ED治療薬が効かない?こんな時どうする?メカニズムを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ED治療薬を服用したけど効かない。。。

そんな経験をしたことのある男性もいるのではないでしょうか?

だからといってED改善を諦めれば良いのか?というとそうではありません。ここでは、勃起不全勃起のメカニズム、ED治療薬が効かない時の対策方法や解決策についてご紹介。

ED改善をまだ諦めていない方はぜひ参考にしてみてください。

ED治療薬が効かない理由

そもそもED治療薬が効かない原因・理由にはどんな事が考えられるのか?

以下にまとめてみましたので、ご自身が当てはまっているか、確認してみましょう。

・お酒を飲み過ぎて泥酔した状態でED治療薬を服用してしまった。

・食事の際に食べ物を食べ過ぎて満腹時にED治療薬を服用した。

・ED治療薬とは別に薬を服用している。薬の併用をした。

・普通にED治療薬を飲んだけど勃起しなかった。

ED治療薬が効かない

などなど、ED治療薬を服用したけど効かないという方のほとんどはこのような意見を述べています。

これに関して、改めて考えてみるとED治療薬の服用方法や服用するタイミングを知らずに飲んでいる方が多い印象を受けます。

ED治療薬の正しい飲み方を知らない方って意外と多いんです。

クリニックや医療機関で薬を処方してもらった方であれば、その際に服用方法をしえてもらっていると思いますが、通販で購入した方はそこまで詳しい説明を読まずに「セックスの前に飲めばOK」と軽い気持ちで服用している事が多いです。

まずED治療薬の効果をしっかりと得るには飲むタイミングや服用方法を確認する事が大切なので、それに関しても次の項目でまとめていきましょう。

ED治療薬が効かない時の対策方法

ED治療薬が効かない時の対策方法としては、前述した通りで服用するタイミング服用方法をしっかりと把握しておく事が大切です。

なぜなら、ED治療薬はサプリメントのように気軽に服用するものではなく、医薬品としてペニスが起たない・起ちにくい症状を治療する目的で服用するからです。

医薬品という感覚を忘れて適当に服用するとリスクも伴いますので十分に注意しておきましょう。

という事で、さっそく対策や解決策を紹介していきたいと思います。

薬を服用するタイミングを見直す

服用するタイミング

まずは薬の服用するタイミングを見直す事。

皆さんはどんなタイミングで服用していますか?ED治療薬の服用方法は基本的に1日1錠までと決まっています。

また、薬の種類にもよりますが、ED治療薬は食事やお酒の飲み過ぎによる影響を受けやすい傾向にあります。

そのため、お腹が満たされている満腹状態、お酒を飲み過ぎている泥酔状態ではED治療薬本来の効果を実感できない可能性があるのです。

もし、「満腹状態」「泥酔状態」で服用してしまったという方は、まずは空腹時に服用する事や、お酒も適量にしてから服用する事をオススメします。

▶ 人気のED治療薬セットでもう一度ED治療を試してみる

自分の体調や精神状態を確認する

ED(勃起不全)の主な原因は陰茎の機能的な部分がうまく作用していない、精神的なことが原因で起きている場合が多いです。

体調が万全ではない状態で薬を服用しても十分な効果が得られない、また、精神的に病んでしまっている状態ではED治療薬の効果も実感できない可能性があります。

特にうつ病などを発症して、それに対する薬を服用している場合には併用禁忌薬に該当していたり、それら薬の副作用によってEDを発症している可能性もありますので、そんな時にED治療薬を服用しても効かないのは自然と分かると思います。

まずは、精神状態をしっかりと落ち着かせて、体調も良好な状態で服用してみましょう。

生活習慣病など健康状態に注意

生活習慣病

健康状態が良くない時にはED治療薬が効かないという事は十分に考えられます。

ED治療薬は、服用する事で陰茎の血管を拡張して血液の流れを促進するという効果が期待できます。

しかし、生活習慣病など他の病気などによって血液の循環が悪くなっている、また他にも症状が出ている場合にはED治療薬を服用する以前の問題となり、先にそちらの治療や改善をすることを優先させた方が良いでしょう。

また、ご存知の方も多いと思いますが、ED治療薬を服用したからと言って直ぐに勃起するものでもありません。相手に対してしっかりと性的な興奮を得ていないと脳から陰茎に対して「勃起せよ」という命令が下らないので、相手との関係性なども大切になります。

ED治療薬が体に慣れてしまう事は?

ED治療薬を服用し続けると徐々に効果が薄れてしまうのでは?という不安を抱えている方も多いと思いますが、これに関しては特に問題ないという見解です。

実際にED治療薬を継続して服用し続けている方もいますし、耐性ができたという意見もあまり聞きません。

ただし、年齢を重ねる事によって、前述した生活習慣病やその他の病にかかってしまうことで、血管や神経になにかしらの影響があった場合、ED治療薬を服用しても効かない・効きにくいという可能性はありますので、日々の生活習慣や食生活も意識するようにしましょう。

▶ 通販でも大人気!レビトラジェネリックのバリフ!

薬同士の併用には十分に注意

ED治療薬が効かない原因として他の薬との併用も考えられます。

また、薬には併用禁忌薬といって飲み合わせの悪い薬があります。例えば、ED治療薬で言いますと、狭心症や心筋梗塞、高血圧の薬などがあります。

血管拡張作用のある薬との併用はリスクが伴いますので、持病などで病院に通っていたり、薬を定期的に処方してもらっている方は、事前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。

どんなED治療薬を試しても効かない

ED治療薬NG

ED治療薬はクリニック個人輸入通販を利用して購入する事ができます。

クリニックでは主にバイアグラ・レビトラ・シアリスなどの王道ED治療薬に加えて、国内で承認を得ているジェネリック品などを処方しています。

一方で、個人輸入通販では海外のED治療薬を購入する事もでき、これらを合わせると非常に多くのED治療薬を試すことができます。

しかし、どんなED治療薬を服用しても効かないという方も中にはいるかもしれません。その場合には、早めにクリニック医療機関に行って相談する事をオススメします。

勃起をする以前に体調が悪い、なにかしら臓器や神経などに障害が出ているという可能性もありますので、病院での早めの診察を推奨します。

勃起のメカニズムとED治療

という事で、ED治療薬が効かない原因や対策などについて紹介させて頂きましたが、ご自身なりに解決策が見つかりましたか?

ここまでの内容でも解決しない場合には、前述した通り早めに病院で検査・診察を受ける方が良いでしょう。

ちなみに、参考までに勃起のメカニズムに関してですが、勃起は性的な興奮を受ける事で、脳が刺激を受け、脳から陰茎に対して勃起するように命令が下ります。それによって陰茎の血管が拡張され、そこに血液が流れこむことで勃起が成立するというものです。

なのでこれら一連の流れの中でなにかしらの異常があった場合には勃起作用がうまく機能しないという事です。

簡単に説明させて頂きましたが、詳しく知りたい方はEDのクリニックや医療機関で相談してみましょう。

薬に頼らず自己管理も大切に

自己管理

いかがでしたか?

ED治療薬が効かない原因からある程度の対策まで紹介させて頂きました。概ねこれらの情報で解決できると思いますが、必ずしも改善できるとは限りません

事故やケガで陰茎の作用が傷ついてしまっている場合には、ED治療薬では効かない事もあります。

もっと確実な治療方法を提案してほしい方は、やはり専門機関での診察を受ける事が大切です。当ページの情報は参考情報としてご覧いただき、ED改善に少しでお役に立てれば幸いです。

▶ まずは通販でも購入できるED治療薬を試してみる!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加