プレマリンのお薬情報。気になる副作用や更年期障害への効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは女性ホルモン剤としても知られているプレマリンというお薬についての情報を紹介しています。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと体調を崩しやすくなってしまったり、体がしんどくなってしまいます。

特に40代~50代を過ぎたころから女性ホルモンのバランスが崩れやすいとされています。俗にいう更年期障害という状態です。

これから紹介するプレマリンはその更年期障害に適したお薬ですので、更年期障害に悩んでいる女性は効果や副作用などの情報を参考にしてみましょう。

プレマリンってなに?

そもそもプレマリンってどんな薬なの?

と思っている方多いと思いますので、まずはプレマリンの効果や作用、副作用、注意事項についてまとめていきたいと思います。

薬を服用する前には必ず確認しておきたい基本的な情報ですので、プレマリンについて少しでも詳しく知っておきたい女性はぜひチェックしておきましょう。

プレマリンの効果

プレマリンの効果は主に以下の症状に対して効果的です。

・卵巣欠落症状

・卵巣機能不全症

・更年期障害

・腟炎(老人、小児および非特異性)

・機能性子宮出血

一般的にはこれらの症状に対して使用する事が多いのですが、プレマリンを病院で処方する際には、医師の判断によっては腹圧性尿失禁、骨粗鬆症などの症状に対しても使用されています。

▶ 更年期障害やその他の女性の病気に適したお薬「プレマリン」の詳細ページへ

プレマリンの作用

プレマリン 作用

プレマリンの主な作用としては前項で紹介した症状に対しての効果ですが、その中でも一番メジャーなのが更年期障害に対しての作用です。

更年期障害はある程度年齢を重ねた女性に起きやすい症状で、閉経時などにおける女性ホルモンの低下に体がついていけなくなってしまい、いろんな症状を起こします

更年期障害による主な症状としては、のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、イライラなどの症状があり、すでに経験している方もいらっしゃるかと思いますが、常に体の調子が万全ではなく、なにか違和感を感じてしまいます。

それによってイライラしたり、人に八つ当たりしたりする事もあるので、できる限り早い段階で体を落ち着かせておくことが大切です。

プレマリンの使用用途

プレマリンは更年期障害に一番適していると紹介させて頂いていますが、他にもいろんな作用があります。

女性ホルモン剤として効果的なプレマリンは卵胞ホルモン薬として使用する事ができます。

閉経前後にプレマリンを服用する事で、更年期障害で起こりうるイライラ感やその他の症状を緩和していきます。のぼせや汗などの血管運動神経症状にも効果的です。

その他の用途としては、泌尿生殖器の萎縮によって起こる膣の乾燥や尿失禁、骨粗鬆症の予防、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、機能性子宮出血などに対してです。

これらの症状に関しては、個人の判断で使用するにもリスクがありますので、専門医の指示に従って服用する事をオススメします。

病院で処方されたプレマリンがなくなってしまった際には、通販などで気軽に購入する事もできます。

▶ プレマリンを今すぐ購入したい方はコチラ。

プレマリンの副作用

プレマリンを服用した際には少なからず副作用を感じてしまう可能性もあります。

副作用は医薬品の効果に反して起きてしまう症状で、だいたいの医薬品には起こりうる可能性を秘めています。

すべての医薬品に副作用があるわけではありませんが、薬を服用する上では事前に確認しておくべき事です。服用後に体調が悪くなった場合や、なにかしらの不快感が出た際に、予め副作用を把握しておけばそれらにも対処できますので、服用前に確認しておくことをオススメします。

