プロペシアは女性が飲むと危険!男女それぞれの薄毛治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬として日本でもだいぶ認知されるようになったプロペシア錠

ですが、男性型脱毛症に悩む男性とAGA治療を実施している男性の割合がマッチしていないような印象もあります。

そもそも、AGAという脱毛症を知らずに薄毛が進行していしまっている、自分がAGAを発症しているという自覚がない、など人によっては薄毛の治療をしようとせずに、そのまま脱毛症を進行させてしてまっている可能性もあります。

また、これは男性だけでなく女性にも言える事です。女性の方が薄毛や脱毛症が発生しにくいイメージもありますが、女性は女性で悩んでいるのも事実です。

ということで、少し余談が過ぎてしまいましたが、ここでは男性型脱毛症(AGA)の治療をする際に効果的なAGA治療薬と女性の薄毛の原因などについてまとめていきます。

プロペシア錠について

プロペシア錠

まずは、AGA治療薬としても十分な効果が期待できるプロペシア錠についてです。

プロペシア錠は、AGA治療薬の中でも第一線で使用されているお薬です。

AGAの専門クリニックでも処方されているもので、その効果は成人を過ぎた男性に起こる可能性の高い、進行型の脱毛症「男性型脱毛症(AGA)」に十分な効果を発揮していきます。

プロペシアの主な特徴は、有効成分にフィナステリド成分を含んでいることで、この成分によって、AGAの進行を抑える事が期待できます

そもそも男性型脱毛症の原因はなんでしょうか?

【AGA(男性型脱毛症)の原因】

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンによるものが大きいです。

男性ホルモンの1種であるテストステロンがDHTと呼ばれているジヒドロテストステロンに変換されることによって起こると言われています。

主な原因はテストステロンがDHTに変換されることで起こるのですが、少なからず遺伝的な要素も関わっています。

ただし、必ずしも遺伝ホルモンの変換だけが原因とは限らず、発症する人の体質や、生活習慣なども原因の1つとされていますので、1つずつ改善していく事が大切です。

▶ 今すぐAGA治療薬「プロペシア錠」を購入する!

プロペシアの副作用

前述した通り、AGAの原因はホルモンや遺伝、その他の生活習慣などが考えられ、それによる薄毛や抜け毛の進行はAGA治療薬で症状を抑える効果が期待できるというものです。

しかし、プロペシアは医薬品なので、使用方法や副作用、その他注意事項などをしっかりと確認した上で服用する必要があります。

ここではプロペシア錠に起こりうる可能性のある副作用についてご紹介。

AGA治療薬として絶大な人気と知名度を誇るプロペシア錠ですが、副作用のリスクも考えておかなければなりませんので、紹介していきましょう。

▶ プロペシア錠の使用方法・注意事項を確認したい方はコチラ。

【プロペシアの副作用】

・胃部不快感、性欲減退

・肝機能障害

・勃起機能不全、射精障害、精液量減少

・睾丸痛、男性不妊症

・乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、眩暈

・そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫…etc

などの副作用が考えられますが、あくまで可能性の1つです。

医薬品にはだいたいこのような副作用のリスクがありますので、プロペシア錠に限ったことではありません。

特にプロペシア錠に関しては、副作用が少ないお薬として知られていますので、これらの副作用はほとんどが頻度不明で、発症するのも極めて稀なケースでしょう。

しかし、何度も申しますが医薬品を服用する上で、これらの事には注意しておく必要がありますので、予め把握しておきましょう。

プロペシアを女性が飲むとどうなる?

