ゼビトラ 10mg

ゼビトラ 10mg ZHEWITRA

ZHEWITRA

  • 商品コードゼビトラ10mg 10錠
  • 定価(税込)¥3,200
  • 販売価格(税込)¥1,830
  • 在庫状態売切れ
売切れ
  • 商品コードゼビトラ10mg 20錠
  • 定価(税込)¥6,400
  • 販売価格(税込)¥3,470
  • 在庫状態売切れ
売切れ
  • 商品コードゼビトラ10mg 30錠
  • 定価(税込)¥9,600
  • 販売価格(税込)¥5,010
  • 在庫状態売切れ
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ゼビトラ(ZHEWITRA)10mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはED改善治療薬(勃起薬)・早漏改善です。

ゼビトラの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ゼビトラ

英語表記:ZHEWITRA

ブランド:サンライズ

メーカー:Sunrise

内容量違い:ゼビトラは内容量違いがあります。

成分容量:10mgが含まれたお薬がございます。

内容量:ゼビトラ10mg 10錠

有効成分はVardenafil(バルデナフィル)10mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ゼビトラとは?レビトラのジェネリック医薬品です。

日本ではレビトラ・バルデナフィル錠・ゼビトラとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:セピトラ・セヒトラ・ゼヒトラ・セビトラ・レビトラジェネリック・勃起薬・ED治療薬・バルデナフィル錠

お薬ジャンル:ED治療薬・勃起不全改善薬・勃起薬・勃起剤

こんな症状の方が使用:勃起しない・性行為が行えない・中折れする・性欲減退

対象年令ターゲット・性別:30代・40代・50代・60代の男性・中高年の男性・シニアの方

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間~10時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ゼビトラの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ゼビトラはED治療薬として有名なレビトラのジェネリック薬です。レビトラジェネリックなので、即効性と勃起力は間違いが無いぐらい強烈な感じを実感出来るようになります。ゼビトラ10mgの効果の継続時間は約5時間ぐらいですが、人によっては長くなり6時間以上、短い人だと4時間程度の効果を実感出来るのです。その時間内であれば何回でも性的刺激を与えれば、勃起状態になれる時間が効果の継続時間となります。効き目は10mgのゼビトラも20mgのゼビトラも全く同じで継続時間だけの違いです。勃起不全や勃起障害に使われる薬ですが、性行為中に中折れしてしまう時や、勃起するまで、時間を掛けないと大きくならない人なども利用する事も出来ます。購入には当サイトで通販購入が可能で、個人輸入代行業者の通販から購入するという事になりますが、すべての手続きをこちらで行いますので、普通に通販で買い物をするのと同じ事になり、とても簡単に購入する事が出来てしまいます。レビトラジェネリックについては即効性がある効果に注目されており、服用してからすぐに勃起の効果を感じる事ができます。その為、タイミングを選ばずに服用できる事で、幅広い年代に愛用されているED治療薬になります。

飲み方(使用方法):ゼビトラはレビトラと同じ成分が入っているED治療薬ですが、正規品に比べてかなり安い価格で購入できるのでとても人気がありその上、当サイトにて最安値の通販購入が可能です。使用方法はレビトラジェネリックのようにお水で飲むのが主流ですが、中にはゼリー状の物やソフトタブレットタイプの物もあります。ゼビトラは使用する上で注意するべきこともあるのでその点は注意する必要がありますが、効果が抜群にあるので上手く利用している人が沢山います。ゼビトラが人気のある理由は他にもあり、即効性があるので早く効き目が出て欲しい人にとってはこれほど有難いことはないです。そのため最近ではED治療薬のゼビトラを購入して利用する人が増えている傾向にあります。

使用するタイミング(時間):空腹時(性行為前)

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:ゼビトラはレビトラのジェネリックであり、当サイトで簡単に通販購入が可能です。副作用としては、顔のほてり、鼻づまり、頭痛、目の充血、胸焼け、光過敏などがあります。数時間で治まらないなど気になる症状があれば、医療機関の受診をおすすめします。心臓血管障害の方、不整脈の方、肝障害の方、腎障害の方、低血圧又は高血圧の方、脳梗塞の方、網膜色素変性症の方、高齢の方は使用できません。また、過去ゼビトラ錠を服用してアレルギーを起こしたことがある方もご遠慮ください。グレープフルーツには血中濃度を上昇させる作用があり危険であるため、一緒に摂取してはいけません。血管を膨張させる作用があるため、アルコールの吸収がよくなります。お酒の弱い人はアルコール中毒の危険性があるためお酒と一緒には服用しないでください。

ゼビトラが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ゼビトラが効かない方の多くは服用のタイミングに問題があります。有効成分のバルデナフィルは、よく食事の影響を受けないなどのコメントを見かけますが、食事の影響は受けます。しいて言えばバイアグラよりも影響を受けない程度と思ってください。やはり油分にはあまり強くはありませんので油っぽい食事は厳禁となります。暴飲暴食でなくても、カレーや牛丼などでも勃起力は落ちてしまいます。どうしても食事を行わなければならない状態であればうどんなどのあっさりとした食事に抑えるようにすれば十分な効果を発揮します。基本はバイアグラと同じで空腹時に服用し、食後であれば2時間以上の間隔を空けてから服用するようにしましょう。食事の影響以外で効かないと感じる場合は性的刺激と持病が考えられます。ED治療薬は精力剤ではないので性的刺激がなければ勃起しません。服用しただけでは勃起しないので、性的刺激を与えることで勃起をするでしょう。持病のある方が以前は効いていたけど最近効かないなどもよく聞かれます。生活習慣病やうつ病などの持病が改善されていくことで再び勃起することもできますが、改善するまでは含量を20mgまで増やしたりして調整を行ってみましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です