【一般的な副作用一覧】

・乳房の張り、乳房痛

・吐き気、嘔吐、食欲不振

・下腹部痛、帯下、性器出血

・むくみ、体重の増減…etc

プレマリンの注意点

プレマリンを服用する際の注意点も紹介しておきましょう。

薬を服用する上で、気を付けるべき点は副作用だけではありません。その他にも服用前に確認しておきたい事がありますので、そちらもまとめていきたいと思います。

・血栓症や持病などを持っている方の服用。

・プレマリンの成分結合型エストロゲンに対してアレルギーのある方。

・妊娠中や、妊娠の可能性がある方の服用。

・乳がんや子宮がんなど卵胞ホルモンにより、症状が悪化する可能性のある方。

・血栓性静脈炎、心筋梗塞、血栓性疾患などを患っている方。

・治療目的によって飲み方が異なりますので、正しい使用方法の確認。

・服用前には乳房や子宮に対して問題がないかどうかを検査したほうが良い。

などなど、服用前にも確認しておきたい内容の一部を紹介させて頂きましたが、これらがすべてではありませんので、詳しくは専門医に相談してみましょう。

プレマリンはどこで買える?

プレマリン 購入

プレマリンは病院での処方や通販サイトを利用して入手することができます。

病院で処方される場合には、すでになにかしらの症状が出ていて気になる状態で、専門科で受診して、専門医から処方されるパターンが多いと思いますが、通販サイトで購入する場合には、ご自身の判断で購入するか処方されたお薬がなくなって購入するパターンがあると思います。

一度専門医の診断を受けてから服用する分には比較的安心してご利用頂けますが、個人の判断で服用する場合には、副作用や注意点は必ず確認するようにしましょう。

冒頭でも申している通り、購入方法としては、病院での処方・通販サイトでの購入の2通りとなります。

通販サイトで購入する場合は、楽天やアマゾンなどの一般的な通販サイトでは購入できません。医薬品を専門で取り扱っている個人輸入通販サイトを利用する必要がありますので、その点は覚えておくと良いでしょう。

個人輸入通販サイトで購入

個人輸入通販サイト

前項でも述べている通り、プレマリンは個人輸入通販サイトで購入する事ができます。

「個人輸入通販サイトってなに?」

と思う方もいるかもしれませんが、個人輸入通販サイトは海外の医薬品を通販サイトを利用して購入する方法です。

通常、医薬品などは日本国内の通販サイトで販売するのが難しいです。薬事法の関係や厚生労働省の認可がないと販売できなかったりと法律に厳しい日本では気軽に医薬品を取り扱う事ができません。

一方で海外では日本では通常販売できないような医薬品も一般的に販売されていますので、気軽に購入する事ができます。

それを利用して医薬品を販売しているのが個人輸入通販サイトです。個人輸入通販サイトでプレマリンやその他医薬品を購入する際には、副作用・用法・注意点をご自身で確認する必要がありますのでご注意ください。

使用方法や副作用に関して、どうしても不安な方は事前に専門医に相談してみる事をオススメします。

▶ 更年期障害にオススメ!個人輸入で人気のプレマリン情報

医薬品は正しく安全に服用する

医薬品を正しく安全に服用するには情報が第一です。

現代ではインターネットも普及してネット上ではいろんな情報が見れるようになっていますが、信憑性の高い情報から低い情報までさまざまです。

どうでも良い情報であれば、そこまで注意して調べる必要はありませんが、医薬品の購入となるとしっかりとした信憑性の高い情報が必要です。

プレマリンを含め、医薬品を通販で購入する際には副作用などをしっかりと確認して安全に服用できる状態にしておきましょう。

プレマリンで更年期障害を改善

更年期障害を改善

ここまでプレマリンの基本情報から通販などでの入手方法について紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

プレマリンを使用する主な用途は更年期障害に対してが一番多いです。

女性としても年齢を重ねるごとに更年期障害への恐怖を抱いてしまう方も少なくないと思います。

いざというときのために更年期障害の対策方法は把握しておいたほうが無難ですので、更年期障害に適したお薬の情報や、治療方法、注意点、改善策、副作用などもろもろの情報を理解しておくと良いでしょう。

最終的には専門の病院で受診して改善策を相談するのも1つの方法ですので、これらの情報を踏まえてご自身で決断し、更年期障害を改善していきましょう。

▶ 通販サイトで購入できる更年期障害に適したお薬はコチラ。

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加