アナフラニール SR75mg/25mg

ANAFRANIL

ANAFRANIL

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥6,262(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥6,198(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥6,071(税込)
  • 商品コードアナフラニールSR75mg 20錠
  • 定価(税込)¥7,900
  • 販売価格(税込)¥6,390
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥2,185(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥2,163(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥2,119(税込)
  • 商品コードアナフラニール25mg 30錠
  • 定価(税込)¥3,500
  • 販売価格(税込)¥2,230
  • 在庫状態売切れ
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

アナフラニール(ANAFRANIL)SR75mg/25mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはうつ病薬・精神安定剤・睡眠薬です。

アナフラニールの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:アナフラニール

英語表記:ANAFRANIL

ブランド:タオファーム

メーカー:Teofarm

内容量違い:アナフラニールは内容量違いがあります。

成分容量:75mg/25mgが含まれたお薬がございます。

内容量:アナフラニールSR75mg 20錠/アナフラニール25mg 30錠

有効成分はClomipramine Hydrochloride(クロミプラミン塩酸塩)75mg/25mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

アナフラニールとは?アナフラニールの正規医薬品(本物)です。

日本ではアナフラニールとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:アナフラニル・アナフラーニル・パニック障害の薬・強迫性障害の薬・三環系抗うつ剤・抗うつ剤・抗うつ薬・遺尿症の薬

お薬ジャンル:精神安定剤・うつ病薬・パニック障害の薬・強迫性障害の薬・三環系抗うつ剤・遺尿症の薬

こんな症状の方が使用:うつ病・パニック障害・強迫性障害・遺尿症・気分が落ち込んで考えられない・やる気がない・集中力が低下し仕事に手が回らない

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代・40代・50代・60代の女性/10代・20代・30代・40代・50代・60代の男性・シニアの方

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間~24時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

アナフラニールの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

アナフラニールは、薬効成分が塩酸クロミプラミンの三環系抗うつ薬です。同類の薬には、アモキサンやトラフニール、トリプタノールがあります。アナフラニールとデパス(エチラーム)は同じだと思っている人もいますが、デパス(エチゾラム)はベンゾジアゼピン系なので同じ種類ではありません。しかし、デパスの代わりになる薬として使用されている方は多く、アナフラニールも同様の抗うつ剤ですので、デパスが個人輸入禁止となってからはデパスの代替薬として使用されている方も多くなってきている傾向にあります。また、アナフラニールは緑内障の人や心筋梗塞の回復期の人、MAO阻害薬と言う薬を飲んでいる人や中止後2週間以内の人、心電図でQTという波が延長している人などが使用禁忌となっています。副作用として、てんかん発作、血液の白血球の中の顆粒球が減少したり白血球が減少するなどの血液障害、肝機能障害、黄疸、心室頻拍、間質性肺炎、麻痺性イレウスという腸が動かなくなる病気などが報告されています。併用に注意が必要な薬剤には、抗コリン作動薬、アドレナリン作動薬、中枢神経抑制剤、全身麻酔薬、不整脈の薬、黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどがあげられています。医学に素人の人には判断が難しいケースも多いので、使用方法や飲み方などを必ず確認をしてから服用して下さい。

飲み方(使用方法):デパス(エチゾラム)はうつ病、不安障害、睡眠障害等の改善に効果が期待される精神安定剤です。ジェネリック剤に同じエチゾラムを成分としたデパス(エチラーム)があります。しかし、エチゾラムを含む商品は、薬事法の関係で輸入が禁止となりました。そのため、デパスの代わりになる薬が必要となります。デパスの代替の一つにアナフラニールがあります。アナフラニールは昔から使用されている三環系抗うつ剤で、うつ病、不安障害、パニック障害、また、子供の夜尿病の改善にも使用され効果が期待されています。服用は少量から始め、効果が現れるまで少しずつ量を増やしていくようにします。うつ病等の使用には、成人で1日50~100mgを1~3回に分けて服用します。子供の夜尿症の使用には、6歳未満で1日10~25mg、6歳以上で1日20~50mgを1~2回に分けて服用します。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に3錠まで

副作用/注意点:アナフラニールは三環系という古いタイプの抗うつ薬で、脳を活性化するアドレナリンやセロトニンの分泌を増やすことで気分を高揚させ理由のない漠然とした不安感を減少させます。デパス(エチラーム)やデパス(エチゾラム)に比べると依存性や抗けいれん作用が低く、肝機能障害のある患者にはデパスの代替として処方されることもありますが、三環系抗うつ薬の副作用の特徴でもある不整脈に注意が必要です。アナフラニールは不整脈の症状の無い患者にもナルコレプシーなどの突然のレム睡眠状態を引き起こす副作用が確認されており、アナフラニールやデパスの代わりになる薬としてはSSRIやSNRIやNassaなどの新薬が開発されていますが、長期間うつに悩まされている患者には現在も三環系のアナフラニールやデパスが処方されます。

アナフラニールが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

精神安定剤を服用してもなかなか効かないなんてことはよくあります。それはしっかりと精神安定剤の仕組みを理解することで解決に向かっていくことになります。精神安定剤の種類には抗うつ剤や抗不安薬、抗そう剤、抗精神病薬、睡眠薬など症状によって種類がわかれております。風邪薬でも喉の効くものや鼻水に効くなど効果が違いますが精神安定剤も症状によって違います。そのためまずは自分の症状が何になるのかしっかりと判断することが重要です。そして、症状がわかったらその種類のどの系統の薬剤を服用するのかを決めなければいけません。その系統によっても人それぞれどれだけの効果があるかは異なります。そのため病院でも副作用の少ないものから体にあった系統なのかを確かめて処方します。もともと睡眠薬以外は即効性がないものが多いのであせらずゆっくりとお薬を選んでいきましょう。睡眠薬の場合は成分によって持続効果が違うので、持続効果に合わせて使用します。寝つきが悪い方なら超短時間型、中途覚醒する場合は短時間・中時間のものを選びましょう。精神安定剤の成分の中には使用していくことで耐性ができてしまうものもあります。効果が効かなくなってきたと感じたら、量を増やす前に医師に相談をしてみることで依存性を回避できるかもしれません。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です