ラシックス 40mg

lasix

lasix

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥1,499(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥1,484(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥1,454(税込)
  • 商品コードラシックス40mg 15錠
  • 定価(税込)¥2,800
  • 販売価格(税込)¥1,530
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ラシックス(lasix)40mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはダイエット医薬品・ダイエットサプリです。

ラシックスの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ラシックス

英語表記:lasix

ブランド:アベンティスファーマ

メーカー:Aventis Pharma

内容量違い:ラシックスは内容量違いはありません。

成分容量:40mgが含まれたお薬がございます。

内容量:15錠

有効成分はFrusemide(フロセミド)40mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ラシックスとは?ラシックスの正規医薬品(本物)です。

日本ではラシックス・利尿剤とも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:ラシクス・ラシックス錠・ラシックス錠40mg・ラシックス40mg・肥満治療薬・ダイエット薬・利尿剤

お薬ジャンル:利尿剤・ダイエット・むくみ解消・心臓病

こんな症状の方が使用:ダイット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧

対象年令ターゲット・性別:10代・20代の女性/50代・60代・70代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約24時間~48時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ラシックスの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト薬蔵が紹介するラシックス(lasix)40mgは体のむくみを取って血圧を下げる利尿剤です。前日にお酒を飲みすぎたり寝不足だったりすると顔がパンパンに膨れ上がったりします。そんなときラシックス(lasix)40mgを使用することで排尿をし体内の老廃物や余分な水分を体内から排出させ体のむくみを取り除きます。撮影前のモデルや芸能人の方に大変人気のあるお薬となっており愛用者も多いとのことです。ラシックス(lasix)40mgの使用は高血圧や浮腫などの治療に使用されますが、体内の余分な水分の排出にはダイエットの効果もあります。むくみを取ることで体内の余分な水分や老廃物が排出され代謝が良くなります。血液やリンパの流れも良くなるので生活習慣病の予防にも繋がります。しかし、摂取しすぎると体内に必要なカリウムなども排出され不足しがちになってしまいますので、野菜やくだものをしっかりと摂取することを行いましょう。ラシックスは薬剤の代金も安いので効果を一度試しやすいのではないでしょうか。

飲み方(使用方法):1日1回最大80mgとして服用してください。高血圧や浮腫の治療などに使用する場合は症状や年齢に合わせて服用量を調節し連日投与、隔日投与などで服用を継続していってください。服用後1時間ほどで作用を感じられ、6時間以内で体内の成分は消失します。トイレの回数が増えるため、就寝前や重要な会議中の服用は避けて使用しましょう。

使用するタイミング(時間):食前

服用間隔:1日に2錠まで

副作用/注意点:主な副作用として起立性低血圧、耳鳴り、光線過敏症などがあります。下痢や嘔吐のある方や本人や家族に糖尿病の方がいる場合、内臓系疾患のある方の使用は注意し医師に相談をしましょう。併用注意薬も多数存在しております。

ラシックスが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ラシックスは利尿剤で体から余分な水分を排出することで浮腫みなどを抑えます。また、余分な水分を排出することでダイエット効果もあります。しかし、しっかりと使用方法を守らないとラシックスの効果が効かないことがあったり効果が弱かったりします。全員に同じ効果が起こることはありませんが、効果が弱まる可能性を注意することは重要です。もし、あまり尿意を感じないと思ったらラシックスを服用するタイミングを確認してみてください。食後に服用することであまり尿意を感じないことが多いため、空腹時や食後時間を経過した後に服用してみることを行ってみてください。他に服用しているお薬はありませんか?一緒に併用すると良くない併用注意薬などが多いので、市販薬を含め他のお薬を服用している場合はまずは医師に相談をしてください。鎮痛薬を服用している場合は利尿作用が弱まる可能性があります。最終的にはむくみが解消することで利尿効果は徐々に減っていきます。ある程度使用し効果を発現した後は無理に連続投与すると副作用を伴い体調不良になるかもしれません。そのため、短期的に使用することと、寝る前など尿意を催しても害のない時間帯に服用するようにしましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です