AGA治療薬の副作用は危険?薄毛や抜け毛を安全に治療する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAとは男性型脱毛症の事で、前頭部や頭頂部から徐々に薄毛や抜け毛進行していく脱毛症の事を言います。

ここでは、そんなAGAの治療に最適なAGA治療薬に関する内容をまとめています。

20代から薄毛が進行してきた。30代、40代になって髪の毛のボリュームが減っていることに気づいたという方のためになる情報を紹介しますので、ぜひご参照ください。

そもそもAGA治療薬って?

そもそもAGA治療薬ってなに?

冒頭でも述べている通り、AGA(男性型脱毛症)を治療するためのお薬です。

薄毛や抜け毛にもいろんなタイプがあり、人によって進行速度は異なります。AGAは基本的に進行していくタイプの脱毛症で、放置し過ぎてしまうと気が付けば髪の毛がだいぶ減っているなんてこともありますので、早めに治療するのが好ましいです。

そこで使用するのがAGA治療薬で、服用するタイプで簡単に使用できる育毛剤・発毛剤として人気があります。

AGA治療薬の副作用について

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬を服用したことのある方も、これから服用しようと思っている方も、誰しもが気になるのがAGA治療薬の副作用についてです。

やはり薬を服用する上で、副作用が出る可能性はありますし、人によっては副作用を強く感じてしまい、辛い思いをしたという方もいます。

AGA治療薬も同様に、副作用を気にする方が非常に多いので、ここではAGA治療薬の副作用に関する情報もお届けしたいと思います。

という事で、AGA治療薬の副作用に関してですが、結論から申しますとAGA治療薬を服用したことで起こる副作用はほとんどありません

ネット上でもいろんな情報があり、副作用を心配したり、育毛剤・発毛剤では効果がないなど、信憑性の低い情報がたくさんあります。

まず、AGA治療薬に関しては、副作用がほとんど出ないお薬として、安全性も高く、専門のクリニックなどでも処方される事があり、安全性に関しては問題ないと言えるでしょう。

ただし、必ずしも副作用がでないというと嘘になってしまいます。やはり薬には少なからず副作用が出る恐れはありますので、その点は事前に把握しておくと良いでしょう。

AGA治療薬は副作用がほとんど出ない

という事で、AGA治療薬に関する副作用はほとんど出ないと言えますが、少なからず出る可能性があるとも言えるので、結局のところあいまいな表現となってしまい、使用する方からすれば不安がぬぐえないといったところでしょう。

そんな方のために、少しでも副作用が出るリスクを軽減する方法を簡単に紹介しておきたいと思います。

どうしても副作用が気になるけど、薄毛や抜け毛が進行しているのでAGA治療薬を服用したいという方は、以下にまとめた注意点を、ぜひ参考にしてみてください。

AGA治療薬(プロペシア錠参照)の注意点

・AGA治療薬は、用量・用法を守って正しく服用する。

・女性の服用は禁止。

・高齢者の服用に関しては有効性が確立していない。

・肝臓の悪い男性は、服用するとリスクが出る。

・妊娠中の女性は錠剤に触れる事もNG。

・飲み合わせの悪い併用禁忌薬に注意。

AGA治療薬(プロペシア錠参照)の副作用

・性機能の低下

・勃起機能不全、射精障害

・精液量減少、リビドー減退

・だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹…etc

考えられる副作用としては上記の通りです。

フィナステリド成分を有するプロペシア錠を参考にしていますので、この副作用の限りではありません。医薬品の種類によって異なります。

AGA治療薬で人気のプロペシアって?

プロペシア

AGA治療薬の副作用については少しずつ理解できてきましたか?