プロペシア 女性

さて、プロペシア錠の効果や副作用、AGA(男性型脱毛症)の原因などをある程度理解できたところで、プロペシアに関する注意点を紹介しましょう。

もちろん、注意事項もいくつかりますが、ここでは「プロペシア錠を女性が飲むとどうなるのか?」という点を重点的にまとめていきます。

ということで、一言で結論を申しますと「プロペシア錠を女性が飲むと危険」です。

プロペシア錠は男性ホルモンに大きく影響しますし、そもそも男性型脱毛症の治療薬として開発されたお薬で、女性の薄毛や抜け毛には効果が期待できません

女性にもAGAと同じような症状でFAGA(女性男性型脱毛症)がありますが、プロペシア錠での治療は推奨されていませんので、勝手な判断で服用しないようにしましょう。

女性が飲むと体調を崩す恐れもありますし、もっと危険な場合もありますので、次の項目でまとめていきましょう。

妊娠中の女性は絶対に触れるな

プロペシア錠は女性が飲むと危険という事で、どのように危険なのか?

という事についてですが、女性が飲むと危険な理由としては、特に妊娠中の女性が服用すると危険という事です。

プロペシア錠はご存知の通り、ホルモンに作用するお薬ですので、妊娠中の女性が服用すると胎児(赤ちゃん)に影響が出る可能性があるのです。

また、服用しなければ良いというわけでもなく、例えばなにかがキッカケでプロペシア錠が割れてしまった際に、それに触れることも危険なのです。

触れてしまった皮膚の表面からフィナステリド成分が吸収され、胎児に影響が出るという可能性もあります。これはプロペシア錠の注意事項にも記載されているので、安易な考えで聞き流すのではなく、男性は妊娠中の女性の近くにはプロペシア錠は置かないように注意しましょう。

そもそもAGA治療薬は女性が服用できない

AGA治療薬

プロペシア錠を女性が飲むと危険、妊娠中の女性が触れると危険という事はご理解いただけたかと思いますが、そもそもAGA治療薬は女性が服用するものではありませんので、それを前提に考えておきましょう。

女性の薄毛やFAGAにはそれらに適した治療方法がありますので、自己判断で育毛剤を使用するのではなく、女性に適した育毛剤を使用するようにしましょう。

また、AGA治療薬の中にもFAGAに対して効果的なものも少なからず存在しています。ただし薬の中に含まれている有効成分の成分量に制限があったり、使用する上での注意事項もありますので、そのあたりは使用上の注意や禁止事項を絶対に守って服用するようにしましょう。

結論、女性はプロペシアを服用できません

ということで、ホルモンの関係や妊娠、女性の薄毛に適していないことから女性が飲むと危険が伴い、薄毛の治療効果は望めませんので、女性は女性のやり方で薄毛や抜け毛を改善していきましょう。

また、女性は妊娠中や産後などに髪の毛が抜けやすくなることもあります。ホルモンバランスの影響もありますので、少し髪の毛のボリュームが減った、抜け毛が増えたという方は少し様子をみて、専門クリニックなどで相談するようにしましょう。

男性がプロペシアを安全に服用する為には

男性が安全にプロペシア錠を服用するには、安心・安全に購入できる医薬品の通販サイトを利用するか、専門クリニックで処方してもらうかがベストです。

よくネット上ではいろんな育毛剤やAGA治療薬が出回ってますが、その中には全く効果のない怪しいお薬もあります。

通販サイトを利用する場合には、個人輸入通販サイトの中でも安全なサイトを利用する事、時間やお金に余裕のある方は、専門クリニックで診断してもらいつつ、AGA治療薬を処方してもらうのが無難でしょう。

男性にオススメのAGA治療薬

AGA治療と女性との関係性まとめ

AGA治療と女性

さて、AGA治療薬でも一番メジャーなプロペシア錠ですが、女性が飲むと危険という事に関しては、男性の皆さんも理解していただけたのではないでしょうか。

特に、妊娠中の女性に関しては触れる事すら危険ですので、ご注意ください。

また、男性が服用する場合にも副作用やその他注意事項があり、使用方法を守った上で、継続して服用する事で効果が期待できるものです。

1,2か月で簡易的に増毛・育毛できるというわけではありませんので、少なくとも3ヶ月~6ヶ月程度は様子をみましょう。人によっては効き目を実感するのに1年近くかかる場合もありますので、AGA治療は根気強く諦めずに治療する事が大切です。

▶ 個人輸入で購入できる男性用のAGA治療薬はコチラ。
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加