フィメールRXオイル

  • 商品名フィメールRXオイル 1本
  • 定価(税込)¥5,000
  • 販売価格(税込)¥3,660
  • 在庫状態入荷待ち
売切れ
  • 商品名フィメールRXオイル 2本
  • 定価(税込)¥10,000
  • 販売価格(税込)¥7,120
  • 在庫状態入荷待ち
売切れ
  • 商品名フィメールRXオイル 3本
  • 定価(税込)¥15,000
  • 販売価格(税込)¥10,490
  • 在庫状態入荷待ち
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

フィメールRXオイル(female-rx-oil)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはED改善治療薬(勃起薬)・早漏改善です。

フィメールRXオイルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:フィメールRXオイル

英語表記:female-rx-oil

ブランド:アイファイブ

メーカー:Eye Five

内容量違い:フィメールRXオイルは内容量違いはありません。

成分容量:が含まれたお薬がございます。

内容量:1本/30ml

有効成分はClavo Huasca、Macuna、Maca、蒸留水、エタノール等です。

お薬の形状:リキッドタイプ(liquid)

※こちらのお薬は塗り薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

フィメールRXオイルとは?フィメールRXオイルの正規医薬品(本物)です。

日本ではフィメールアールエックスオイルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:フィメルRXオイル・フィーメールRXオイル・フィメールrxオイル・フィーメールrxオイル・フィメールオイル

お薬ジャンル:不感症改善・絶頂不全・感度促進・女性媚薬・性欲増強

こんな症状の方が使用:不感症・性欲減退・濡れない女性

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代・40代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約3時間

併用すると危険なもの:特になし

フィメールRXオイルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

フィメールRXオイルとは、アメリカのアイファイブ社が販売している、女性のためのデリケートゾーンに塗るオイルで女性媚薬です。 有効成分として、クラボワスカ・マカ・アルギニン・蒸留水・エタノールなどを含みます。 有効成分であるクラボワスカは、南米の熱帯雨林に自生している大型のつる草で、大きなものは全長80メートルにもなります。古くから、媚薬として使用されており、男性にも女性にも効果があるとされてきました。日本ではあまり使用されませんが、南米では血行を促進する、リラックス効果があるなどとして、現在でも売店で販売されています。 マカは南米の高地に生息する植物で、その根茎部分に滋養強壮作用があるといわれています。 また成分のひとつであるアルギニンはアミノ酸の一種で、免疫機能を高める効果があるといわれています。医療現場でも、アルギニンを含む点滴は手術後に体力の落ちている方に使用されています。血管を広げて血流を良くする作用もあり、滋養強壮効果も期待できます。この製品は、天然の成分が使用されているため、安全性が高く、安心して使用することができます。 また、さらっとした感触でべたつきもなく、使用後には水で洗い流すことができます。 塗った後、マッサージすることでより良い感覚を得ることができます。

飲み方(使用方法):ローションの使い方と同様です。性行為直前に、適量を手に取り患部に塗布して使用してください。行為の途中でも使用することができます。また、膣内に塗ることで、より効果が期待できます。使用後は、水で簡単に洗い流すことができます。現在、何らかの病気を治療中の方は、必ず使用前に医師または専門医にご相談ください。

使用するタイミング(時間):空腹時(性行為前)

服用間隔:1日に3~4回まで

副作用/注意点:フィメールRXオイルに重篤な副作用の報告はありません。成分にアレルギーをも持つ方は使用しないでください。万が一、肌に合わないなどの異変を感じたら使用を直ちに中止してください。使用する部分に傷や炎症がある場合は使用しないでください。

フィメールRXオイルの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です