性器ヘルペス・口唇ヘルペスとは?原因や症状から対策法を学ぶ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルペスは男性と女性のどちらにも感染する可能性のある感染症の1種です。

感染症といってもその多くは性感染症として、性行為時に感染する事が多いのですが、ヘルペスも同様に性行為時に感染する可能性の高い感染症です。

ここでは、ヘルペスウイルスの感染症における原因や症状、対策方法などを紹介していきます。

ヘルペスの症状が自分に出てしまった際には、落ち着いて対象するようにしましょう。

ヘルペスとは

ヘルペスとは

そもそもヘルペスとは?

ヘルペスって聞いたことはあるけど実際にどんな症状かがわからない。という方も多いのではないでしょうか。

ヘルペスは簡単に表現するとニキビが複数重なってできたような水ぶくれ・水疱・発疹のような症状です。

ニキビとは異なりますが、感染症の基となるヘルペスウイルスが体内に存在している状態で、免疫力が低下した際にウイルスが増殖し、皮膚の表面に症状として現れてきます

ヘルペスに感染してしまうと、日常的には症状が出ていない場合でも体内にはウイルスが存在しています。抗ウイルス剤を使用しても完全に体内から消し去ることができないのがネックな感染症です。

▶ ヘルペスの症状が出てきたので、今すぐ症状を緩和したい方。

ヘルペスウイルスについて

ヘルペスウイルスは感染症の1つであるヘルペス感染症を発症させるウイルスです。

単純ヘルペスウイルスなどとも呼ばれていて、DNAウイルスのヘルペスウイルスの一種でもあります。

このヘルペスウイルスに感染した場合、主に体の2つの部位に症状として出てくることが多いです。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、口唇と性器に起こりやすく、見た目でも症状が分かります。

【口唇ヘルペス】
・ヘルペス口内炎、ヘルペス角膜炎、単純ヘルペス脳炎の原因となります。また、三叉神経節に潜伏感染もします。

【性器ヘルペス】
・性器ヘルペス、新生児ヘルペス、ヘルペス髄膜炎、ヘルペス脊髄炎の原因となります。また、仙髄の脊髄神経節に潜伏感染もします。

ヘルペス感染の原因

ヘルペスとはヘルペスウイルスが原因で発症する感染症だという事はご理解いただけたかと思います。

また、このヘルペス感染する原因として多い感染経路は主にセックス・オーラルセックスとなります。

ヘルペスに感染している状態で、パートナーと性行為をすることによって相手へと感染させてしまいます。前述していますが、すぐに症状が出るという事もなく、体の免疫力が低下したのと同時に口唇や性器に症状として出てきますので、その際には早めの治療が重要となります。

ヘルペスには脳炎もある

ヘルペスの予備知識として、ヘルペスウイルスによる脳炎もあります。

単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる脳炎で、神経症候、神経放射線所見などの症状を総合させることで、ヘルペス脳炎の中でも細かい症状に切り分けられるようです。

脳や髄液に影響が出る事もあり、基本的には性器ヘルペスなどにも使用されているアシクロビルやビダラビンなどの抗ウイルス剤を使用して治療していきます。

性器ヘルペスと口唇ヘルペス

性器ヘルペスと口唇ヘルペス

ヘルペスには前述している通り、性器ヘルペスと口唇ヘルペスがあります。

どちらのヘルペス感染症も性行為による原因が多く、ウイルス感染者との行為によって人から人へと感染していきます。

一見、ニキビや少し大きめの吹き出物などと勘違いしてしまったりして、適当な軟膏薬などで治療を試みる方もいるようですが、効果的なお薬を使用して治療していく事が大切です。

口唇ヘルペスは顔に出る症状なので、症状として判断しやすく、性器にできた場合でも比較的大きなできものとして症状で出てくるので判断はしやすいかと思います。

潜伏期間から水疱が形成されて、潰瘍状態になり色素沈着して治るという流れが出来ているのですが、最終的にウイルスを完全に取り除く事は現時点ではできないようなので、常に体内に潜伏している状態となります。

