勃起薬で対策?プロペシア服用によるEDの症状を改善したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロペシア錠は男性型脱毛症の治療をするために効果的なお薬で、薄毛や抜け毛に悩んでいる多くの男性が服用しているお薬です。

しかし、そんなプロペシア錠にも副作用があります。

副作用は、薬本来の効果と反して勝手に起きてしまう症状のことで、これを止める方法は基本的にはなく、その使用している薬の服用をやめるしかありません。

プロペシア錠を服用したことによる主な副作用は、肝機能障害や男性の勃起機能障害です。これらの副作用を懸念しているがためにプロペシア錠を服用しない方もいますが、これを改善できるとしたらどうでしょうか?

ここでは、プロペシア錠の効果・作用や副作用、また、男性機能の低下という副作用の症状を改善する方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

プロペシアの効果・作用

プロペシアの効果

まずは、プロペシア錠の効果・作用についてです。

AGA治療薬として知られているプロペシア錠にはどのような効果があるのでしょうか?

すでにご存知の方もいるとは思いますが、基本的にはAGA治療として男性に起こる脱毛症でも一番メジャーな男性型脱毛症に対してです。

男性型脱毛症はAGAとも言われていて、20歳を過ぎた成人男性に起こる可能性の高い脱毛症です。

AGAの主な原因は、男性ホルモンによる影響です。男性ホルモンにはテストステロンというホルモンがあるのですが、これがDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換されてしまうことで、男性の脱毛症が進行していきます

これを改善するのがプロペシア錠の役割で、プロペシア錠の特徴でもあるフィナステリド成分が、DHTへの変換を抑えることでAGAの進行も防ぐとされています。

▶ AGA治療薬として効果的なプロペシアを今すぐ購入する。

プロペシアの副作用

プロペシア錠には副作用があります。

まずはじめに、プロペシア錠で起こりうる可能性のある副作用をまとめていきましょう。

・肝機能障害

・抑うつ気分

・めまい、発熱、発疹

・男性機能の低下、精液量の低下…etc

プロペシアは基本的に副作用が少ないAGA治療薬として、安全性も高く、気軽に使用できるのが特徴でもありますが、やはり少なからず副作用が出てしまう可能性はあります。

特にAGA治療薬はホルモンに作用するお薬なので、男性機能が低下する事が懸念されています。

しかし、この副作用の症状を緩和できる方法があるとしたらどうでしょうか?ということで、次以降の項目で男性機能低下の副作用対策を紹介していきましょう。

プロペシアでセックスできなくなる?

プロペシアでセックスできなくなるってホント?

これはあながち嘘でもありません。プロペシアの副作用として男性機能の低下があります。要はED(勃起不全)になってしまうという可能性です。

EDになってしまうと男性はセックスするのが難しい状態になってしまい、セックスの時にペニスが起たない、起ちにくい、中折れするなどの症状が起きて、満足のいくセックスができなくなってしまいます。

プロペシア錠を服用することで、全くセックスができなくなるという事ではありませんが、できる確率が少なくなってしまう恐れはありますので、注意しておきましょう。

ED(勃起不全)になったら勃起薬を使おう

勃起薬

プロペシアによるEDの症状を改善するにはED治療薬がオススメ。

本来、医薬品には併用禁忌薬といって飲み合わせの悪いお薬が存在しています。例えば、プロペシア錠の場合、有効成分にフィナステリドを含んでいますが、このフィナステリド成分と相性の悪い薬や食べ物などを摂取してしまうと体調を悪くしたり、副作用を強く感じてしまう可能性があるという事です。

しかし、幸いなことにプロペシア錠には飲み合わせの悪い併用禁忌薬がありません。だいたいのお薬は併用する事ができるのです。

なので、プロペシアの服用によってペニスが起たないなどのEDの症状が出てしまってもED治療薬を服用する事でこれらの症状を改善する事ができるのです。

もちろん、勃起機能にはその時の感情や体調なども関わってきますので、ED治療薬を服用したからと言って100%勃起するとは保証できません

その点は十分に理解してプロペシア錠を服用するようにしましょう。

▶ プロペシアによるEDの症状に効果的な勃起薬はコチラ。

プロペシアとED治療薬の併用はOK?

