フォビカル 120mg

forbical

forbical

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥2,881(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥2,852(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥2,793(税込)
  • 商品コードフォビカル120mg 10錠
  • 定価(税込)¥5,000
  • 販売価格(税込)¥2,940
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

フォビカル(forbical)120mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはダイエット医薬品・ダイエットサプリです。

フォビカルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:フォビカル

英語表記:forbical

ブランド:サバ メディカ

メーカー:Sava Medica

内容量違い:フォビカルは内容量違いはありません。

成分容量:120mgが含まれたお薬がございます。

内容量:10カプセル

有効成分はOrlistat(オーリスタット)120mgです。

お薬の形状:カプセル(capsule)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

フォビカルとは?ゼニカルのジェネリック医薬品です。

日本ではゼニカル・フォビカルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:ふぉびかる・フォビカール・フォヒカル・肥満治療薬・ダイエット薬

お薬ジャンル:肥満・ダイエット・脂肪吸収抑制

こんな症状の方が使用:肥満・ダイエット・生活習慣病

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

フォビカルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト薬蔵が紹介するフォビカル(forbical)120mgは脂肪吸収抑制効果のある医薬品で、ゼニカルのジェネリック医薬品となっております。ゼニカルジェネリックであるフォビカルは同じ有効成分でありながら価格が安く購入できることから通販では人気の医薬品となっております。フォビカル(forbical)120mgの有効成分であるオルリスタットは通常の食事に含まれる脂肪の体内吸収を抑制することで体内に蓄積される脂肪の抑制にはたらきます。肥満原因は消費されるエネルギーより食べ物で得られるエネルギーのほうが多くなってしまうと脂肪として蓄積され肥満となります。脂肪として蓄積されるエネルギーは糖と脂質です。それぞれのエネルギー値であるカロリーは糖が1gあたり4kcalに対し脂質は1gあたり9kcalとなっております。フォビカル(forbical)120mgはこのうちの脂質の吸収を30%ほど抑制することが可能となるため、脂質の1gあたりのカロリーが6.3kcalに減少することになります。それにより、摂取カロリーが抑えられ蓄積される脂肪の減少させ肥満を防止させます。

飲み方(使用方法):油っぽい食事を行うときに1錠服用してください。脂肪の吸収が抑制されそのまま便として排出されます。ビタミンの吸収も抑制されてしまうため、ビタミン剤も定期的に服用するようにしましょう。あっさりとした食事や食事を行っていないときに服用しても油分は吸収されないため効果はありません。フォビカルジェネリックのため価格も安く手軽に購入することができます。

使用するタイミング(時間):食前

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:食べ物に含まれる30%ほどの油を体内に吸収させずそのまま便として体外に排出させるため、油っぽい便や軟便になりやすいです。おならと思っても油が出てしまう可能性もありますので、女性の方は女性用ナプキンの使用をお勧めします。

フォビカルが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

有効成分のオルリスタットは食事で得られる脂肪分を体内に吸収される量を減らすことで摂取カロリーを抑制しダイエットに繋げるお薬です。しかし、使用方法をしっかりと守ることと仕組みを理解していないと服用しても効かないなどと思ってしまいます。オルリスタットは体内の分解酵素であるリパーゼに作用します。リパーゼは脂質を分解する酵素であるため、食べ物に含まれる脂質を約30%通常よりも体内に吸収する量を減らします。吸収できなかった脂質はそのまま便として排出されます。つまり、から揚げやかつ丼など、食べた食事に含まれる脂質が多いと体内に吸収されない脂質も多くなり効果を高めることになりますが、うどんやそばなど食べた食事に含まれる脂質が少ないものなどは排出される脂質も少ないためあまり効果はありません。食事と関連が深いお薬の成分ですので、食事に合わせて服用を変えるようにし、脂質が少ない食事や食間などは服用しなくても問題ありません。服用するタイミングも重要で、油っぽい食事を食べた後でも消化し終わった後では意味がありません。服用のタイミングは食事中や食後1時間以内の食べた脂質がまだ体内に吸収されていないときに服用するようにしましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です