精力剤の成分を調査!マカ、クラチャイダムなどの実態に迫まる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の精力アップ勃起力向上に効果的とされている精力剤の成分について調査してみました。

精力剤にはいろんな種類があり、それぞれの精力剤によって含まれている成分が異なります。

それら精力剤に含まれている成分にはどんな作用や効能があるのか?気になる成分についてまとめていますので、精力剤を購入しようと思っている方や成分の効果効能について知りたい方は参考にしてみてください。

精力剤に良く含まれる一般成分

精力剤 成分

精力剤を調べてみるといろんな成分が含まれています。一般的な成分もあれば、医薬品成分もあります。

まずは、一般的な成分の中でもメジャーな成分であるマカ・クラチャイダム・シトルリン・アルギニン・亜鉛についてまとめていますので、参考にしてみてください。

マカ

まずはマカという成分についてです。

マカは多くの精力剤に含まれていて、今ではだいぶ認知度も高まり精力剤と言えばマカというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

マカは南米のペルーに植生しているアブラナ科の多年生植物です。根の部分は薬用ハーブなどにも使用されています。

マカにはアミノ酸・ミネラル・パルミチン酸・オレイン酸など、いろんな成分が含まれていて栄養価も高く、疲労がたまっている時などにオススメの成分です。

精力剤にもよく含まれており、男性の場合には性欲増加・勃起力改善・精力アップ、女性の場合には生理不順・疲労回復などにも効果的と言われています。しかしながら、それらに対して必ずしも効果が出るという研究結果はないのです。

クラチャイダム

クラチャイダムは、近年、男性用の精力剤に使用されている成分として認知度が高まってきています。

タイを原産としているショウガ科の多年草で、日本ではブラックジンジャーなどとも呼ばれています。

滋養強壮・疲労回復・精力増強などに効果的と言われていますが、ここ最近では美容効果や肥満の解消にも良いとされ、いろんなサプリメントに含まれている成分です。

シトルリン

シトルリンも精力剤に含まれている成分の1つですが、精力剤以外にもいろんなサプリや健康食品に含まれています。

シトルリンはスーパーアミノ酸とも言われていて、血流の改善や血管の拡張などに効果的とされています。

男性の勃起には血液の循環なども関わっているため、精力増強や勃起力向上に対して効果的とされています。アミノ酸の1種で、男性だけでなく女性の場合にはむくみ改善などにも良好だとされています。

アルギニン

アルギニンも精力剤に含まれている成分の1つです。

アルギニンはアミノ酸の1種で、ホルモンバランスの調整、免疫力向上、血行改善などの効果が期待でき、ペニス増強にも効果的な細胞増殖や血行促進作用が期待できる成分です。

肉類・大豆・アーモンドなどに多く含まれているので、サプリで摂取しなくてもこれらの食べ物を積極的に摂取することで、体の調子を整える効果が期待できます。

精力剤としての効果は勃起不全の改善や精子の量を増やすなどの効果も期待されていますが、確証はありません。

亜鉛

亜鉛(あえん)は、精力剤にもよく含まれていますが、成分ではなく物質の1つです。

精力剤に含まれている場合には、亜鉛を含むその他の成分や食材・原料などが配合されていることが多く、単に亜鉛を含んでいますというサプリメントはほとんどないでしょう。

体内の亜鉛が不足すると免疫力が低下したり、精神障害、勃起不全などにもなりやすいので、それらを改善するためにも亜鉛をしっかりと摂取しておく必要があります。

サプリメントで摂取する場合には、過剰摂取には注意しておきましょう。

精力剤よりオススメ?男性用の勃起薬

精力剤に含まれる医薬品成分

医薬品成分

精力剤には医薬品成分を含んでいる商品もあります。

医薬品成分に関しては、一般成分よりも効果はあるとされていますが、必ずしも効果があるとも限りません。

しかし、医薬品というだけでもサプリメントなどよりは効果期待できるという部分もありますので、成分についてしっかりと理解を深めて、できる限り効果的な医薬品成分を含む精力剤を選ぶようにしてみると良いでしょう。

メチルテストステロン

メチルテストステロンは、男性ホルモンを補うためのものです。

医薬品成分なので、健康補助食品・栄養補助食品などのサプリメントには配合されていません。

主な使用用途としては、男性の更年期障害や勃起機能向上、精子形成などに対して効果的な医薬品に含まれることが多いです。医薬品としては第一類医薬品とされています。

男性にはテストステロンというホルモンがありますが、このホルモンが低下した際などに精力が低下してしまったり、勃起機能の衰え、薄毛や抜け毛が発症してきます。その際にこのメチルテストステロンを摂取する事でED治療や性欲減退を解消する効果が期待できると言われています。

しかし、あくまでも医薬品に含まれている成分なので、多用・乱用には注意してできる限り専門医の指示に従って摂取するようにしましょう。

タウリン

タウリンは栄養ドリンクなどによく含まれている成分で、滋養強壮や疲労回復などに効果的とされています。

医薬品の部類になるのでサプリメントなどには含まれておらず、主に肝機能を高めるために服用する事が多いです。

稀に精力アップ効果のある錠剤や飲料剤に含まれていることもありますが、ED治療や精力増強に対しての研究結果は特にありません。

その他、精力剤によくある成分

その他成分

一般的な成分と医薬品成分についてはある程度ご理解いただけたかと思いますが、その他にも精力剤にはいろんな成分が含まれています。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、日本国内外で販売されている精力剤に含まれているその他の成分の代表的なものを紹介させて頂きます。

オットセイ

オットセイは一部の精力剤に含まれている成分で、最近ではあまり見かけませんが、カロペプタイドという成分を含んでいます。

末梢血管を拡張させる作用があり、その働きによって陰茎の勃起を促すことが期待できます。

即効性が高く、精力減退における初期症状に最適とされていますが、実際のところは不明確な部分でもあります。

マムシ

マムシは血行促進、滋養強壮効果があるとして、精力剤に含まれることがあります。

タウリン、メチオニン、チロシン、グルタミン酸などの成分を含んでいるのが特徴で、マムシの内臓を取り除いて黒焼きにしたものを漢方生薬として販売している事もあります。

スッポン

スッポンは亜鉛、鉄、カリウム、、セレン、リン、マンガンなどミネラル類をたくさん含んでいるのが特徴で、疲労回復や滋養強壮効果が期待できるとされています。

男性の間でも精力をつける時にはすっぽん鍋を食べると良いなどのような迷信もあり、確実な効果は断言できませんが、ある程度その実用性を認めても良いかもしれません。

精力剤で失敗しても諦めるな

精力剤で失敗

さて、長くなってしまいましたが、これらの成分が市販や通販で販売されている精力剤に含まれている成分の代表的なものです。

もちろん、これら以外にもいろんな成分や物質が含まれていることがありますが、どの精力剤を購入するかの判断は、これらのような成分の効果効能を選んでみるのも判断材料の1つとなります。

また、精力剤で効果が得られない、効き目が弱いという方には、医薬品がオススメです。精力剤のほとんどはサプリメントなどの栄養補助食品として販売されていますが、医薬品の方が効果的という意見も実際に多く、男性のED治療薬などは医薬品の部類になります。

精力剤に失敗した場合には、男性用の勃起薬・ED治療薬を試してみると良いでしょう。

▶ 【安心日本語】ED治療薬ジェネリックお試しセット

▶ 【早漏改善】ED治療薬お試しセット

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加