勃起力を改善させる7つの方法!これでセックスにも自信がつく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性はペニスの大きさや太さ、勃起力が一種のステータスにもなっています。

女性としても短小な男性よりは立派なペニスを持った男性に惹かれてしまうという事が多いです。もちろんペニスの大きさを気にせず人柄を重視する女性もいますが、男としては女性を満足させてあげたいのが本音ですよね?

という事で、勃起力を改善させるトレーニングやその他のED改善方法を紹介していきます。

勃起力を改善する方法はある?

ED改善方法

そもそも勃起力を改善させる方法なんてあるのでしょうか?

男性としては非常に魅力的な情報ではありますが、少し疑ってしまう部分もあるのではないでしょうか?

結論を申しますと勃起力を改善させるための方法はいくつかあります。

ただし、どんな効果的な方法でも必ずというのは断言できませんので、その点をご理解いただいた上で参考にしてみてください。

これから紹介する勃起力の改善方法を実践して、実際に勃起力が上がった、ペニスの硬さが維持できるようになったという方もいますので、現在、EDに悩んでいる男性や、以前より勃起力が低下してしまったと実感している男性は1つずつ実践してみる事をオススメします。

勃起力が低下する原因や理由

勃起力の改善方法を紹介する前に、まずは勃起力が低下してしまう原因を知っておきましょう。

勃起力が低下する原因にもいくつかの理由が考えられ、人によって原因も異なります。まずは自分自身の勃起力がどのような原因で低下しているのかを考えてみる事も大切なので、さっそくまとめていきたいと思います。

・老いによる勃起力の低下。

・療養による薬の副作用によってEDになる。

・疲労感、ストレスの蓄積でペニスが起たなくなる。

・間違ったオナニーのやり過ぎ。

主に上記のような原因が考えられます。勃起力の低下、すなわちED(勃起不全)には、精神的なことが原因である心因性の勃起不全や神経や血管の衰えや異常による器質性の勃起不全などがあります。

精神的な部分に関しては、過去のトラウマ、緊張感などが原因でもありますので、まずは心を落ち着かせてセックスできるようにする事も大切です。

また、器質性の場合には年齢による身体機能の衰えや変なオナニー(自慰行為)を継続したことによって勃起作用がうまく機能しないという事も考えられますので、皆さんがどのような事が原因で勃起力を低下させているのかを把握するようにしましょう。

勃起力を改善する7つの方法

勃起力 改善

という事で、さっそく勃起力を改善させる方法を紹介していきたいと思います。

勃起力低下、勃起不全の原因は人によって異なりますが、改善方法に関してはどの男性にも当てはまる部分が多いので、1つずつしっかりと対策していくと良いでしょう。

スクワットでトレーニング

スクワットでトレーニングをする方法は、意外と多くの男性が知っている一般的な勃起力改善トレーニングかもしれませんね。

スクワットで太ももや大殿筋などを鍛える事で、勃起力に必要な筋肉を高める効果が期待できます。ペニスの勃起は陰茎だけの作用で起きるのではなく、周辺の筋肉や神経、血管なども関わってきます。特にスクワットは下半身全体を鍛える効果が期待できますのでオススメです。

~スクワットをする際のポイント~

・足の裏をしっかりと地面につける。

・背筋をしっかりと伸ばして背筋を良くする。

・腕の位置は後頭部か、前で交差しておく。

・腰を落とす時には息を吸いながら太ももと地面を並行にして行う。

・腰を上げるときは息を吐きながら行う。

※10回を1セットにしてこれを3回ほど繰り返す(毎日)

肛門運動でPC筋BC筋トレーニング

肛門の運動で鍛える方法もあります。

勃起不全や中折れ対策のトレーニングとしてもよく紹介されていますが、PC筋・BC筋と呼ばれる部分を鍛えて勃起力を高める方法です。

PC筋やBC筋は放尿時にも使用されている筋肉で、鍛える事によって勃起力の維持できる力や、射精のタイミングをコントロールしやすくなり、中折れしにくくなるとも言われています。

