プロペシア錠を服用すると肝臓に影響が?副作用や注意事項まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬のプロペシア錠に関する副作用や注意事項についてまとめています。

どんな医薬品でも副作用や服用時の注意事項は記載されていますが、プロペシア錠など通販で購入する場合には、説明書きが英語表記になっていたり、わかりにくい部分もあります

ここでは、プロペシアを服用した際の副作用や注意するべき内容を紹介していますので、ご参照ください。

プロペシアの効果

まず初めに、プロペシア錠の効果についてです。

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬で、頭頂部や前頭部から進行するタイプの薄毛・脱毛の症状を抑えて、発毛を促進するためのお薬です。

このAGAは成人してからオデコの生え際や頭のテッペンが薄くなる脱毛症で男性特有の症状です。

女性の場合には女性男性型脱毛症(FAGA)などと呼ばれています。

AGAの原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンによるもので、このホルモンの物質による影響で、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまうことで、薄毛や抜け毛が進行していきます。

プロペシアというお薬

プロペシア

プロペシアは服用するタイプの育毛剤です。

育毛剤には飲むタイプや塗るタイプなどいろんな種類がありますがプロペシアに関しては毎日定期的に服用する事で効果が出るお薬です。

プロペシアを服用する事で、AGAの原因となるテストステロンがジヒドロテストステロンへ変換されるのを防ぎ、脱毛症を抑えることができます。

AGAの症状にも軽いものから重いものまであり、人によって薄毛の進行具合は異なりますが、AGAの男性を対象とした臨床試験では半数以上に脱毛症の改善効果が見られたとの結果があり、尚且つより若い年齢の方が改善効果が見られたようです。

できる限り早い段階でAGA治療をすることで薄毛の進行を防ぐ効果が期待できるので脱毛に気が付いた時点で早期治療を開始していく事が最善策と言えるでしょう。

▶ 個人輸入通販を利用して今すぐプロペシア錠を購入する!

プロペシアの副作用

プロペシアには副作用があります。

副作用は、本来その薬によって得られる効果とは反して起きてしまう症状で、その薬を服用している限りは起こりうる可能性があります。

プロペシアの場合、基本的には副作用が少なく、症状も出にくいのが特徴ですが、稀に体調を悪くしたり、肝臓に影響がでるという報告例もありますので、念のため把握しておきましょう。

まずは、体調不良・肝臓への影響などを含め、考えられるプロペシアの副作用をまとめたいと思います。

・勃起機能不全

・射精障害

・精液量減少

・だるさ、吐き気、食欲不振

・発疹、発熱、かゆみ…etc

プロペシアが男性ホルモンに作用することから、主に勃起機能や射精に関する影響が多いとされています。

しかし、稀に肝臓への影響も出る可能性があります。肝臓に症状がでる前の初期症状として吐き気や発疹、食欲不振などの症状が出る事がありますので、これらの初期症状を見落とさないようにして肝臓への影響も気にするようにしましょう。

通販で人気のプロペシアジェネリック

プロペシアによる肝臓への影響

プロペシアの服用による肝臓への影響は、確率としてはかなり少ないほうです。どんな医薬品でも肝臓へ影響が出る可能性は十分にあります。

プロペシアの場合には使用者に対しておおよそ0.2%程度の割合で起こりうる可能性がある程度なので、そこまで気にする必要もないかと思いますが、万が一がありますので予め把握しておきましょう。

また、参考程度に0.2%というデータがありますが、頻度不明というデータもありますので、これらの数値や発生頻度に関しては参考程度に確認しておきましょう。

服用する前に肝臓数値をチェック

肝機能の数値が基準値以上になると肝臓の機能に影響が出ている可能性がありますので、プロペシアの服用には注意が必要です。

一般的に健康的な方であれば、肝臓に対して影響があるという事は少ないかもしれませんが、こちらも万が一という事が考えられるので、AGA治療薬を服用する前には肝臓の数値を測定しておくことで安心感を得ることができます。

またAGAの専門クリニックで相談する際には、肝臓に違和感を感じている場合や肝臓に病を抱えている場合には専門医にしっかりと報告して、そのうえでAGA治療を実施するようにしましょう。

服用前に確認するべき注意点

・肝臓に病気を患っている方は医師に事前確認しましょう。

・女性のための育毛剤ではありませんので、女性の使用は控えてください。

・高齢者に関しては有効性が確立していないため、使用可否を専門医に相談してください。

・妊娠中の女性は錠剤に触れないようにご注意ください。

・専門クリニックでも保険適用外です。

女性の薄毛や脱毛症への効果

女性の薄毛

女性にはAGA治療薬を使用できません

AGA治療薬はホルモンに作用するお薬でもありますので女性が服用してしまうとホルモンに影響が出てしまう場合があります。

女性には女性用の育毛剤がありますので、症状に適したお薬を使用して改善していくようにしましょう。

また、女性の抜け毛治療の場合は妊娠中、授乳中など薬の服用に注意するべき期間もありますので、安易な考えで市販薬や通販薬を服用せずに、専門医に相談しつつ薬を服用してください。

フィナステリド成分について

フィナステリド成分はプロペシアに含まれてる主成分です。

日本ではプロペシアという商品名でAGA治療薬として取り扱っていますが、海外では前立腺肥大症の治療などにも使用されているお薬です。

海外ではプロスカーという商品名で販売されていますので、個人輸入通販サイトを利用する際には、プロスカーなどで探してみるのも良いかもしれませんね。

日本では認可されていませんが、フィナステリドの成分量によってAGA治療に使用するか、前立腺肥大症などの治療に使用するかが異なるようなので、不用意に多用してしまうと危険も伴います。

あくまでも医薬品という事を忘れずに正しい用量・用法で服用するようにしましょう。

プロペシアを個人輸入通販で購入する

プロペシア

プロペシア錠は個人輸入通販サイトで購入する事ができます。

国内ではAGAの専門クリニックでも処方されることがありますが、一般人が入手する場合、意外と多くの方が個人輸入を利用して購入しています。

個人輸入通販サイトでは海外医薬品を豊富に取り扱っているので、プロペシア錠をはじめ、その他のAGA治療薬や、安価で購入できるジェネリック品なども購入する事ができます。

また、プロペシアを服用する事によって勃起機能障害などになってしまった場合には、同じく通販サイトで購入できるED治療薬で勃起力を改善することもできるので、意外と多くの方が通販サイトで医薬品を購入しているのです。

ただし、使用方法や注意事項、副作用などはご自身で確認する必要がありますので、その点は事前に情報を仕入れて安全に服用するようにしましょう。

▶ プロペシア・プロペシアジェネリックでAGA治療をしたい方はコチラ。

プロペシアで髪の毛のボリュームアップ!

プロペシアの基本情報や注意するべき点、副作用、肝臓への影響などはある程度ご理解いただけましたでしょうか?

通販を利用するには安全性を確認しておくことが一番大切です。

AGA治療薬に限らず、個人輸入通販サイトではいろんな医薬品を取り扱っていますが、使用方法などはご自身で確認が必要です。

プロペシアも同様ですが、どうしても使用するのに不安を感じてしまう方は専門医に相談してから服用するようにしましょう。何よりも安全と健康が第一です。

▶ 通販で購入できる育毛剤・発毛剤・AGA治療薬の商品ページへ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加