育毛剤情報!ビタミンって髪の毛に必要?気になるハゲ対策情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛に悩んでいる男性・女性の皆さん。

育毛剤を購入するときにどんな事に注意して購入していますか?

価格・成分・販売元など人によって見るポイントは異なると思いますが、本気で薄毛治療をしたいのであれば、気を付けるべきポイントとして有効成分があげられます。

どんな成分が含まれているかが髪の毛の成長には欠かせません

という事で、ここでは育毛効果のある成分に関する情報を紹介したいと思います。

ビタミンって育毛に関係ある?

ビタミン 育毛

特に今回注意してみていきたいのがビタミンです。

育毛剤にもビタミンが含まれていることが多いのですが、
本当にビタミンって髪の毛の成長に必要なの?
ビタミンが含まれていないと育毛効果がない?

と思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

結論を申しますと、ビタミンは髪の毛の成長には必要な成分と言えます

髪の毛の成長を促すには、頭皮の環境を整えたり、頭皮に流れる血液の循環を良くする必要があります。

ビタミンにもいろんな種類があり、それぞれ異なる役割を果たし、髪の毛の成長にも必要な成分であると言えるでしょう。

ビタミンの役割を調べてみた

という事で、さっそくビタミンの役割を調べてみました。

ビタミンにはビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEと別れますが、それぞれに役割があり、体に必要な栄養素でもありますので、薄毛や抜け毛を少しでも改善したいと思っているのであれば、少しでも参考にしてみましょう。

ビタミンA

ビタミン

ビタミンAは頭皮を健康に保ったり、髪の毛の健康を維持するのに効果的とされている成分の1つですが、過剰摂取してしまうと逆効果になってしまう恐れがあります。

ビタミンAは適度に摂取する事が大切で、摂りすぎてしまうと頭皮が乾燥したり、逆に脱毛を早めてしまう恐れもあると言われているのです。

ビタミンAを多く含んだ食べ物として、バター・牛乳・チーズ・レバー・ウナギ・卵などがありますが、程よく適度に摂取するようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB群といっても細かく分けると「ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン」などがあります。

この中で比較的、髪の毛に必要な成分として、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチンなどがあります。

これらの成分は、髪の毛を健康に保つ役割や、髪の毛に必要な成分でもあるたんぱく質の生成を促す作用があるので、欠かせない成分です。

主にレバー・サバ・アボカド・納豆などに多く含まれている成分です。

ビタミンC

ビタミンCは市販で売っているビタミン剤やサプリメントなどにもよく含まれている成分の1つで、コラーゲンを生成するのに適した成分でもあります。

主に美容や健康に必要な成分としており、髪の毛の健康や頭皮の健康を維持するのにも有効だとされています。

ビタミンCを含む食べ物としては、レモン・ライム・トマト・アセロラ・ほうれん草・ジャガイモなどがあります。

ビタミンE

ビタミンEは、血液の流れを促進する作用が期待できる成分の1つです。

髪の毛の成長を促すには、頭皮にしっかりと血液を流し込み、栄養を与える事が大切です。

ビタミンCと同時に摂取すると効果的とされていて、髪の毛の成長にも効果が期待でき、血管の保護や掃除をする役割が期待できます。

ビタミンEを含む食べ物としては、アーモンド・大豆・いくら・たらこ・マヨネーズなどがあります。

育毛にもたらすビタミンの効果

ビタミンの効果

という事で、ビタミンそれぞれの役割を簡単にまとめさせて頂きましたが、少なからず髪の毛の成長には必要だという事がわかりました。

しかし、過剰摂取し過ぎると逆効果になってしまう恐れもありますので、その点は十分に注意しておきましょう。

また、市販や通販で販売している育毛剤にもビタミンを含んでいる製品がたくさんありますが、ビタミンを含んでいるからと言って必ずしも髪の毛が生えるというわけではありません。