基本的には副作用が少ないとされていますが、多少なり副作用を感じる可能性がありますので、何度も申し上げますが、その点は事前に把握して服用するようにしましょう。

どうしても不安な方は、専門クリニックなどで詳しい情報を聞いてみる事を推奨します。

さて、話は変わりますが、AGA治療薬の中でも圧倒的な知名度を誇る薬としてプロペシア錠があります。

プロペシア錠は有効成分にフィナステリド成分を含むAGA治療薬で、日本だけでなく世界中のAGA治療薬に含まれている成分を有する人気のお薬です。

このプロペシア錠は、AGA治療薬としても非常に有能なもので、現在では数多くのジェネリック品が販売されています。日本では、専門クリニックでプロペシア錠を処方してもらえたり、その他ジェネリック品に関しては個人輸入を利用して購入する事ができます

▶ 有名なAGA治療薬「プロペシア錠」の商品詳細へ

より安全にAGA治療薬で育毛するには

AGA治療薬を安全に服用するには、事前に薬に関する注意事項や併用禁忌薬を確認しておくことが大切です。

例えば、持病で薬を飲んでいる場合、その薬とAGA治療薬の相性が悪く、薬同士の成分がかみ合わないことで、体調を悪くしてしまう可能性があります。

なので持病を患っていてAGA治療薬を服用したい場合には、かかりつけの医師に事前確認しておきましょう。

また、どんなお薬にも言える事ですが、薬の用量・用法は必ず守って正しく服用しましょう。

AGA治療薬は3ヶ月~半年、人によっては1年ほど継続して服用することで徐々に効果て出始めます。1,2ヶ月ですぐに発毛できるというものではありません。すぐに効果が出ないからと言って、1日の服用量を増やしたりすると体調を悪くしたり、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性もありますので、安易な考えで多用しないようにしましょう。

薬の有効成分をしっかりと理解しよう

薬の有効成分

AGA治療薬には主に代表的な2つの成分があります。

1つは前項でも紹介したプロペシア錠に含まれているフィナステリド成分。もう1つはミノキシジル成分です。

この2つはAGAの治療にも効果的な成分として知られていて、数多くのAGA治療薬に配合されています。

主な違いとしては、フィナステリド成分は男性型脱毛症の進行を抑える役割として服用し、ミノキシジル成分は髪の毛の成長を促す役割として服用していきます。

基本的にはどちらかの成分を有するAGA治療薬を継続して服用すれば、AGAの進行を抑える効果は期待できますが、場合によっては併用して使用する事もあります。併用に関しては、「効果的だった」「あまり変わらなかった」という意見があり、必ずしも効果が高まるとは断言できませんが、より効果的なAGA治療を行う手段の1つとして考える事ができます。

▶ フィナステリド成分を含むAGA治療薬一覧ページへ

▶ ミノキシジル成分を含むAGA治療薬一覧ページへ

CMで見かけるリアップやスカルプDとの違い

テレビやCMでもよく見かけるリアップスカルプDとAGA治療薬はどのように違うのか?

これは意外と気になっている方が多い印象があります。

結論から申しますと、リアップにはミノキシジル成分が含まれているので、AGA治療薬と近しいものと理解しておいても良いでしょう。

一方で、スカルプD関しては、AGA治療薬とは異なります。

スカルプDは頭皮の環境を整える役割がメインです。頭皮の環境を整えることで髪の毛の発育を改善したり、毛穴の詰まりを改善したりという効果が期待できるもので、直接的な発毛・育毛効果は期待できないと思っておいて良いでしょう。

薄毛や抜け毛の治療はお早めに!

薄毛や抜け毛の治療

AGA治療薬の副作用や有効成分、その他注意事項や気になる点などはわかりましたか?

もちろん、ここで紹介しているAGA治療薬の情報がすべてではありません。プロペシア以外にもいろんなAGA治療薬があり、フィナステリドやミノキシジル以外の成分を含んでいる場合もあります。

ただ、現時点でAGAの治療に有効な薬として、プロペシア錠を含むAGA治療薬がありますので、薄毛や抜け毛気になっている方は、まずはAGA治療薬を試してみてはいかがでしょうか?

専門クリニックでも説明をしてくれると思いますので、ネットの情報がイマイチ信用できないという方は、クリニックで診察してもらったりするのがベストだと思います。

いずれにせよ、薄毛や抜け毛は進行していきますので早めに対策を実施していきましょう。

▶ 通販で大人気!【AGA克服】育毛最強セット

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加