喘息の発作を止める方法をご紹介。吸入薬で得られる安心感!

最終更新日: 2018/07/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喘息の発作を止める方法を紹介します!

一般的な喘息で発作が起きた場合、だいたいの方は緊急用の吸入薬などを常備しているはず。

今回、当ページで紹介している内容は、

・喘息の発作を止める方法。
・通販で購入できる喘息薬

この2点です!

発作が起きた時に効果的なお薬情報をメインでまとめていますので、ぜひご参照下さい。

喘息の発作を止める方法

辛い咳や喘息を瞬時に治療! ZENSOKUYAKU

>>喘息薬(吸入薬・吸入器)ランキング!

まず初めに、喘息の発作を止める方法についてです。

基本的に喘息の発作が起きた時は、薬を使用して症状を治めるのが一番の安全策です。

発作が起きるほどの喘息持ちの方は、事前にかかりつけの病院で吸入薬を処方されていると思いますが、それとは別に「どんな薬を使って発作を抑えるのか?」を知っておくことも大切です。

↓↓ 通販サイトで購入できる喘息薬!吸入薬・吸入器をピックアップ♪

短時間作用性吸入β2刺激薬

1つ目は、「短時間作用性吸入β2刺激薬」と呼ばれるお薬。

主に喘息を伴う発作が起きた時に使用するお薬で、気管支を広げる作用があり、また即効性にも優れているので、万が一発作が起きた時にも落ち着いて対処する事ができます。

スペーサーと呼ばれる補助器具を使ったり、ネブライザーで吸入する事で、薬をより吸収しやすくなりますので、そのような方法もオススメです!

発作が起きた時の為には欠かせないお薬ですが、もしこれを使用しても症状が治まらない場合には、早めにかかりつけの病院に行くようにしましょう。

テオフィリン薬

テオフィリンには気管支を広げる作用があり、この作用によって呼吸を整える効果が期待できます。

また炎症を抑える作用もあります。

ただし、副作用が出やすいとも言われていますので、使用する際には用量・用法をしっかりと守って使用する必要があります。主な副作用は食欲不振・下痢・嘔吐などです。

処方薬としては内服薬が一般的ですが、喘息による発作を起こして症状が治まらない場合には、病院で注射にて投与される事もあります。

アミノフィリン薬

アミノフィリンも主に注射にて投与する事が多い喘息用のお薬です。

その他にも気管支炎、肺性心、うっ血性心不全、肺水腫、心臓喘息等に対して効果があるとされています。

年齢によっても使用方法が異なり、また併用禁忌薬(飲み合わせの悪い薬)もあるので、他の薬を服用している場合には、事前に担当医に伝えるようにしましょう。

抗コリン薬

抗コリン薬も喘息の発作を止めるのに効果的なお薬です。

自律神経(副交感神経)に作用し、気管支を広げる効果が期待できるお薬ですが、効果が少し弱いので短時間作用性β2刺激薬と一緒に配合剤として使用する事もあります。

以上が喘息の発作を止める方法として、まず初めにお伝えできる情報となります。自宅で服用できるお薬もあれば、医師の元使用される薬もあるので、必ずしも適応できるというわけではありませんが、発作を止めるには「どんなお薬が使用されているのか?」という事をこれを機に覚えておくと良いでしょう!

薬が無い!そんな時の対処法

薬が無い時の対処法

喘息の発作を止める方法として、薬が一番効果的だという事は先程もお伝えさせて頂きましたが、必ずしも吸入薬や吸入器を持ち合わせているとは限りません!

むしろ、薬を常備している時は比較的安心感もありますが、持ち合わせていない時に限って発作が起きたりするものです。

もし、吸入器や吸入薬を持っていない時に発作が起きてしまった場合には、以下の方法を試してみる事をオススメします。

  • ・腹式呼吸で体の中から大きく息を吸って吐くようにする。
  • ・水やお茶などでとりあえず水分補給する。
  • ・空気の良い場所に移動する。

たったこれだけの事でも喘息持ちの方には有効です。

周りに誰かいる場合には手伝ってもらったりしてでも、まずは気持ちをリラックスさせる事が大切です。

【厳選】通販で購入できる喘息薬3選

喘息の発作を止める方法として、絶大な効果を発揮するのが喘息薬です!

