は主な副作用として動悸、吐き気、めまい、味覚障害、胸のつかえ感、眠気などがあります。重篤な副作用として心臓の異常、アナフィラキシー、てんかん様発作などがあります。どちらもトリプトン製剤としてほぼ同じような副作用があります。他の医薬品を使用している場合は併用禁忌薬がありますので主治医に他の病気の治療の有無を伝え確認を行いましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を使用する方の症状

片頭痛には前兆のあるものとないものの2種類に分かれます。前兆のある方のほうが少なく30%ほどとなっているため、突然症状を発症する方のほうが多くなっております。痛む場所は頭の方側が痛むことが多いですが両側に痛みを伴うときもあり、ズキズキやガンガンと脈を打つような感じが長く続きます。頻度は月に1回か2回程度が多いですが、1週間で1~2回起こることもあります。前兆がある場合は眼がチカチカしたり、しゃべりにくかったりと視覚や言語などに障害がおこります。その後痛みを発するとさらに光や音、臭いに過敏に反応し食欲低下や吐き気を催すようなります。重度になると嘔吐したり生活に障害がでるようになります。痛みは1時間~2時間ほどでピークに達しますのでピークに達する前に薬剤を投与し改善をはかりましょう。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を使用する方の病名

「片頭痛」は頭痛の一種で偏頭痛とも表記されます。発作的に発症し頭に脈を打つような痛みや吐き気を起こします。男性よりも低血圧の女性に多くみられることが特徴です。前兆の有無により2種類に分けられそれぞれ診断基準が設けられております。前兆のない場合は発作が4~72時間持続する、「片側性」「拍動性」「中程度~重度の頭痛」「頭痛により日常行動に支障をきたす」のうち2つ該当する、悪心や嘔吐、過敏症を発症するなど、このような発作が5回以上あるかどうかで診断されます。前兆のある場合は「視覚症状」「感覚症状」「言語症状」「運動症状」「脳幹症状」「網膜症状」などの完全可逆性前兆症状が1つある、前兆症状が「進展」「持続」「片側性」「前兆60分以内に発症」などが2つ該当することが診断対象となります。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

頭痛薬(偏頭痛・片頭痛)や痛み止めの薬(鎮痛剤)を主に販売や製造をしている製薬会社(メーカー)はイミグランの『グラクソスミスクライン(Glaxo Smith Kline)』やリザクトの『シプラ(Cipla)』などがあります。イミグランを製造・販売しているグラクソスミスクラインはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の抗うつ剤として有名なパキシルや、吸入するステロイド剤のフルタイド、ヘルペスに効果のあるゾビラックスやバルトレックスなどの医薬品の製造販売を行っている製薬会社になります。日本にも2001年に法人が設立されており、有名な医薬品としてはコンタックシリーズなどの販売や製造を行っています。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

自分は偏頭痛持ちです。月に2回は必ず頭の片側だけ異常な痛みが出て、何も手を付けられなくなってしまいます。天気が悪かったりすると本当に恐怖です。(比較的自分は天気が悪い日に起こりやすいです)偏頭痛は一生治らないという事は理解してます。ですが、どうにかしてあの本当に何とも言えない痛みを和らげたくてネットで偏頭痛薬を探しました。(市販の頭痛薬は何の役にも立ちません)色々と試してはいるのですが、自分はリザクトというマクサルトのジェネリックが一番合っているらしく、即効性もあって偏頭痛が起こると必ずリザクトを飲むようになっています。酷いときは本当に自分の頭を打撃し、頭痛を止めようとしていたくらいです。でもリザクトを見つけてからというもの、飲めば痛みは緩和されるのでいつも鞄に入れています。偏頭痛は治らない病気と言われていますから、薬で緩和するしか方法はありません。長い付き合いになりそうですが、仕方ありません。

頭痛薬(偏頭痛、片頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 生活に支障が出るくらい片頭痛に悩まされています。本当に効果はありますか?

