男性機能に衰えは?何歳まで持続できる?勃起不全のお悩み解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男として生きるのであれば誰しもが1度は気になる、いつまで「現役」でいられるのか?というセックスの悩みに関してまとめていきます。

勃起機能に衰えはあるのか?

何歳までセックスできるのか?

性欲はいつまで続くのか?

しょうもない疑問かもしれませんが、男としてはいつまでも現役でいたい。性欲があるのにセックスできないのは悲しい。と思うこともあると思います。

ということで、気になる勃起不全やペニスの機能について紹介していきます。

男性機能に衰えはある?

男性機能

まずは男性機能の衰えに関してですが、残念なことに衰えはあります。

年齢ともに体の機能は低下していきます。極端に例えると走れなくなったり、歩けなくなったりする事もありますが、その他にも体のいろんな機能が衰えてしまう事はあります。

なので、男性機能にももちろんのこと、衰えがあるのです。

早い方では、40代、50代から衰えを感じ、遅くても60代ではほとんどの方がペニスの勃起作用に対しての衰えを感じていくと思います。

もちろん、生涯現役でいられる方もいると思いますが、余程の体力・筋力がないと実現は難しいでしょう。

衰えを感じてしまうのは仕方ない事ですが、それを改善したり予防する事も少なからず可能ですので、何事も諦めないことが重要です。

男性機能は何歳まで?

勃起作用は何歳まで機能するのか?

この疑問に関しては人それぞれなので、一概にこの年齢というものはありません。

前項でも紹介していますが、早ければ40、50代、遅くても60、70代で勃起機能は低下していくでしょう。

しかし、これは比較的健康な方に対しての参考例です。人によっては20代、30代から勃起機能がうまく作用しなかったり、ED(勃起不全)というものを発症してしまう可能性もあります。

なので、何歳まで現役でいられるかは本当に人それぞれです。死ぬまでセックスし続けることができる方もいます。

現に、世界規模で参考例を挙げてみると、90歳を超えても父親になったという事例もあるくらいですので、本当にその人の健康状態によっても異なるという事が言えるでしょう。

何歳までというのはあくまで参考にしかなりませんので、まずはいかに現役でいられ続けることができるのかを考えずに、身体の健康面を意識したり、勃起するためにどのようにすれば良いのかを考えていくようにするのが良いと思います。

要はポジティブに考えて、勃起できるように自信をつけたり、対策していく事がなによりも大切だということです。

男性機能が衰えた時は?

男性機能が衰えた時

男性機能が衰えてしまった場合は、ED治療薬が効果的です。

男性の勃起不全を一時的に改善するお薬ですが、このED治療薬をセックスの前に服用しておくことで、薬の成分が体に浸透して、性的な興奮を得ることで勃起不全の男性でも満足のいくセックスをする事が期待できます。

もちろん、必ずしも勃起できるとは断言できませんが、ED治療薬を服用した方のおおよそ7割以上で成功できるという臨床データもあるので、確立としては高いものとなります。

サプリや食事改善で勃起不全を解消していくという方法もありますが、長期的な改善となり、その人の体質や年齢によるものもあるので、そこまで期待はできません。

なので男性機能が衰えてしまい、改善する見込みがない場合には素直にそれを受け止めてED治療薬を服用して、勃起力を手に入れるのも1つの方法です。

▶ 高齢者にも大人気!通販で勃起薬を購入するならお得なED治療薬セット。

ED治療薬なら現役続行も可能?

