フルニル 20mg/10mg

  • 商品名フルニル20mg 100錠
  • 定価(税込)¥7,600
  • 販売価格(税込)¥6,110
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フルニル20mg 200錠
  • 定価(税込)¥15,200
  • 販売価格(税込)¥12,030
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フルニル20mg 300錠
  • 定価(税込)¥22,800
  • 販売価格(税込)¥17,850
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フルニル10mg 100錠
  • 定価(税込)¥5,200
  • 販売価格(税込)¥3,660
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フルニル10mg 200錠
  • 定価(税込)¥10,400
  • 販売価格(税込)¥7,120
  • 在庫状態在庫有り

  • 商品名フルニル10mg 300錠
  • 定価(税込)¥15,600
  • 販売価格(税込)¥10,490
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

フルニル(FLUNIL)20mg/10mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはうつ病薬・精神安定剤・睡眠薬です。

フルニルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:フルニル

英語表記:FLUNIL

ブランド:インタスファーマ

メーカー:Intas Pharma

内容量違い:フルニルは内容量違いがあります。

成分容量:20mg/10mgが含まれたお薬がございます。

内容量:フルニル20mg 100錠/フルニル10mg 100錠

有効成分はFluoxetine(塩酸フルオキセチン)20mg/10mgです。

お薬の形状:カプセル(capsule)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

フルニルとは?プロザックのジェネリック医薬品です。

日本ではプロザック・フルニルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:フルニール・フールニル・SSRI・摂食障害の薬・強迫観念の薬・精神的不安性障害の薬・うつ病薬・抗うつ剤・安定剤・精神安定剤・月経前症候群の薬

お薬ジャンル:精神安定剤・うつ病薬・摂食障害の薬・強迫観念の薬・精神的不安性障害の薬・月経前症候群の薬

こんな症状の方が使用:うつ病・摂食障害・強迫観念・精神的不安性障害・月経前症候群・気分が落ち込んで考えられない・やる気がない・集中力が低下し仕事に手が回らない

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代・40代・50代・60代の女性/10代・20代・30代・40代・50代・60代の男性・シニアの方

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間~24時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

フルニルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

フルニルは、世界的に有名な精神安定薬であるデパスの代わりになる薬として開発されたもので、デパスの代わりになる薬として注目されています。デパス自体は2016年の薬事法改正で個人輸入が禁止され、デパスの代替薬の需要が高まりました。その中でデパス(エチラーム)や、デパス(エチゾラム)の代替薬としてフルニルが有名になっています。デパス(エチラーム)は、インスタファーマ社が開発したもので比較的安いですが、輸入への規制が強化されているという問題があります。デパス(エチゾラム)は、日医工が作っているもので、日本でもポピュラーな睡眠薬ですが、今では値段はかなり高めになっています。また、エチラームやエチゾラムはデパスの完全なジェネリックであるため、成分や効能は全くデパスと同じです。そのため、デパスが合わないという人には使いづらいお薬でした。そこで、新たに今回注目されているのがフルニルです。フルニルは、デパスの完全なジェネリックではなく、SSRIという分類の類似薬です。この薬は、従来品よりも副作用が軽いことに加え、うつ病などに対してだけでなく、緊張の緩和や平常心の維持まで広い効果が得られるように開発されています。このため、健常者が服用しても効果が正しく出るようになり、商談や発表などでのプレッシャーへの対処などに使われることも多いようです。さらに値段も半額以下であることが多く、デパスの代替として、さらにはデパスよりも使い易い薬として今、最も期待されています。

飲み方(使用方法):フルニルは抗うつ剤でプロザックのジェネリック医薬品です。デパス(エチラーム)・デパス(エチゾラム)の個人輸入が規制されたので、デパスの代わりになる薬として使用されている方も多いと思います。フルニルは脳内のセロトニンの濃度を高めるといわれており、副作用も少ないとされています。デパスの代替薬として使用される場合、1日の最大使用量は80mgまでですから、20mgを使用されている方は4回までになります。また、覚せい作用が強いので夜遅い時間の服用を避け、午前中に服用されることをおすすめします。朝、食後に1錠20mgを水又はぬるま湯で飲むようにしましょう。神経性の過食症の方は1日3錠(成人の場合)が使用量です。強迫性障害の方は、1日1~3錠までの使用量となっていますので少ない量からお試しいただき、状況や症状に合わせて調節してください。

使用するタイミング(時間):起床時

服用間隔:1日に1~2錠まで

副作用/注意点:よく知られている抗不安薬のデパスには、有効成分に同じエチゾラムを含有するジェネリック薬のデパス(エチラーム)やデパス(エチゾラム)が登場しています。また抗うつ薬のプロザックは、デパスの代替として使われることが多い薬です。プロザックには、フルニルという名前でジェネリック薬が製造されています。そして、フルニルもデパスの代わりになる薬としてよく使用されています。従来の抗うつ薬では、倦怠感やのどの渇き・便秘といった副作用が重症化することが多く、そのため重度のうつ病患者さんに使用が限定される傾向がありました。フルニルの副作用は軽微なめまいや吐き気で、使用とともに副作用症状は落ち着いていくのが一般的です。また、腎不全の既往がある方・妊娠または授乳中の方・成分にアレルギーを持っている方はフルニルの使用は禁忌とされています。

フルニル 20mg/10mgの関連コラム

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です