当サイトで紹介している片頭痛に効果のある治療薬はセロトニンの受容体に働きかけます。セロトニンは神経伝達物質に一種で血管の弛緩や気分、痛み、性行動、睡眠など普段の生活を安定に送るために人の身体を調整することを行っております。このセロトニンが不足すると片頭痛の原因でもある血管の収縮と拡張を起こしてしまい、頭がズキズキ、ガンガンと脈を打つように痛みを伴ってしまいます。片頭痛薬を服用することでセロトニン受容体を活性化させることでセロトニンを増加させることとなり血管を落ち着かせ片頭痛を抑制し緩和させることが可能となります。頭部の三叉神経にも作用し炎症を起こしている神経を抑制させることも行います。

Q2. 何故、頭痛という症状が出るのか教えて下さい。大人になってから頭痛持ちです。

頭痛の原因は多岐に渡りあります。片頭痛はセロトニンの減少や三叉神経の刺激などが原因で起こります。また、肩こりなどが原因で筋肉が収縮して頭痛にも繋がる事があります。脳腫瘍やくも膜下出血、顔の器官の疾患などによって頭痛が起こることもあります。ストレスなども自律神経がうまく機能しなくなると頭痛にもなります。特に病気が原因での頭痛は危険な兆候であるため注意が必要で、頭を振ると頭痛が増強されたり、明るいものをみると頭痛が増強するときなどは髄膜炎やくも膜下出血の兆候かもしれません。一番激しい痛みを伴うのが群発頭痛です。目の奥をえぐられるような強い痛みを感じ男性に多いのが特長です。群発頭痛が起きるメカニズムはまだわかっていないのですが、内頚動脈の拡張と視床下部の異常などが原因ではないかとされております。

Q3. 片頭痛(偏頭痛)に前兆というものはありますか?すぐに対応したいです。

片頭痛は前兆のあるものとないものと2つのタイプに分かれます。前兆のあるタイプは30%ほどとなっておりいくつかの前兆を発生させます。見ている視野の中心部や片側が見えにくくなる閃輝暗点はチカチカひかったりぼやけた光が次第に大きくなって見ている景色が見えにくくなります。皮膚の感覚が鈍くなる感覚異常、言葉をうまく発しにくくなる言語障害、フラフラとふらついたり体を思うように動かせない運動障害などが起こります。このような前兆は長ければ1時間ほど続くこともありますがほとんどは30分以内に改善しその後頭痛が始まります。このような障害は1つのときもあれば複数の前兆障害を発症することもあります。繰り返し前兆障害が発生し片頭痛が起こる場合は我慢せずに医師に相談をしましょう。頭痛の原因は多岐にわたるため医療機関に受診しても長期になることが多いです。早期受診が早期改善にもなります。

Q4. 頭痛は予防をする事はできますか?

片頭痛を予防するには薬剤を使用し症状を緩和させることも可能です。β遮断薬、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などを使用し2か月ほどの期間の間に薬剤の有効性を確認していきます。低用量から服用し、効果がみられない場合は別の薬剤を使用し様子をみていきます。その後半年ほど有効な薬剤を使用していき片頭痛の兆候がみられなくなったら使用を減らし中止します。また、片頭痛を予防するビタミンB2やマグネシウムを多く含む食事やサプリメントを摂取することも良いでしょう。ビタミンB2は納豆やレバー、鰻、葉菜類に多く含まれ、マグネシウムは海藻類や豆類、緑黄色野菜などに多く含まれております。また、首や肩の筋肉を鍛えたり長時間同じ姿勢を取らない、ストレスの少ない生活を送ることで筋肉や神経の緊張を緩和させることもできますので頭痛の予防には効果的です。

Q5. 偏頭痛(片頭痛)は治りますか?死ぬまで片頭痛が起こるなんて絶対に嫌です…

片頭痛は治りにくとよく言われます。実際、治療が長期に長引き治らないかもしれないと思ってる方も多いと思います。片頭痛は三叉神経やセロトニンが一番片頭痛に関与していると言われていますがその他の原因もさまざまであります。この片頭痛の原因が定まっていないことが治療が長引く原因となっており片頭痛が治らないと思われがちですが、原因がわかり対応できる治療薬を使用することで片頭痛は改善し完治することも可能となります。Q4の片頭痛の予防でもたくさんの種類の薬剤の効果を試しながら行うことからわかるように片頭痛の治療薬は万能ではありません。治療が長期になってもあせらず自分の適した治療薬があるはずですので、セカンドオピニオンなどを行いながら治療していきましょう。