デュタステリドの効果は?プロペシアやミノタブとの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛に悩んでいる男性のみなさん、今までにどんな薄毛治療をしたことがありますか?

男性に多い薄毛や抜け毛の原因としてAGA(男性型脱毛症)があげられます。このAGAは非常に多くの男性が悩みを抱えている薄毛の原因で、市販の育毛剤などでは改善が難しい症状でもあります。

ということで、ここではAGAの治療に適していると言われている「デュタステリド」成分について紹介していきたいと思います。

「ん?デュタステリドってなに?」と疑問を感じている方でもこちらのページをお読み頂ければご理解いただけるかと思いますので、ぜひご参照にして効果的な薄毛治療を実践していきましょう。

デュタステリドとは

そもそもデュタステリドってなに?

デュタステリドとは、前立腺肥大症・男性型脱毛症の治療に使用されている5α-還元酵素トリプル阻害薬です。

簡単に言えば、前立腺肥大症薬・AGA治療薬です。

それぞれ異なる症状ではありますが、デュタステリド成分の使用量などを調整することで、それぞれ異なる症状にも適応できるというものです。

ここでは主に薄毛や抜け毛に関する情報をまとめていますので、当ページではAGA治療薬として紹介させて頂きます。

デュタステリドの効果

デュタステリドの効果

このデュタステリド成分は、AGAと呼ばれている男性型脱毛症の治療薬として使用され、海外を始め日本国内でもAGAの専門クリニックや医療機関で処方されているAGA治療薬(ザガーロ)に含まれている成分です。

日本ではプロペシア錠が一番有名なAGA治療薬ですが、それに次いでミノキシジルタブレットやザガーロなどがあり、いずれもAGAの治療には効果的とされている有効成分です。

デュタステリドの効果としては、男性ホルモンの1種であるテストステロンが薄毛や抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換するのを阻害する役割が一番大きいです。

DHTによって男性の薄毛は進行していくのですが、DHTに変換されるのを防ぐ効果が期待できるので、薄毛や抜け毛の進行を抑える事に繋がっていくのです。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの効果はAGAの治療・改善を目的としていますが、それに伴い副作用が出てしまう場合もあります。

副作用はデュタステリドに限らず、プロペシアに含まれているフィナステリド成分やミノキシジル成分などにも起こり得ます。

副作用は本来の薬の効果に反して起きてしまう症状なので、どうしても抑える事ができませんが、副作用が出る具合も人それぞれです。

AGA治療薬は比較的副作用が少ないとも言われていますので、特になにもなく服用している方もいます。

あくまでも起こりうる可能性がある症状なので、無視はできませんが気にしていては薄毛・AGAの治療もできませんので、副作用についはある程度把握した上で、体調を気にしつつ服用すると良いでしょう。

【副作用の症例一覧】

・勃起不全・性欲低下・肝機能障害・乳房障害・精液量減少・リビドー減退…etc

など、これらが一般的に報告されている副作用の症例です。

もちろん個人差もありますし、人によっては副作用を感じない事もあるので、必ずしも発症するとは限りませんが、デュタステリドを服用する上では可能性として起こりうると覚えておきましょう。

デュタステリドの注意点

デュタステリドの効果副作用は理解いただけたかと思います。

また、注意点としては、女性・小児・新生児は錠剤に触れないように注意が必要です。

その他、肝機能障害のある人やデュタステリド成分に過敏症・アレルギーのある方も注意が必要です。

この成分はホルモンに作用するので、可能性としては限りなく低いですが、肌に触れるだけでも粉末などが皮膚から吸収されてしまうという可能性もあります。

特に妊娠中の女性などはこの影響を受けやすいので、絶対に触らないようにしましょう。

他のAGA治療薬との違いは?

