遅漏はモテない?遅漏を改善・克服したい男子必見のお薬情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅漏男子の皆さん、今までセックスで悩んできたことはありませんか?

早漏よりも遅漏の方が女性を満足させるには良いという意見もありますが、女性からすれば、膣内が擦れて痛い、あまりにも長時間のセックスは疲れるといった意見もチラホラあります。

性行為は互いの気持ちを尊重して、充実したものにするのが好ましいので、男性の独りよがりで行っても仕方ありません。

場合によっては遅漏で嫌われてしまう場合もありますので、本気で遅漏に悩んでいる方は少なからず早く射精できるようにしていく事も考えてみましょう。

ここでは、遅漏の原因や遅漏の改善方法をまとめて紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

なぜ、遅漏になるのか

遅漏原因

男性の性行為時における悩みの1つに遅漏があります。

遅漏になる原因としてオナニーのやり過ぎや脊髄損傷、多発性硬化症、骨盤内の外科手術、糖尿病、アルコール中毒などいろんな原因が考えられますが、その他にも精神的な問題などから遅漏になってしまうケースもあります。

神経の伝達がうまく機能していない、感覚が麻痺したり低下することで射精までの時間をうまくコントロールできていない可能性もあります。

一概に遅漏といってもさまざまな原因が考えられますので、その点を理解してしっかりと改善するようにしましょう。

遅漏にもいろんな原因がある

という事で簡単に遅漏の原因を紹介させて頂きましたが、本気で遅漏に悩んでいる方の為にももう少し掘り下げて遅漏の原因を紹介していきたいと思います。

意外なところに遅漏の原因がある可能性もあり、ご自身では気づいていない可能性もありますので、参考にしてみましょう。

身体的な原因

・手術や外傷などで神経が傷ついてしまう。

・泌尿器系の感染症を患ってしまう。

・糖尿病、脳卒中、脊髄疾患などの病気。

・男性ホルモンであるテストステロンが極端に低い。

・前立腺や男性器に関わる部分の手術などによるもの…etc

心因的な原因

・ストレスが多い環境下にある。

・うつ病などの精神的な病にかかっている。

・性行為に対してのトラウマがある。

・実際のセックスが性行為に対するイメージ・想像と異なる。

・パートナーに対しての興奮感が弱い…etc

薬による原因

・お酒(アルコール)の過剰摂取。

・抗うつ薬や抗不安薬などを服用している。

・精神的な病気の薬を服用。

・降圧薬、利尿薬を使用している…etc

その他の原因

・年齢、加齢によるもの。

・男性機能に関わる手術経歴。

・パートナーとの関係性。

・薬物使用によるもの…etc

遅漏はどうやって診断する?

遅漏 診断

遅漏の原因についてはだいぶ理解が深まったのではないでしょうか?

過去の手術や精神的な部分、ストレスなど、本人が思い当たらない事が遅漏の原因となっている場合もありますが、だいたいは精神的な問題や加齢などが多く、それを改善するには、できる事を1つずつ実施していくしかありません。

また、自分で遅漏かどうかの判断ができない場合もありますので、その場合には今後の事も考えて、専門のクリニックなどで診断してもらう事も大切です。

遅漏や早漏、EDなど男性のセックスにおける悩みはなかなか人には話しにくい内容です。しかし、しっかりと打ち明けなければ根本から改善していくのが難しいのも事実です。

例えば、オナニーのやり方、AV(アダルトビデオ)でしか射精できない、パートナーの性癖が自分と合っていないなどいろんな理由が考えられますが、これを人に打ち明けるのが難しい時もあります。

ですが、このままでは遅漏の改善を行っていくのも難しいので、診断する際にはまずはこれらのことをしっかりと相談して1つずつ改善していくように心がけていきましょう。

遅漏とオーガズムについて

遅漏とオーガズム

遅漏はここまでの内容でも説明してきましたが、通常の方より射精に達するまでの時間がかかってしまう事で、自分の意思で射精ができなかったり、過度の刺激がないと射精できない状態にある事を言います。

