ダラシン 300mg

ダラシン 300mg dalacin

dalacin

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥7,801(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥7,721(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥7,562(税込)
  • 商品コードダラシン300mg 20錠
  • 定価(税込)¥9,420
  • 販売価格(税込)¥7,960
  • 在庫状態売切れ
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ダラシン(dalacin)300mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは美容・ビューティー・スキンケア・サプリメントです。

ダラシンの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ダラシン

英語表記:dalacin

ブランド:ファイザー

メーカー:Pfizer

内容量違い:ダラシンは内容量違いはありません。

成分容量:300mgが含まれたお薬がございます。

内容量:20粒

有効成分はクリンダマイシン塩酸塩 300mgです。

お薬の形状:カプセル(capsule)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ダラシンとは?ダラシンの正規医薬品(本物)です。

日本ではダラシンとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:ダラシンカプセル・タラシン・ニキビ薬・ニキビ治療薬・ニキビを治す薬

お薬ジャンル:ニキビ改善・吹出物改善・抗生物質・内服薬

こんな症状の方が使用:重度のニキビ・吹出物

対象年令ターゲット・性別:10代・20代の女性/10代・20代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約12時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

ダラシンの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ダラシン(一般名:クリンダマイシン)というお薬は、リンコマイシン系に分類される抗生物質です。クリンダマイシンは、グラム陽性菌(細胞壁のほとんどがペプチドグリカンという物質でできている菌)に対する効果が強く、嫌気性菌(酸素の無い状況で増殖ができる菌)にも効果があります。 具体的に挙げると、ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌などです。このお薬は、皮膚の感染症やのどの感染症、呼吸器の感染症、耳や鼻の感染症、目の感染症、顎の感染症などさまざまな部位に使用されます。クリンダマイシンの作用は、細菌のリポソームというタンパク質を作るところに作用して、タンパク質が作られるのを阻止し、細菌の増殖を抑える静菌的な作用であるため、クリンダマイシン自体は、菌を殺すことはありません。クリンダマイシンで細菌が増殖するのを抑えている間に、個々の自己免疫力で、菌を退治して感染症を治すことになります。クリンダマイシンは、細菌のリポソームに対してのみ作用するため、ヒトの細胞の増殖には影響を与えることはありません。ダラシンには、内服薬の他、注射薬のダラシンS注射液、ニキビの治療に用いられるダラシンTゲルという外用薬もあります。

飲み方(使用方法):内服薬は、成人には、クリンダマイシン塩酸塩として1回150mgを6時間ごとに服用します。すなわち、1日4回服用することになります。重症の場合は、1回300mgを8時間ごとに服用します。すなわち、1日3回服用です。小児の場合は、体重1kgあたり1日量15mgを3~4回に分けて服用します。重症の場合は、体重1kgあたり1日量20mgを3~4回に分けて服用します。年齢や症状によって適宜増減することとなっています。外用薬は、適量を1日2回、洗顔後に患部に塗ります。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に4錠まで

副作用/注意点:”ダラシンの副作用には、食道炎、食道潰瘍、下痢、軟便、腹痛、吐き気、嘔吐、そう痒、発疹、浮腫、白血球減少、血小板減少、黄疸、肝機能検査値の異常、尿たん白、腎機能検査値の異常、耳鳴り、めまい、口内炎、発熱、だるさ、頭痛等が報告されています。食道炎や食道潰瘍は、薬を飲むときの水の量が少なすぎると、食道粘膜にカプセルがくっついて留まってしまい、炎症を起こすために起こります。薬を飲むときは、十分な水とともに服用しましょう。この他、アナフィラキシーショックや血便を伴う重篤な大腸炎、アレルギー反応等重大な副作用を引き起こす可能性もあります。服用中、口唇のしびれや腫れ、呼吸がしずらさ、蕁麻疹、血便など気になる症状が現れたら、早期に医師に相談しましょう。

ダラシンが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ニキビ治療薬はニキビを治すことが可能ですが、適応するニキビによってお薬を変えないとなかなか治らなかったり効かなかったり、副作用が強く感じたりしてしまいます。ニキビは症状によって白ニキビや黒ニキビ、炎症を起こし始めると赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビなど治りにくかったり跡が残るようなものになります。このニキビの特徴ごとにニキビ治療薬を変えて使用することが重要です。一般的にはアダパレンを成分にする治療薬を使用することで角化を抑え治療していきます。しかし重症化すると治療が長引くのでクリンダマイシンや過酸化ベンゾイルを成分に持つ治療薬と併用することでより効果が高くなります。トレチノインやイソトレチノインは皮膚のターンオーバーを活性化させます。ニキビ跡や重症ニキビにも対応できますが、副作用などあるので、使用方法を守ることで効果が高まるでしょう。適切な治療薬を使用することでニキビは治ることができます。しかし、ニキビができる根本の原因を減らさないと、いくらスキンケアを行ってもまたニキビはできてしまいます。睡眠不足や食生活の乱れなど生活習慣にも目を向けることが治療薬がより効きやすく、再発を防ぐことに繋がります。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です