プロペシアと飲み合わせできる勃起薬!これで副作用も怖くない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品には併用禁忌薬、いわゆる飲み合わせの悪い薬が存在しています。

ここでは、AGA治療薬としても人気があり、その中でも日本でも多くのAGA患者が服用しているプロペシア錠に関する情報まとめていきます。

プロペシアの併用禁忌薬は?飲み合わせできる薬はある?

など、男性型脱毛症に効果的なプロペシア錠の服用や併用禁忌薬、その他注意事項などの情報を紹介していますので、ぜひご参照ください。

プロペシアとは

そもそもプロペシアってどんなお薬?

普段からAGAの治療を実施している方、すでにプロペシア錠を服用している方はご存知かもしれませんが、知らない方のために、まずはプロペシア錠がどのようなお薬かをまとめていきましょう。

効果や作用について

効果や作用

プロペシアは男性型脱毛症という男性に起こる脱毛症の治療をするためのお薬です。男性型脱毛症はAGAとも呼ばれているので、AGA=男性型脱毛症と理解しておきましょう。

プロペシアを服用する事で、有効成分のフィナステリド成分が男性ホルモンに作用し、薄毛や抜け毛の進行を遅らせる効果があるというものです。

AGAは進行型の脱毛症で、成人した男性によくみられる脱毛症の症状です。日々、脱毛が進行するので、20代前半で進行が始まった場合には30代、40代でもそこそこ髪の毛が薄くなってしまう可能性があります。

このAGAの原因は、男性ホルモンによるもので、男性ホルモンの一種であるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで起こる症状です。

プロペシア錠に含まれているフィナステリド成分は、このDHTへの変換を防ぐ効果があるので、薄毛や抜け毛の進行を予防するという役割りを担っているということです。

簡単に言えば、プロペシア錠は単なる発毛剤ではなく、AGAの進行を抑えることで、薄毛や抜け毛が起きにくい状態にしていくというものです。

▶ 今すぐプロペシア錠で男性型脱毛症の治療をしたい方はコチラ。

副作用について

プロペシア錠には副作用もあります。

副作用はプロペシアに限らず、他のAGA治療薬にもありますし、AGA治療薬以外の医薬品にも起こりうる可能性がありますので、AGA治療薬が特別というわけではありません。

どんな医薬品でも副作用が起こる可能性はありますので、予め把握しておきましょう。

そんな中でもプロペシアは副作用が少なく安全性の高いAGA治療薬と言われていて、服用したほとんどの方が副作用を感じることなく安全に使用できているようです。

ただし、副作用が少ないと言えど、薬を服用している以上、少なからず副作用のリスクは抱えなければなりません。こちらでもプロペシアで起こりうる可能性のある副作用をまとめておきますので、参考にしておいてください。

・勃起機能不全・射精障害

・精液量減少・リビドー減退

・肝臓の重い症状

・抑うつ気分…etc

服用時の注意点

プロペシア錠を服用する前には注意事項も確認しておく必要があります。

専門のクリニックや医療機関でプロペシアを処方してもらう場合には、注意事項などの説明はされるかと思いますが、通販で購入する場合にはご自身で確認しておく必要があります。