前述している通り、プロペシア錠ED治療薬との併用は問題ありません。

なので、プロペシアの副作用である男性機能の低下やEDなどの症状に関しては、ED治療薬で改善できるため、そこまで悩む必要はないでしょう。

しかし、肝機能障害に関しては、発症する可能性は極めて低いですが、万が一にも起こる可能性もありますので、十分にご注意ください。特にもともと肝臓に病を抱えている方や、肝臓の調子が悪い方はプロペシアの服用前に専門医やかかりつけの医師に状態を確認する事をオススメします。

ということで、プロペシア錠とED治療薬の併用に関しては問題ないということで、勃起機能に関する副作用はED治療薬で改善していきましょう。

通販で人気のAGA治療薬をご紹介

個人輸入通販で安全するには個人輸入代行業者が管理している個人輸入通販サイトを利用するのがオススメです。

個人で医薬品を輸入するにはリスクがあり、危険性も高いのですが、通販サイトを利用すれば、配送などの手続きも代行してくれるので自宅で待つだけで済みます。

すでに通販サイトを利用してプロペシアや、その他AGA治療薬を購入している方もいると思いますが、参考までに通販で人気のあるAGA治療薬も紹介しましょう。

プロペシア1mg

プロペシア1mg

プロペシア錠は男性型脱毛症の症状を改善するお薬の中でも一番有名と言っても過言ではないお薬です。

有効成分にはフィナステリド成分を含んでいるのが特徴で、日本国内問わず、海外でも人気があります。

メルク社が製造しているAGA治療薬で、ミノキシジル成分を含んだAGA治療薬と併用する事でより効果的なAGA治療ができるとも言われています。

専門機関やAGAクリニックでの処方でも入手できますが、通販サイトのほうが安い場合もありますので、比較してみましょう。

▶ 最もメジャーなAGA治療薬、プロペシア錠の商品詳細ページへ

プロスカー5mg

プロスカー5mg

プロスカーはメルク(MERK SHARP &DOHME)社が製造しているAGA治療薬で、プロペシアのジェネリック医薬品です。

男性型脱毛症による薄毛・脱毛・はげ・抜け毛などの症状に適していて、海外ではプロペシア錠よりも人気がある国もあります。

基本的にはフィナステリド成分を5mg含んでいるので、AGA治療に対して使用する場合には錠剤をカットして服用する必要があります。

一般的にはAGA治療薬として知られていますが、海外では前立腺疾患の改善にも使用され、その場合5mgのまま服用するので、使用用途によって用法が異なりますので事前に確認しましょう。

▶ 前立腺肥大、AGA治療に効果的なプロスカーの商品詳細へ。

通販で人気のED治療薬をご紹介

前述していますが、プロペシア錠の副作用によってEDを発症した場合にはED治療薬がオススメです。

個人輸入通販ではAGA治療薬以外にもED治療薬やその他の医薬品を豊富に取り扱っています。

プロペシアと併用できるED治療薬も気軽に購入する事ができますが、ED治療薬はED治療薬で副作用や併用禁忌薬がありますので、服用前に必ず確認しておきましょう。

▶ バイアグラ・バイアグラジェネリックの商品一覧ページへ

プロペシアの副作用によるED改善まとめ

いかがでしたか?

プロペシアに関する基本的な情報や起こりうる可能性のある副作用についてはある程度理解が深まったのではないでしょうか?

EDの症状が出た場合には、ED治療薬で症状を改善する事はできますが、肝機能障害の場合には専門医に確認してから服用する事を推奨します。

いずれにせよ、AGA治療薬はサプリメントとは異なり、医薬品ですので正しく安全に使用するようにしてくださいね。

▶ 通販で購入できるプロペシア・プロペシアジェネリックの商品一覧ページへ。
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加