キャピキシルとは?薄毛や抜け毛、AGAに効果があるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャピキシルって最近育毛剤によく含まれている成分だけど、本当に効果があるの?と気になっている方も多いのではないでしょうか?

AGA治療薬やその他の育毛剤にはいろんな成分が含まれていますが、これから育毛剤を使おうと思っている方からすれば、どんな薬を購入すれば良いのか迷ってしまいますよね。

そんな方のために、今回はキャピキシルとはどんな成分か?また、他にはどんな成分があってどのような効き目があるのか?気になる育毛剤の成分について紹介していきます。

キャピキシルとは

キャピキシルとは

まずは、キャピキシルとはどんな成分でどんな効果があるのか?

キャピキシルとはカナダにあるLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した成分で、発毛剤・育毛剤に使用されることが多いです。

医薬品ではなく、化粧品原料として開発されました。

一般的にはまだあまり知られていない成分ですが、その脅威の発毛力から今後はキャピキシルが主流になるのでは?との声もあるほどです。

アセチルテロラペプチドとビオカニンが含まれていて、脱毛の抑止や毛包への働きによって発毛を促進させると言われています。

キャピキシルに対する意見

キャピキシルの主な使用用途としては、髪の毛の成長を促したりする発毛・育毛剤として使用されています。

あくまでも育毛剤として外から髪の毛の成長を促すため、内側からの改善には少し弱いという印象もあります。

キャピキシルの効果はミノキシジルの3倍とも言われているほど、その効果を推奨している情報もありますが、実際には比較してもなかなか判断しにくいという現状があります。

キャピキシルを使用する際には、同時にサプリメントなども併用して、体の内側と外側から同時に改善していく事が大切だと言えます。

ただし、副作用に関してはAGA治療薬にもよく使用されているフィナステリドやミノキシジルよりは少ないとされていますので、効果の有無を問わず、副作用がどうしても気になる方にはオススメかもしれませんね。

薄毛や抜け毛に効果的な成分について

薄毛や抜け毛

という事で、キャピキシルについては少しずつ理解できてきましたでしょうか?

キャピキシルとは非常に優秀な成分であるとは思いますが、それでも薄毛や抜け毛の治療に対して完璧な成分とは断言できません。

男性の薄毛の原因に多いAGA(男性型脱毛症)に有効な成分は他にもあります。

すでにいろいろと情報収集されている方もいるかと思いますが、メジャーな成分としては、当ページでも前述している通り、フィナステリドやミノキシジルなどがあります。

また、キャピキシル同様に、最近聞くようになったピディオキシジルに関しても少し気になったので調べてみました。

という事で、さっそく育毛効果が期待できる成分についてまとめていきましょう。

フィナステリド

まずは言わずとも知れた有名な成分「フィナステリド」です。

フィナステリドは男性ホルモンの1種であるテストステロンがAGAの原因となる、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換させるのを抑える働きがあります。

男性のAGA(男性型脱毛症)に対して脱毛抑止効果が認められ、プロペシアという商品名で販売されています。

フィナステリドに関しては、元々は前立腺肥大の治療薬として認可されていたのですが後の研究で毛髪の成長が見つかり、現代では前立腺肥大の治療薬と言うよりはAGA治療薬というイメージが定着しているのです。ちなみに、前立腺肥大の際の商品名はプロスカーでした。

▶ プロペシア錠をはじめ、フィナステリド成分を含んだAGA治療薬一覧ページへ

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルもフィナステリド同様に、はじめは血管拡張薬として開発された経緯がありますが、後の研究で発毛効果が見られAGA治療薬として定着していきました。

日本ではリアップシリーズにこのミノキシジルが含まれているので、市販の中で育毛剤を使用するならリアップといっても過言ではないかもしれません。

しかし、AGA専門クリニックではリアップシリーズの処方はなく、海外で販売されているロゲインやミノキシジルタブレットなどをメインで取り扱っている事が多いという現状があります。

なので、AGA治療のためにミノキシジルを購入する場合には、個人輸入通販を利用してAGA治療薬を購入する方も非常に多いのです。

また、前述しているフィナステリド成分と併用して服用する事で、単体で服用するより効果的なAGA治療ができるとして、専門クリニックでも同時に処方されることがあります。

もちろん、これらは個人輸入通販サイトでも医薬品として販売されているので多少の副作用を感じる事があるかもしれません。薬を服用する前には必ず注意事項などを確認しておくようにしましょう。

▶ ミノキシジル成分を含んだAGA治療薬一覧ページへ

ピディオキシジル

ピディオキシジルは、まだまだ認知度が低く知らない方の方が多いかもしれません。

ピディオキシジルは、ここ最近で名が知られるようになった成分で、ミノキシジル誘導体などとも言われています。

育毛のために開発された成分で、主に血管拡張作用、毛母細胞の活性化などが期待でき、髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

一説では、ミノキシジルよりも効果的で副作用が少ないとして非常に高い評価をしている情報サイトもありますが、医療機関でも使用されていない事から、まだまだ発展途中の成分ともいえるでしょう。

ピディオキシジルに関しては、現時点でも発毛効果が認められたという意見もありますが、今後に期待してみたい成分として紹介させて頂きました。

なぜ、AGAの治療に効果的なのか?

AGAの治療

というわけで、薄毛や抜け毛に効果的な成分について有名どころを紹介させて頂きましたが、皆さんもご存知でしたでしょうか?

フィナステリド・ミノキシジルはだいたいの方が知っているかと思いますが、キャピキシルとピディオキシジルについては知らない方も多かったのではないでしょうか。

では、なぜこれらの成分が育毛や発毛に効果的なのか?

それは、これらの成分の作用に秘密があります。そもそも薄毛や抜け毛の原因は遺伝的なもの少なからずありますが、食生活・生活習慣の乱れ、タバコ、ヘアアレンジなどいろんな要素が関わっています。

頭皮環境が整っていないと毛穴に皮脂が詰まったりしてうまく髪の毛の成長を促すことができなかったり、AGAを発症する事もあります。

これに対して有効な成分を含む育毛剤や内服薬を服用する事で、頭皮に流れる血液を促進したり、髪の毛の成長を促す事で、今まで停滞していた髪の毛の成長を改めて促進させる事が期待できるというわけなのです。

AGA治療薬の副作用は?

最後に、AGA治療薬の副作用について簡単に紹介しておきましょう。

AGA治療薬には少なからず副作用があると言われています。しかし、プロペシア錠などは比較的副作用も少ないと言われ、専門クリニックで処方されていることから、ある程度の安全性は認められいると思っておいても良いでしょう。

ただし、市販のものは一般医薬品として副作用はあまりないものが多いですが、医薬品として販売しているものにはしっかりと注意書きや副作用に関するリスクなども記載されているので、服用前には必ず確認するようにしてくださいね。

髪の毛の成長も大切ですが、なにより大切なのは自分の身体ですから。

AGA治療は早い方が良い

AGA治療

という事で、キャピキシルとはどんな成分か?また、その他の薄毛に効果的な成分についてもだいぶ理解できたのではないでしょうか?

薄毛の治療は安全且つ効果的な方法を実践する事が大切ですが、もしかるすと皆さんの薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)ではないかもしれません。

AGA以外の事が原因の場合にはAGA治療薬では改善が難しいので、発毛外来などの専門機関で相談してみる事をオススメします。

▶ 薬で薄毛を改善するなら人気のAGA治療薬セット!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加