前述している通り、ED治療薬を服用すれば男性機能も回復が見込めるので男として現役でいれる可能性も高まります。

あくまでも性的な興奮があるという前提なので、まったく興奮していない状態では勃起しない可能性も高いです。

ED治療薬なら簡単に勃起機能を回復できると思っている方も多いかもしれませんが、あくまでも医薬品です。

正しく、安全に服用しなければ副作用を強く感じてしまったり、体調不良になる恐れもありますので、その点は注意しておきましょう。

しかし、現役続行すると考えると非常に有効な手段でもありますので、勃起不全に悩んだらED治療薬を服用してみる事をオススメします。

その他、性の気になる疑問

何歳まで現役でいられるのかという疑問については、だいたい解消できてきたのではないでしょうか。

年齢によるペニスの衰えもありますが、ED治療薬を服用すればかなりの確率で勃起力を得ることはできるという事です。

また、できる限りED治療薬には頼りたくなりというのが男性の本音でもあります。

勃起不全にはいろんな原因がありますので、まずはその原因を知り体の内部から改善してくことも大切ですので、ホルモンバランスや持病などその他の要因を改善していく事も考えておきましょう。

ホルモン低下も原因の1つ

ホルモン低下

男性ホルモンは年齢と共に低下する傾向にあります。

ホルモンの作用も男性が勃起する上では欠かせない役割で、EDだけでなく、男性型脱毛症という薄毛や抜け毛の原因にもなっていきます。

ホルモンバランスは男性機能に影響するので、下半身などを鍛えて男性ホルモンの分泌量をアップさせるなどの対策をすることで、勃起不全になりにくい体質つくりにもなっていきます。

下半身を鍛えるだけでも、ある程度の効果が見込め、適度な運動として血行状態も良くなればペニスへ血流を流しやすくなり、勃起状態を促したり勃起を維持する事にもつながります。

いずれにせよホルモンバランスは男性機能に欠かせないものとして考えて、食生活や健康状態を見直すことも疎かにしないようにしましょう。

女性の性欲はいつまでか

少し内容が変わりますが、女性の性欲はいつまで続くのでしょうか?

むしろ、世間一般的なイメージでも「30代を超えると女性は性欲が増す」なんて印象を持っている方も少なくないはずです。

では、なぜい女性は年齢を重ねると性欲が増していくのでしょうか?

女性の場合は、35~40歳くらいになると女性ホルモンが低下して男性ホルモンが優位に働くことがあります。そのため、ある程度年齢を重ねた女性は性欲が高まっていくようなのです。

夫婦間でもセックスレスや性に対しての悩みはあると思いますが、これらホルモンの作用や男性と女性で性に対しての考えや性欲がうまくマッチしないと不倫してしまったり浮気に走ってしまうのでしょうね。

病気や持病も関係している

男性機能の低下は年齢と必ずしも比例しているわけではありませんが、やはり年齢を重ねるとなにかしら病気を発症したり、持病を抱えている場合もあります。

これら病気によって体力が低下したり、ホルモンバランスが崩れてしまうと男性機能に影響する事もあり、満足できるセックスができなくなってしまいます。

持病や病気は仕方ない部分があります。なのでできる限り病気にかからないように普段から健康面を意識したり、体力作りを怠らないようにすることで勃起不全を対策する事にもつながっていくという事です。

男性機能と健康は関係ないと思っていた方でもここまでの内容である程度理解が深まったのではないでしょうか?ぜひ、健康面も意識するようにしましょう。

今すぐED治療薬でセックスしよう

セックスでの自信はED改善にも効果的

ED改善にも効果的

何歳までセックスできるのか?
なにが原因で勃起不全になってしまうのか?

このあたりの内容はご理解いただけましたでしょうか。

何歳になっても現役でいられる可能性は十分にあります。まずは、病気になっていないか?健康状態は問題ないか?など、身体の状態を把握して、健康第一にすること

その他にもED治療薬を使用して勃起力を得る事もできます。薬を服用してでもセックスができるという自信をつける事も大切ですので、食事・運動で健康の改善と勃起薬でセックスへの自信をつけるという事をまずは試してみてはいかがでしょうか。

若い人もインポになる!?☞インポの原因とは?対策は?

▶ 通販で購入できる男性用のED治療薬一覧ページへ

▶ 女性にもオススメ!女性用バイアグラで不感症・絶頂不全・性交痛を解消しよう!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加