基本的には副作用が少ないプロペシア錠なので、他の医薬品に比べても注意点は少ないのですが、少なからず注意事項がありますので、こちらも紹介していきましょう。

・高齢者の服用は有効性が確立していないため、事前確認する事。

・女性用のお薬ではありませんので、女性の使用は控えてください。

・妊娠中の女性が錠剤に触れてしまうと胎児に影響が出る可能性があるので、取扱いには十分ご注意ください。

・肝臓に障害を抱えている方、肝機能障害の方は事前にかかりつけの医師に確認してください。

▶ 副作用や注意点を理解した上で、プロペシア錠を購入する。

プロペシアと飲み合わせの悪い薬

プロペシアと飲み合わせの悪い薬に関して、俗にいう併用禁忌薬についてですが、意外にもプロペシア錠には該当するものがありません

ほとんどのお薬は併用禁忌薬を指定して、この薬とこの薬の飲み合わせはNGとしているものがあるのですが、プロペシア錠にはそれがないのです。

特に併用してはいけないお薬がないため、飲み合わせなどは特に気にする必要がありませんが、前述している通り、肝機能障害の方が服用する場合は通常の方よりリスクがあり、また肝機能障害で薬を服用している場合も注意が必要なので、肝機能になにかしらの病を抱えている方が服用する場合には事前に医師に確認しましょう。

プロペシアと飲み合わせ可能な薬

プロペシアと飲み合わせ

逆にプロペシアと飲み合わせのできる薬はあるのか?

飲み合わせの悪い薬(併用禁忌薬)に指定されている薬は特にないので、基本的には問題ないですが、薬を複数服用している場合や、重度の病を抱えている方などは、念のためかかりつけの医師に相談しておいたほうが良いでしょう。

また、プロペシアの副作用として性機能の低下などがあり、セックスの時にうまく勃起できない場合や、性欲が減ってしまう場合もあります。

男性の場合は、勃起機能がうまく作用しないとセックスできません。このような場合には、ED治療薬と併用する事も可能です

プロペシアによる男性機能の低下はED治療薬で解消する事もできます。こう言ったことを予め把握しておけば、スムーズに対処できますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

他の育毛剤との飲み合わせは?

正直なところ、他の育毛剤とは飲み合わせするのをやめたほうが良いでしょう。

有効性が確認できているものであれば問題ありませんが、AGA治療薬であるプロペシア錠と市販の育毛剤などを併用した場合、どちらかの成分がうまく吸収されずに、薬本来の効果をどちらも得られなくなってしまう場合があります。

プロペシアと併用するときにオススメなお薬としてはミノキシジル成分を含んだAGA治療薬であればオススメです。

冒頭でも紹介している通り、プロペシアにはAGAの進行を抑える効果があります。それに対してミノキシジル成分には発毛作用がありますので、薄毛の進行を抑えて、そこから発毛を促進していくという方法で脱毛症を改善した方もいます。

事前に専門医に確認する事がベストではありますが、フィナステリド成分とミノキシジル成分の併用は、使用方法によっては効果的なAGA治療が期待できるのです。

今すぐAGA治療したい方にオススメ「育毛最強セット」

育毛最強セット

これを読んでいる皆さんは少なからずAGAの治療をしたいと思っている方や、すでに失敗を経験している方が多いと思います。

AGA治療は継続することで効果がでるので、1ヶ月、2ヶ月で服用をやめてしまってはほとんど意味がありません。

しかし、プロペシア錠を定期的に購入するとそれなりに費用がかかります。

そこでオススメなのが、安価で購入できるプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリックであれば、プロペシア正規品の三分の一程度の費用で購入できるものもあるので、気軽にAGA治療が始められますし、定期的に購入できるコスト感でお財布にも優しいです。

当サイトでもAGA治療を実践しやすくするために、育毛剤セットをご用意していますので、まずは安いお値段で気軽にAGA治療を実践したいという方はぜひご覧ください。

▶ 今すぐAGA治療!【AGA克服】育毛最強セットはコチラ。

プロペシアを安全に服用しよう

いかがでしたか?

男性の薄毛や抜け毛の原因として一番多いAGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果的なプロペシア錠の基本情報や、飲み合わせのできる薬、できない薬などの情報を紹介させて頂きました。

まずは何事も実践してみる事が大切です。悩んでいる間にも皆さんの薄毛は進行しているのです。

AGAは早期発見と早期治療で気づかれないように改善していく事ができますので、ハゲを避けたい方は、ぜひこれらの情報を参考にして薄毛治療を試してみましょう。

▶ 個人輸入で安全に購入!人気のAGA治療薬一覧ページへ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加