育毛剤を購入するときに、ビタミンが含まれているものを選べば育毛効果が期待できる!と勘違いしないほうが良いです。

決して、ビタミンだけで薄毛や抜け毛が改善するわけではありませんので、その点は十分に注意しておきましょう。育毛剤を購入する際にも必要以上にビタミンにこだわらないことです。

東国原さんが使った噂のビタブリッドC

少し話がそれますが、そういえばタレントや政界でも活躍している東国原(そのまんま東)さんがビタミンを有する育毛剤を使ったとか使っていないとか、そういった話が話題になった時期がありました。

その商品名が「ビタブリッドC」で、ビタミンCを豊富に含んでいる育毛剤?として話題になっていたかと思います。

ビフォーアフターの写真がネットに出回るなど、情報があやふやな部分もありましたが、結論として、ビダブリッドCでは育毛効果が得られないようです。

こうした、誇大広告的な育毛剤もたくさんあり、「髪の毛が生えますよ」「育毛効果がバッチリ」などといった怪しい表示もいろいろと見かけますので、注意しておきましょう。

ビタミンよりも効果的な成分

効果的な成分

という事で、話を戻していきましょう。

ビタミンがある程度髪の毛の成長を促すのに必要だという事はわかりましたが、実際に育毛剤を購入する時にはどんな成分が含まれているものが良いのか?これが一番気になるところだと思います。

当サイトでもいろんな育毛剤の情報を調べたり、AGA治療薬を取り扱っていますが、まずは薄毛や抜け毛の原因をしっかりと把握してから治療する事が大切です。

円形脱毛症に対して、育毛剤を使用しても効果的とは言えませんし、同じように円形脱毛症にAGA治療薬を服用しても効果は期待できません。

もし、皆さんの薄毛や抜け毛の原因が男性型脱毛症や女性男性型脱毛症などの場合には、AGA治療薬に含まれているフィナステリド成分ミノキシジル成分が有効です。

これらの成分は医学的根拠のある成分として、血管を拡張して育毛を促進する作用や、進行型の脱毛症による薄毛の進行を抑える効果が期待できるとされています。

市販の育毛剤などにはビタミンをはじめ、多くの天然成分が含まれいていますが、あくまでも健康をサポートしたり、栄養を補うための成分が多いので、直接的に髪の毛の成長には繋がらないのです。

なので、研究データとして、発毛効果が期待できるフィナステリドやミノキシジル成分を含んだAGA治療薬が有効だと言えます。

もちろん、必ずしも髪の毛が生えるとは断言できません。人によって生えるペースも異なりますのでその点は十分に理解した上で、育毛剤を使用するようにしましょう。

▶ フィナステリド&ミノキシジル成分を含む育毛剤はコチラ。

本気でハゲ対策したいならAGA治療薬

AGA治療薬

という事で、当サイトではフィナステリド成分やミノキシジル成分を含んだ育毛剤としてAGA治療薬を推奨しています

薄毛や抜け毛にもいろんな原因や種類がありますが、そのほとんどの方が発症しているとされているのが、進行型の脱毛症です。

それに対して効果的な育毛剤がAGA治療薬であり、フィナステリド成分やミノキシジル成分を含んでいるので、適していると言えるのです。

AGA専門クリニックでもこれらの成分を含んだ育毛剤が処方されることもありますし、市販で言えば、リアップシリーズなどはミノキシジル成分を含んでいるので、比較的効果的な育毛剤と言えるでしょう。

育毛剤1つ購入するだけでも、これらの事を踏まえてできる限り失敗しない育毛剤選びができるようにしておきましょう。育毛剤は継続的に使用しなければなりませんし、それなりにコストがかかるものですので、いかに効果的なものを安全に購入するかが大切です。

ぜひ、ここまでの情報を参考にして効果的な育毛剤を選べる知識を身に着けていきましょう。もちろん、ビタミンも必要ではありますので、育毛剤に含まれているビタミンを期待するのではなく、毎日の食生活でビタミンを摂取するように意識してみると良いですね。

▶ 今すぐ始められるAGA治療薬での薄毛・抜け毛対策!

▶ 通販サイトで購入できるAGA治療薬の商品一覧ページへ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加