Lカルニチン 330mg

lcarnitine

lcarnitine

  • 商品名Lカルニチン330mg 100錠
  • 定価(税込)¥21,700
  • 販売価格(税込)¥17,180
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名Lカルニチン330mg 200錠
  • 定価(税込)¥43,400
  • 販売価格(税込)¥34,160
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名Lカルニチン330mg 300錠
  • 定価(税込)¥65,100
  • 販売価格(税込)¥51,000
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

Lカルニチン(lcarnitine)330mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはダイエット医薬品・ダイエットサプリです。

Lカルニチンの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:Lカルニチン

英語表記:lcarnitine

ブランド:エムキュア パーマスティカル

メーカー:Emcure Limited

内容量違い:Lカルニチンは内容量違いはありません。

成分容量:330mgが含まれたお薬がございます。

内容量:100錠

有効成分はL-Carnitine(Lカルニチン)330mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品はサプリメントです。

Lカルニチンとは?Lカルニチンの正規医薬品(本物)です。

日本ではエルカルニチンとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの商品は医薬品ではなく、サプリメントなので日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販で販売、市販されております。

別名称・間違い名称:エルカルニチン・カルニチン・カルチニン・特殊なアミノ酸・肥満治療薬・ダイエット薬・脂肪燃焼薬・ダイエットサプリ・ダイエットサプリメント

お薬ジャンル:肥満・ダイエット・脂肪燃焼・疲労回復・健康維持

こんな症状の方が使用:肥満・生活習慣病の予防・疲労感

対象年令ターゲット・性別:10代・20代の女性/20代・30代・40代・50代・60代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約24時間

併用すると危険なもの:特になし

Lカルニチンの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

Lカルニチン(lcarnitine)330mgは脂肪燃焼効果のあるダイエットサプリです。Lカルニチンとはアミノ酸を誘導する物質で体の脂肪を燃焼させるのにとても重要な働きをする物質です。体の脂肪を燃焼させるにはミトコンドリアが必要で、そのミトコンドリアに脂肪を運搬する役割をするのがこのLカルニチンなのです。つまり、ミトコンドリアが「体の焼却炉」、脂肪が「燃焼物質」、そしてLカルニチンが「運搬物資」となります。体内のLカルニチンが不足してしまうと、体内の焼却炉であるミトコンドリアに燃焼物質である脂肪が運搬されなくなり脂肪が体内に蓄積されてしまいます。いわゆる肥満です。あなたの家も毎日家庭ゴミがでますよね。もし、家庭ゴミを運んでくれる収集車が来てくれなかったらゴミが溢れてしまいます。それが体の中で起きていることになるのです。Lカルニチンは体内で生成される物質ですが、体内合成量が10~20mgと少ないため食事により補給することになります。Lカルニチンを多く含む物質が赤身の肉ですが、もしダイエットをしたい方が肉を沢山食べてLアルギニンを補給しようとすると脂身も多く摂取することになりますので効果が少ないです。Lアルギニンをサプリで摂取することにより必要な分のLアルギニンのみを摂取できます。上記に記載されているように、脂肪燃焼効果によりダイエットに効果があり、また脂肪をエネルギーに変えるという点で疲労回復にも効果があります。つまり、運動前にLカルニチンを摂取すると、脂肪燃焼の促進だけでなく、疲れにくい身体にもなるのでトレーニング効果も高まることになるでしょう。

飲み方(使用方法):Lカルニチンの上限目安量は1日約1,000mgとなっております。もし、牛肉で上限量を摂取するとなると、1kg食べることとなります。一般の方なら無理な量ですね。サプリで補給する場合では200mg~300mgを目安に補給することでダイエットに期待できるでしょう。クリニックなどで静脈注射も可能ですが摂り過ぎに注意しましょう。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に3錠まで

副作用/注意点:1日の上限目安量の1,000mgを守っていただければ、元々体内で生成される栄養素であるので問題はありません。過剰摂取の場合、腹痛や下痢などが起こることもありますが強い副作用の心配はないでしょう。運動するときや食事の前などに摂取することで、エネルギーへ変換される効率が良くなり、脂肪燃焼効果が高くなるでしょう。

Lカルニチン 330mgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です