一方でオーガズムに関しては、射精しなくても起こる事があります。

イメージとしては、男性は射精する際にオーガズムに達するイメージがありますが、オーガズムは脳の働きによって起こるもので、射精は前立腺や尿道、骨盤の筋肉などが関わって排出されていきます。

なので、射精しなくてもオーガズムに達する事はありますし、似て異なる部分というわけなのです。

少しわかりにくいかもしれませんが、射精は男性器や身体機能的な問題、オーガズムは脳によるものと考えておけば良いでしょう。

遅漏の改善方法とはあまり関係ない余談ですが、これらのメカニズムも予備知識として覚えておきましょう。

自慰行為のリスクや注意点

自慰行為は男性でも女性でもすることがあります。

男性の方が実際に自慰行為をするイメージが強かったり、性欲を発散させるためにも定期的にしたほうが良い事でもあります。

ただし、やり過ぎには注意が必要ということです。

自慰行為はAVを見たり、イメージ・想像力・妄想力を膨らませて興奮感を高めたり、ペニスへの刺激を強めたりと人によってやり方はさまざまです。

これらを行う中で妄想やイメージ、刺激が徐々に強くなってしまい、実際に女性とセックスした時に、刺激が足りなくなってしまったり、想像と異なることで、興奮感低下や感度低下になり、射精まで達する事ができない、達しにくくなるというような状態になることがあります。

冒頭の遅漏の原因でも述べていますが、自慰行為のやり過ぎには注意が必要ですので、注意しましょう。

女性の場合も同様で、自慰行為のやり過ぎによって男性とのセックスでは満足できない体質になってしまう事もあります。

2人3脚で改善していく事も大切

2人3脚で改善

遅漏などの性における悩みは1人で抱えていてもなかなか改善していきません。

大切なパートナーと一緒に改善してくことがなによりも効果的だと言えます。

精神的な部分や緊張が原因の場合には、それらをしっかりと打ち明けて一緒に改善していくことで自分自身もリラックスできる状態となり、セックスに焦りがなくなって落ち着いた状態でセックスに集中できます。

遅漏だけでなく早漏やED(勃起不全)に関しても、1人ではなかなか改善できない事でもパートナーと改善していくことでそれらの悩みを解消できたというケースも少なくありませんので、相手を信頼しているのであれば恥ずかしがらずに一緒に改善していきましょう。

勃起薬で勃起力を高めるのも1つの方法

遅漏の原因や自慰行為のリスク、パートナーとの共同改善策などについては徐々に理解が深まってきたのではないでしょうか?

男性機能における悩みは精神的な部分と機能的な部分がほとんどです。

精神的な部分に関しては慣れていく事で改善することもありますが、機能的な部分は治りにくいとも言えます。

そんな時、たまには勃起薬などに頼ってみるのも1つの選択肢としてあります。勃起薬は男性の陰茎に流れる血管を拡張して、ペニスに血液を流し込みやすくすることで、勃起力を高めてくれるというものです。

ペニスの感度も高まる事もあり、射精感に達しやすいという意見もありますので、精神的なことが原因ではない方は勃起薬を試してみるというのも1つの手です。

遅漏改善方法まとめ

遅漏改善方法

遅漏改善に関してはいかがでしたか?

遅漏と言ってもいろんな原因が考えられ、それに対して悩みを抱えている男性もたくさんいます。

パートナーがしっかりと理解してれる場合には、自分の悩みを打ち明けることも大切です。これによって信頼関係を築く事もできますし、お互いの性癖をさらけ出すキッカケにもなります。

性癖はなかなか人には言えないものですが、大切なパートナーとそれを共有することで、より充実したナイトライフを送れるようになりますので、大切な人には恥じらいを捨てて、自分の悩みを1つずつさらけ出していきましょう。

きっとそこから効果的な改善策が見えてくると思いますよ。

▶ 男性にオススメの勃起薬を今すぐ通販で購入したい方はコチラ。

▶ 女性に人気!不感症・性交痛・絶頂不全にオススメの女性用バイアグラ。

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加