フィメールグラ 100mg

  • 商品名フィメールグラ100mg 4錠
  • 定価(税込)¥3,450
  • 販売価格(税込)¥2,120
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フィメールグラ100mg 8錠
  • 定価(税込)¥6,900
  • 販売価格(税込)¥4,040
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フィメールグラ100mg 12錠
  • 定価(税込)¥10,350
  • 販売価格(税込)¥5,860
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

フィメールグラ(femalegra)100mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはED改善治療薬(勃起薬)・早漏改善です。

フィメールグラの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:フィメールグラ

英語表記:femalegra

ブランド:サンライズレメディ

メーカー:Sunrise remedies

内容量違い:フィメールグラは内容量違いはありません。

成分容量:100mgが含まれたお薬がございます。

内容量:4錠

有効成分はシルデナフィル100mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

フィメールグラとは?バイアグラのジェネリック医薬品です。

日本では女性用バイアグラ・フィメールグラとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:フィメルグラ・ヒメグラ・ヒメアグラ・姫あぐら・フィメグラ・女性用バイヤグラ錠・フリバンセリン・Addyi・女性用バイアグラ

お薬ジャンル:不感症改善・絶頂不全・女性用バイアグラ

こんな症状の方が使用:不感症・性欲減退・濡れない女性

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間~10時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

フィメールグラの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

フィメールグラは、インドのサンライズレメディーズ社より製造販売されている薬で、1錠中に100mgバイアグラと同じ成分のクエン酸シルデナフィルを含みます。 バイアグラは男性用のED治療薬として有名ですが、成分のクエン酸シルデナフィルが女性の性交時の不感症に効果があると話題になり、女性用の製品フィメールグラが発売されました。 成分であるクエン酸シルデナフィルは血管を拡張させ、血流を良くする効果を持っています。 女性でも女性器周辺の血流を良くすることで性交時の感度が良くなり、膣分泌易が増えて不感症が改善されるといわれております。 現時点では効果は科学的に証明されてはいませんので、日本での医薬品としての発売は行われておりませんが、海外ではすでに発売後、多くの人に使用されております。 バイアグラと同じく、空腹のほうが成分の効果が出やすいと言われております。効果の持続は5時間程度持続するといわれております。このため、余裕をもって服用することをおすすめいたします。 なおこの薬は女性用となっております。男性の方が服用しても有効な効果が得られるとは限りませんので、ご注意ください。 初めての方は少量から服用を開始されることをおすすめいたします。

飲み方(使用方法):フィメールグラを性行為の約1時間前に25mg~50mg(1/4錠から1/2錠)服用してください。1錠中に100mgを含みますので、錠剤カッターなどを使用して分割すると便利です。1日1回を限度として、服用の間隔は必ず24時間はあけてください。年齢などによって服用量は変わりますが、肝障害や腎障害をお持ちの方は、25mgを初期の服用量としてください。

使用するタイミング(時間):空腹時(性行為前)

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:この薬の特徴として、血管を広げる作用があることから、副作用として頭痛やほてりがおこる場合があります。 また持病として心臓病や脳卒中などがある方は、性行為そのものが危険となる可能性もあるため、服用することができません。 心臓の血管を広げる作用のある使う硝酸薬(「ニトロ」と呼ばれる薬)と併用することは大変に危険です。 心臓に疾患のある方は、服用前に医師にご相談ください。

フィメールグラ 100mgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です