早漏改善薬とは?知ってる?実は早漏って改善できるらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの初体験はどんな思い出がありますか?

「緊張して挿入がうまくいかなかった。」「挿入できたけどすぐに射精してしまった。」

など、人によって良い思い出もあれば嫌な思い出もあると思います。

男性には性の悩みが意外と多いです。

ここではそんな男性の悩みの1つである早漏に関する情報をご紹介!

1分1秒でもパートナーとのセックスを楽しみたいという方必見の内容となっていますので、ぜひご参照ください。

そもそも早漏って?

早漏とは

そもそも早漏ってなに?定義はある?自分は早漏なの?

と、自分1人では早漏かどうかの判断が難しいですよね?

早漏とは基本的には女性の膣内に挿入してから1~3分程度で射精してしまう男性の事を表わすことが事が多く、また、膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない人も早漏の部類に入ります。

逆に、遅漏というのもあり、これはなかなか射精できない状態の事を言い表します。

どちらが悩ましいかというと、どちらも悩ましい症状です。

今回は早漏改善に関しての情報を紹介していますので、セックス時にどうやったら射精を遅らせることができるのか?効率良く射精をコントロールすることができるのか?という内容をまとめていきます。

「自分はすぐに射精してしまう早漏だ」と実感している方はよく読んで改善していきましょう。

早漏の原因

まず初めに早漏の原因についてです。

早漏の主な原因は心因性の場合が多いです。男性よりも女性の方がセックスで絶頂に達するのが遅いので、女性が満足感を得る前に男性が射精してしまうと「早漏」となる場合もあります。

もちろん、人によって満足できる部分は異なりますので、絶頂に達しなくても、ある程度の時間セックスを楽しめれば、女性側としても満足できるという方もいます。

だいたいの男性はセックスに対する自分の感情が高まったり、気持ちよさがMAXに達する事で射精に至ります。

多くの男性は、数十分は性行為を続けることが可能ですが、早漏に該当する男性はこれが極端に短く、数分で射精してしまう為、女性としても十分な満足感を得る事が少なく、関係性に亀裂を生じてしまう事があります。

また、心因的な部分が原因の場合は、極度の緊張感や性欲をコントロールできない事が原因となりますが、包茎や前立腺の炎症などで早漏になってしまう事もあるのです。

早漏の改善方法

早漏の改善方法
【スクイーズ法】
・射精感が高まった際に、亀頭を圧迫させる方法です。射精感が治まった際また挿入して高まったら亀頭を圧迫するというのを繰り返す方法。自分1人でもできますが、女性に慣れるためには女性の手で亀頭を圧迫してもらうのがオススメ。
【コンドーム二十重ね】
・コンドームは男性用の避妊グッズとして、多くのカップルが使用しています。生で挿入するより感度が下がる為射精に達しにくくなります。更に二十重ねで感度を下げるという方法です。
【セマンズ法(スタート・ストップ法)】
・射精しそうになった時にそれらに関する行為をストップさせ、治まった際にまた始めるというものです。マスターベーションでも実施できます。効果は未知数。
【早漏改善薬】
・ペニスの感度を下げたり、脳内の刺激を抑えるための薬を服用したり、ペニスに塗布することで射精をコントロールしていく方法。一番効果的・効率的に実施できるとも言われています。

という事で、早漏を改善するにはいくつかの方法があります。

まずは、どんな方法があるのか?しっかりと理解して自分にピッタリの方法で実践してくようにしましょう。

もちろん、効果の有無は人によって異なりますが、多くの男性はこれらいずれかの方法で効果を実感していますので、ぜひ前向きに実践してみてはいかがでしょうか。

早漏改善薬とは?

早漏改善薬とは

次に早漏改善薬についてです。

早漏改善薬とは、前項でも少しだけ紹介していますが、薬を飲むことで脳内の性的な興奮感を抑えるものや、ペニスに直接塗布したりスプレーで吹きかけることで感度を鈍らせて射精感を遅らせようというものです。

日本では、一部のメンズクリニックや専門の医療機関でそのような薬を処方している事がありますが、世間一般的にはあまり認知されていません。

早漏改善薬は通販サイトを利用して購入する方が多く、通販では安価で購入できるジェネリック品やED治療を目的とした薬などもたくさんあるので、多くの男性が利用しています。

早漏改善薬の効果

早漏改善薬の効果としては、すでにご存じの通り、内服薬や塗り薬を使用して射精を遅らせるという効果が期待できます。

例えば、内服薬の場合には薬の成分が体に吸収されることで、脳内の興奮感を抑えて射精までの時間をコントロールしやすい環境を作り、また、ペニスに塗るタイプや吹きかけるタイプの場合には、直接的にペニスの感度を下げて射精を遅らせるというものです。

薬によっても効果効能や成分が異なるので、一概にコレといったことはお伝えしきれませんが、だいたいは内服薬や外用薬を用いて射精をコントロールするというのが目的です。

早漏改善薬のリスク

早漏改善薬のリスクとしては、内服薬と外用薬で異なります。

内服薬の場合、早漏改善薬をセックスの前に服用しますが、人によっては副作用を感じてしまいます。多くの方はED治療との同時効果のある薬を服用し、顔のほてりや頭痛、動悸、めまいなどを感じる事がありますが、それに比例する効果も期待できるので、実用性がある薬として使用しています。

また、外用薬の場合には塗薬やスプレーで吹きかけるタイプが多く、ペニスの感覚を鈍らせる効果があります。

なので、塗布し過ぎることで感度も鈍くなってしまい、射精が遅くなり過ぎてしまうとい可能性もゼロではありません。

あくまでも医薬品で早漏を改善するというのが目的なので、それなりにリスクは覚悟しておく必要もありますが、海外を始め日本国内でもこれらの早漏改善薬を使用している方は多いです。

人気の早漏改善薬

人気の早漏改善薬

早漏改善効果とはどのような薬かが理解できて来たところで、オススメの早漏改善薬を紹介していきましょう。

すでに使ったことがあるという方もいるかと思います。

早漏改善薬は大きく分けて2つのタイプがあります。先程お伝えした通り、内服薬と外用薬です。

内服薬の場合、多くはED治療薬として紹介されている事が多いです。

ED治療薬のほとんどは、シルデナフィル・バルデナフィル・タダラフィル成分を含んでいる製品が多いのですが、それに加えてダポキセチン成分を含んでいるものがそれに該当します。

ダポキセチン成分は脳内の刺激を抑える作用が期待できるので、心因性の早漏には特にオススメです。同時にED治療効果も期待できるのでペニスに悩みを抱えている男性から重宝されています。

一方で外用薬の場合には、局所麻酔効果のあるリドカイン成分が配合され、これをスプレーなどでペニスに吹きかけることで感度を鈍らせて射精感をコントロールするというものです。

ぜひ、お好きなタイプを試してみてください。

ED(勃起不全)でも早漏でも諦めるな!

早漏男子

ED(勃起不全)早漏・遅漏の男性は意外と多いです。

しかも、なかなか性に関する悩みって人には打ち明けられませんよね?

そんな時、皆さんは病院で相談したり、ネット上の情報を参考にしたりと試行錯誤すると思います。

どの方法が一番良いかは人によっても異なりますし、体感も人それぞれです。

ただ、EDや早漏だからと言って諦めてはいけません!

そんな男性でもセックスで女性を満足させてあげる事はできます。今回紹介した早漏改善薬やその他ED治療薬、早漏改善トレーニングなどをしっかりと実践して、自分のペニスを鍛えていきましょう。

▶今すぐ早漏改善したい方にオススメの早漏改善薬!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加