▶ 今すぐヘルペスの治療薬を購入したい方にオススメのお薬一覧ページへ

原因の大半はセックスによるもの

ヘルペスの主な原因、感染ルートはセックスによるものです。

ここまでの内容でも述べてきましたし、すでにご存じの方も多いと思います。セックス・オーラルセックスで感染するので、軽い気持ちでオーラルセックスした場合でも、相手が感染者だった場合、口から感染して口唇ヘルペスを発症する可能性は十分にあります。

特に若い世代の男性・女性はセックスに対して軽く考えている方が多く、知らぬ間に性病に感染しているという事もあるようです。

ヘルペスに限らず感染症の多くは、コンドームを装着していないセックスや、オーラルセックス、野外セックスなど環境がよくない場所での行為などが原因で感染する場合が多いので、その点も十分に注意しておくようにしましょう。

ウイルスが体内に潜伏している状態だと、免疫力が低下した際に一気に体調を崩しやすくなってしまうので、それらの事も踏まえて安易な性行為を避ける事をオススメします。

原因を理解して正しい予防と対策

予防と対策

ヘルペスとはどのような感染ルートがあり、どんな症状で、どのような危険性があるかというのは徐々にご理解いただけているかと思います。

しかし、どんな対策を実施しても必ずしも防げるというわけではありません

フトしたことがキッカケで感染してしまったり、ムリヤリ性行為を強要されたことで感染してしまう場合もあります。

感染してしまった場合は仕方ありませんが、その後の対処や治療、次に活かした予防などをしっかりと行っておくことが大切です。

ヘルペスの主な治療方法としては抗ウイルス剤を使用した治療法があります。病院でもお薬を処方されて正しい用量・用法で使用し、様子を見る事が多いので、ヘルペス感染症の場合はウイルスの繁殖が落ち着くまで薬で様子を見ていきます。

また、常に体内に存在しているヘルペスウイルスの増殖を防ぐには、リジンを含む食事を摂るようにしましょう。

リジンはウイルスの働きを抑える必須アミノ酸の成分の事です。リジンは食事などで摂取しなければなりませんのでできる限り食生活を意識して必須アミノ酸を摂るように心がけましょう。

ヘルペスに効果的な治療薬

ヘルペスに効果的な治療薬は通販サイトで購入する事ができます。

原因や症状などが理解できたとことで、感染してしまった後の治療薬も知っておくとすぐに購入出来たり、使用する事ができるので、すでにヘルペス持ちの方や感染するリスクのある方はヘルペスの治療薬についても正しく理解しておくと良いでしょう。

以下に通販で購入出来て、病院でも処方されている一部のヘルペス治療薬をまとめていますので、ご参照ください。

これらはヘルペス感染症に対して効果的な治療薬です。

抗ウイルス剤として、ヘルペスに効果的なバラシクロビル・アシクロビルなどの成分が含まれており、病院で処方される場合もあります。

市販でもヘルペス治療薬は販売されていますが、病院のものとは異なりますので、市販薬で効果がなかった場合でもこちらの通販で購入できるお薬は効果的な場合もありますので、市販薬で効果が無い場合にはぜひお試しください。

ヘルペスの原因と治療法まとめ

さて、ここまでヘルペスとは?ヘルペスの原因は?など感染症であるヘルペスウイルスについてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

最後にヘルペスに関する情報をまとめてみたいと思いますので、感染してしまった方や身近にヘルペス感染者がいる場合には以下のような事を意識して、十分に注意するようにしましょう。

▶ ヘルペスの治療に適した感染症のお薬はコチラ。

【ヘルペス情報まとめ】

・ヘルペスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスがある。

・ヘルペスは必須アミノ酸であるリジンの摂取によって比較的予防できる。

・ヘルペスは性行為による感染経路が多く、潜伏期間もある。

・ヘルペスのウイルスを体内から完全に消し去ることはできない。

・ヘルペスを治療するにはヘルペス治療薬を服用するか患部に塗布して治療する。

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加