パキシルジェネリック 40mg/30mg/20mg/10mg

Paxil-generic

Paxil-generic

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥9,261(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥9,167(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥8,978(税込)
  • 商品コードパキシルジェネリック40mg 100錠
  • 定価(税込)¥12,000
  • 販売価格(税込)¥9,450
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥8,526(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥8,439(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥8,265(税込)
  • 商品コードパキシルジェネリック30mg 100錠
  • 定価(税込)¥11,300
  • 販売価格(税込)¥8,700
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥11,005(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥10,893(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥10,669(税込)
  • 商品コードパキシルジェネリック20mg 100錠
  • 定価(税込)¥14,000
  • 販売価格(税込)¥11,230
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥6,901(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥6,831(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥6,690(税込)
  • 商品コードパキシルジェネリック10mg 100錠
  • 定価(税込)¥9,600
  • 販売価格(税込)¥7,042
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

パキシルジェネリック(Paxil-generic)40mg/30mg/20mg/10mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはうつ病薬・精神安定剤・睡眠薬です。

パキシルジェネリックの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:パキシルジェネリック

英語表記:Paxil-generic

ブランド:インタスファーマ

メーカー:Intas Pharma

内容量違い:パキシルジェネリックは内容量違いがあります。

成分容量:40mg/30mg/20mg/10mgが含まれたお薬がございます。

内容量:ペクセップ40mg 50錠/ペクセップ30mg 50錠/ペクセップ20mg 100錠/ペクセップ10mg 100錠

有効成分はParoxetine(パロキセチン)40mg/30mg/20mg/10mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

パキシルジェネリックとは?パキシルのジェネリック医薬品です。

日本ではパキシル・パキシルジェネリック・ペクセップとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:パキ・バキシル・最強の抗うつ剤・最強の抗うつ薬・SSRI・摂食障害の薬・強迫観念の薬・精神的不安性障害の薬・うつ病薬・精神安定剤

お薬ジャンル:精神安定剤・うつ病薬・抑うつ薬・パニック障害の薬・心的外傷後ストレス障害の薬

こんな症状の方が使用:うつ病・パニック障害・対人恐怖症・パニック障害・気分が落ち込んで考えられない・やる気がない・集中力が低下し仕事に手が回らない

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代・40代・50代・60代の女性/10代・20代・30代・40代・50代・60代の男性・シニアの方

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間~24時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

パキシルジェネリックの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

SSRI系の抗うつ剤では最強と言われるのがパキシルです。日本で2番目に認可されたSSRIで、ジェネリックも登場しております。このペクセップもパキシルジェネリックとなります。SSRI系の抗うつ剤はそれ以前に販売されていた抗うつ剤に比べ、副作用が少なく効果も高いため、うつ病治療の第一選択薬となっております。抗うつ作用や催眠作用でデパスを使用していた方が、デパスの代替品、デパスの代わりになる薬として、通販でパキシルジェネリックを購入することも増えてきました。SSRIはセロトニンの再取り込を阻害することで、神経間隔のセロトニン濃度を上昇させ抗うつ効果を発揮させます。セロトニンには落ち込みや不安を改善させる効果があるので、パキシルジェネリックをデパスの代替品として使用しているのかもしれません。パキシルジェネリックの効果は他のSSRI抗うつ剤であるジェイゾロフトやレクサプロと比較して「キレの良さ」が評判となっており、その効果が最強と言われることに繋がっております。また、パキシルジェネリックはパニック障害や強迫性障害ストレス障害などにも応用され使用されることもあるので、日本でも処方されることが多い抗うつ剤となっております。

飲み方(使用方法):パキシルジェネリック、ペクセップを服用するときは、1日1回夕食後に経口服用します。飲み始めは10mg~と低含量からスタートし、原則として1週間ごとに10mgずつ増量していきます。使用する症状により1日の最大量を3mg~50mgまでとし、適宜増減するようにしてください。通常、2週間~1ヶ月ほどで効果を発揮し始めます。抗うつ効果が発揮されたからといって直ぐに中止はせず、半年以上は効果の安定を確認し、その後2~3ヶ月かけて減薬し断薬しましょう。

使用するタイミング(時間):食後

服用間隔:1日に1錠まで

副作用/注意点:服用服用初期の副作用として胃腸障害などがありますが、胃薬などを使用し対応しましょう。眠気が起こるので機械運転に注意しお酒との併用は行わないようにしましょう。その他副作用として口の渇き便秘など他の抗うつ剤にもみられる副作用もあります。

パキシルジェネリックが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

精神安定剤を服用してもなかなか効かないなんてことはよくあります。それはしっかりと精神安定剤の仕組みを理解することで解決に向かっていくことになります。精神安定剤の種類には抗うつ剤や抗不安薬、抗そう剤、抗精神病薬、睡眠薬など症状によって種類がわかれております。風邪薬でも喉の効くものや鼻水に効くなど効果が違いますが精神安定剤も症状によって違います。そのためまずは自分の症状が何になるのかしっかりと判断することが重要です。そして、症状がわかったらその種類のどの系統の薬剤を服用するのかを決めなければいけません。その系統によっても人それぞれどれだけの効果があるかは異なります。そのため病院でも副作用の少ないものから体にあった系統なのかを確かめて処方します。もともと睡眠薬以外は即効性がないものが多いのであせらずゆっくりとお薬を選んでいきましょう。睡眠薬の場合は成分によって持続効果が違うので、持続効果に合わせて使用します。寝つきが悪い方なら超短時間型、中途覚醒する場合は短時間・中時間のものを選びましょう。精神安定剤の成分の中には使用していくことで耐性ができてしまうものもあります。効果が効かなくなってきたと感じたら、量を増やす前に医師に相談をしてみることで依存性を回避できるかもしれません。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です