他のAGA治療薬

他のAGA治療薬との違いは、そこまでハッキリとした違いはありません。

テストステロンがDHTに変換されるのを防ぐ役割なので、AGA治療薬の中でもフィナステリド成分(プロペシア)に近しい効果と言えます。

ただ、ミノキシジル成分に関しては、血管拡張作用がメインとなるので、デュタステリドやフィナステリドとは少し異なる作用ですね。

デュタステリド・フィナステリドはどちらかというと、ホルモンの変換を防いで、薄毛や抜け毛の進行を抑える役割

一方でミノキシジルは血管拡張作用によって髪の毛の成長を促進させる効果が期待できるものです。

なので、これらをうまく組みわせることで、より効果的なAGA治療が実施できる場合もあります。独自の判断では難しい部分もありますので、専門医に相談してみるのも1つの方法です。

どれくらいで効果を実感できる?

効果を実感

どれくらいの期間で?というのは正直に申しますと正式な回答はありません。

やはり薬の効き目には個人差がありますし、AGAの進行具合によっても異なります

ただし、ある程度言える事としては、最低でも3~6ヶ月程度は継続して服用する必要がある。という事です。

1,2ヶ月で効果を実感するのは非常に難しく、AGA専門クリニックで薬を処方される場合でも、だいたいは通院して様子をみたり数ヶ月は様子を見ていく流れなので、自分自身でAGA治療薬を購入して様子を見る場合にも、最低ラインとして3ヶ月、できれば6ヶ月は様子を見たほうが良いでしょう。

人によっては1年ほど継続して服用する事で、ようやく効果を実感できる場合もあります。

より効果を実感するために必要な事

AGAの治療をより効果的に実践するには、日々の生活習慣の改善も大切です。

もちろん、遺伝的な要素もあり得ますが、タバコによって体内の血液の循環が悪くなっていたり、食生活の乱れ、睡眠不足なども髪の毛の成長を悪化させる原因となります。

より効果的にAGAの治療をするのであれば、AGA治療薬の服用を継続しつつ、生活習慣の見直しをして、頭皮に栄養がいきやす体つくりをしていく事が大切です。

せっかくのAGA治療なので、これを機に健康的な生活習慣を送れるように1つずつ改善していきましょう。

デュタステリドを含むAGA治療薬

デュタステリド

デュタステリドを含むAGA治療薬にもいろんな種類がありますが、有名な薬を上げるならばザガーロがあります。

これは、AGAの専門クリニックなどでも処方されているAGA治療薬で、それなりに効果も期待できますし、人によってはザガーロだけで症状が改善してく方もいます。

もう1つはアボタードです。これは個人輸入通販サイトで販売されていますが、海外発のAGA治療薬として、通販でも気軽に購入できるお薬です。

個人輸入通販では気軽にAGA治療薬を購入できるメリットがありますが、稀に偽造品を販売している悪徳業者もいるので、しっかりとした見極めが必要です。

▶ デュタステリドを含むAGA治療薬「アボタード」の商品詳細へ

デュタステリドの効果がなかったら

デュタステリド 効果

という事で、デュタステリドの効果や副作用、AGA治療薬についてはある程度理解できたのではないでしょうか?

しかし、デュタステリドを含むAGA治療薬を服用しても必ずしも効果があるとは限りません

その場合には、他のフィナステリド成分やミノキシジル成分を含むAGA治療薬を服用したり併用する事で、より効果的な薄毛治療ができると思いますので、試してみるのも1つの方法でしょう。

ただし、あくまでも医薬品なので多用したり飲み合わせの悪い薬同士で服用してしまうと体調を悪くしたり、副作用を強く感じてしまう可能性もありますので、十分に注意しておきましょう。

▶ 通販で購入できるAGA治療薬の商品一覧ページへ

諦めずにAGA治療を頑張ろう

いかがでしたか?

AGA治療に効果的とされているデュタステリドは、それなりにAGA治療に効果があり、実際に症状が改善した方もいます。

AGAの治療は薬だけで改善する場合もあれば、改善しない場合もあります。どうしても不安感が拭えない、AGA治療薬だけでは改善しなかったという方は、一度専門のクリニックや医療機関で相談してみると良いかもしれませんね。

▶ 個人輸入通販で大人気のAGA治療薬セットはコチラ!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加