方法は簡単で、「肛門に力を入れた状態で5秒間維持、力を緩めて5秒間維持」これを繰り返すだけです。

平均的にはこれを10回繰り返して1セットと考え、1日に4セットほど実践すると良いでしょう。

股関節を柔軟にするストレッチ

股関節を鍛える(ストレッチ)方法も効果的とされています。

股関節はストレッチをしないと徐々に硬くなってしまいます。股関節のストレッチによって内側・外側の双方から股関節を和らげ、下半身に流れる血液の循環を良くする効果が期待できます。

これにより陰茎へも血液が流れやすくなり、自然に勃起するのに好ましい状態へとなっていきます。無理にストレッチするのではなく、適度に多少の痛みを感じる程度でストレッチしていきましょう。

トレーニングが辛い場合は適度な運動

トレーニングが続かない場合には軽く運動をするだけでも十分です。

できることなら、スクワット、股関節ストレッチ、肛門運動などを実践したほうが効率的に勃起力を改善する効果は期待できますが、適度な運動でも少なからず効果は期待できるので、まずは自分が飽きずに継続して行える運動を実践するようにしましょう。

ウォーキングやランニングでも下半身は鍛えられますので、毎日少しずつ歩いたり走ったりしてみましょう。

食生活の乱れを改善

食生活の改善も勃起力を高めるには効果的です。

乱れた食生活や偏った食生活では、血液の循環も悪くなり、勃起作用だけでなく健康的にも良くありません

勃起不全は薬の副作用による事が原因でも発症しますので、EDに関わらず不健康な食生活から他の病気を発症してしまい、それに対する薬を服用したことの副作用でEDになるというパターンもあるので注意しておきましょう。

生活習慣の乱れを改善

生活習慣の改善も大切です。

タバコ、お酒にどっぷりハマっている方は特に注意が必要です。タバコは血行の循環を悪くしてしまので、EDへの可能性も高まります。

よく「メンソールのタバコを吸うとインポになる」と聞きますが、メンソールに限らずタバコそのものが血液の循環を悪くする原因となりますので、気を付けましょう。

ストレス・疲労を緩和する

ストレスや疲労を減らす事でも勃起力改善には効果的です。

疲労がたまってしまうと勃起力も万全に機能しなくなってしまいます。男性なら経験があると思いますが、極端に疲れている時は性欲も出ずに、今すぐにでも寝たいという気持ちが勝ると思います。

精力を高めて勃起力を向上させるには、十分な睡眠も必要ですし、できる限りストレスを溜めないように適度に発散させるようにしましょう。

もし、どれを実践しても改善しない場合には

ED改善しない

という事で、勃起力の改善に効果的な方法を7つほど紹介させて頂きましたが、どれを実践してもイマイチ効果が出ないという場合もあります。

そんなときにオススメなのがED治療薬です。

結局、薬に頼ってしまうのか。と思ってしまうかもしれませんが、いざセックスするときに肝心の勃起力が得られなかった場合、それがトラウマになってしまったり、精神的なEDの原因にもなりかねません。

まずはセックスに対して自信をつけるためには、薬を服用してでも一時的に勃起力を改善させて、満足のできるセックスを行えるという自信をつける事が大切なのです。

勃起力改善にオススメのED治療薬

セックスから逃げずに立ち向かえ!

いかがでしたか?

皆さんの勃起力が低下している原因、それに対する改善方法はわかりましたか?

直ぐにでも実践できるものがほとんどですので、まずは自分自身が気軽にスタートできることから始めてみましょう。

また、上記で紹介した7つの方法は即効性のある改善策ではありませんので、即効性を求めるのであればED治療薬で勃起力を手に入れましょう。

▶ 【お買い得】ED治療薬ジェネリックお試しセット
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加