咳・痰・発作などの症状が出た場合には、主に内服薬・吸入薬・吸入器などで薬を体内に取り入れる方法が一般的です。

病院で薬を処方してもらうのが一番安全とも言えますが、最近では通販サイトを利用して吸入薬を購入する方も増えています。

正規品含め、ジェネリック品も安価で購入する事ができるので、長期間喘息と向き合っている方にもオススメです!

ここからは通販サイトで購入できる人気の喘息薬を3つほど紹介していきたいと思いますので、万が一の発作に備えて常備しておくのも良いでしょう。

セロフロロタキャップ

セロフロロタキャップ

セロフロロタキャップは、フルチカゾン成分とサルメテロール成分を配合した吸入薬です。

セレタイドのジェネリック品として、個人輸入通販サイトで購入する事ができ、喘息・気道閉塞障害・慢性気管支炎・肺気腫などの症状に効果を発揮します。

作用時間はおおよそ12時間前後で、1日2回まで使用可能。

気道の炎症を抑えて発作を軽減させる効果が期待できるので、緊急時に備えて購入する方が増えています。

セロフロインヘラー吸入器

セロフロインヘラー吸入器

セロフロインヘラー吸入器は、国内でも処方される事のあるアドエアのジェネリック品です。

喘息・気管支炎・慢性気管支炎・肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・アレルギー性鼻炎などの幅広い症状に対して効果が期待できます。

2つの有効成分「サルメテロール」「フルカチゾン」を配合する事で、気管支を拡張させる事はもちろん、効率よく喘息による発作を抑える事ができます。

基本的には継続して吸入する喘息薬なので、定期的に使用する事を目的としています。

アスタリン

アスタリン

アスタリンは、サルブタモールのジェネリック品です。日本国内では「サルタノール吸入薬」「アスタリンHFA吸入器」などと呼ばれています。

国内と国外で製品名が異なるので少し紛らわしい部分もありますが、吸入薬であることには変わりありません!

喘息・気管支炎・慢性気管支炎・肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・アレルギー性鼻炎などの症状に対して効果を発揮し、息苦しさ・呼吸困難・喘鳴などの症状にもオススメです。

吸入薬の中でも即効性が高く、副作用も少ないのが特徴的。

喘息の原因を知る事も大事

喘息にはいろんな原因があります。

喘息の原因を大きく分けると「アレルゲン」「それ以外」に分かれます。

アレルゲンには、ダニ・ハウスダスト・ペット・花粉・カビなどがあり、それ以外の場合は、タバコ・薬・風邪・ストレス・気圧の変化・排気ガスなどが挙げられます。

こうした喘息の原因を知る事で、普段から気をつける事ができますので、できる限りこれらを遠ざけるような生活習慣を送る事を意識してみると良いでしょう!

薬やその他の対処法で治まらない時

病院で診察

ここまで喘息の発作を止める方法として吸入薬・吸入器・内服薬などの情報や、事前対策について紹介させて頂きましたが、万が一これらを実行しても症状が治まらない時には、早めに病院に行きましょう。

喘息は単なる咳や発作だけでは済まない事もあります!

咳が出過ぎて吐いてしまったり、呼吸困難になったり、横になるのもしんどい状態では薬の効果も期待できない可能性が高いので、救急車を使ってでも早めに病院に行く事を意識してください。

病院であれば注射などで即効性のある薬を投与してくれる事もありますし、なにより症状を診察してもらえるので安心です!

風邪と発作を間違えないように

喘息持ちの方”あるある”でもありますが、風邪による咳なのか?喘息による咳なのか?が分からなくなってしまう事もあると思いますが、もし体調が悪くなった時にはなりふり構わず病院で診察してもらいましょう。

風邪であれば喘息薬と併用しても問題ない風邪薬を処方してもらい、喘息であれば今まで通りで問題ありません!

発作なのに風邪と勘違いして放置してしまうと、後々大変な事になってしまう事もありますので、心配だなと思ったらまずは病院に行く事です。

この記事のまとめ

喘息対策

しつこいようですが、喘息の発作を甘く見てはいけません!

発作を起こした事のある方ならわかると思いますが、本当に辛いです。

周囲が助けられる状況であれば、何か1つでも協力してあげる事が大切。呼吸困難になってしまうとまともに会話もできなくなる事がありますので、周囲の判断や自分の判断ですぐにでも病院にいったり、常備している吸入器を使って症状を緩和させる事を第一に考えましょう。

▶ 通販でオススメ!今すぐ買える人気の吸入薬・吸入器はコチラから。

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加