ペニスが起たない30代の悩み。ストレス・加齢などの原因と改善薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代男性の悩める勃起不全についてまとめています。

まさか、自分が勃起不全になるなんて想像していなかった方も多いのではないでしょうか?

しかし、この記事を見ている方は、少なからず勃起不全によるい「起たない」「中折れ」等の症状に悩んでいるはずです。

ここでは、30代の起たない悩みを改善して、できる限り現役でいられるように原因と改善方法を紹介していきます。

30代の起たない原因

そもそも30代で起たない事ってあるの?

ペニスが起たないなんて早くても40代、一般的には50代くらいからではないのか?というイメージを持っている方も多いようですが、実際には年齢による原因もありますが、それだけではありません。

40代、50代からEDになる事もありますが、人によっては10代、20代からEDを発症する事もあります。もちろん、30代からもです。

まずは、起たない原因を知ることが大切です。知らぬ間に起たなくなっていることもありますので、これから紹介する原因が自分に当てハマっていないか確認してみましょう。

ストレスや精神的な問題の心因性

ストレスや精神的

ストレスや精神的な問題でEDを発症する方もいます。

これは気持ち的な問題が大きいのですが、精神病に近い場合もあるので、早期改善は難しいかもしれません。

単なる陰茎の機能障害であれば、ED治療薬で改善できる可能性はグンと高まりますが、精神的な部分となると、悪化した場合うつ病などになってしまう可能性もあります。

しかし、うつ病や精神病にまで達するのはごく稀です。主な精神的な原因としては、セックスをする時の緊張感・不安・過去のトラウマなどが原因となる心因性のEDが一般的です。

なので、緊張や不安からくるものであれば比較的簡単に改善する事も期待できますし、勃起薬で解消する方もいます。

薬の副作用による原因

ED治療薬ではない他の薬を服用している際の副作用による原因です。

30代になると健康的にも徐々に心配し始めて、病院で検査したりしてなにか異常があった場合にはを処方してもらうこともあるかと思います。

一般的な治療薬であればそこまで副作用として起たないなどの症状は出ないと思いますが、特に精神安定剤や抗うつ薬などのお薬には副作用として、勃起が困難になる場合もありますので、持病や病気で薬を飲んでいる方はその線も確認しておきましょう。

食生活の乱れ

食生活

食生活の乱れも30代の起たない原因となります。

特に30代独身の方は、食生活が乱れていたり、外食ばかりしているかと思います。もちろん、ちゃんとした食生活を送っている方も多いともいますが。。

食生活がなぜ勃起不全などの起たない原因となるのか?これは、ペニスが勃起する際の陰茎のメカニズムにあります。

勃起する為にはペニスに流れる血管が拡張して、そこに血液が流れこむことで陰茎が膨張し勃起が起こります。なので血液がドロドロ、要は不健康な体質の方はEDになる可能性を十分に秘めているということです。

運動不足や不規則な生活

食生活だけでなく、運動不足や不規則な生活習慣でも健康的に良くないので、血流の流れが悪くなり、結果的に起たない・中折れするなどEDの症状を発症する可能性があります。

適度な運動やストレッチなどは血流を良くする働きもありますので、適度に運動して健康的な身体つくりを心がけましょう。

体力をつければセックスの時にも疲労感が減りますので、一石二鳥ですよ。

お酒やタバコが大好き

お酒やタバコ

お酒好き・タバコ好きも起たない原因となります。

タバコが体に悪影響なのは皆さんご存知の事かと思いますが、タバコは血管を収縮する作用がありますので、血液の流れが悪くなり徐々に起ちにくい状態になっていきます。

また、お酒は程よく飲む分には問題ありませんが、毎回泥酔するまで飲んだり毎日飲み歩いていたりすると体にも良くありません。肝臓・腎臓に影響が出る事もありますし、そもそも泥酔した状態では神経機能も鈍るので、EDでなくてもセックスするのが困難になる場合があります。

30代の起たない症状を改善する

30代の起たない悩みを改善するにはどうすれば良いのか?

まずは、ここまで紹介してきた原因を改善していくことです。食生活の改善や適度な運動、お酒・タバコを控える、できる限りストレスを抱え込まない。などです。

ストレス緩和するためにタバコを吸う方もいますが、タバコ以外でストレスを緩和できるようにしましょう。

サプリメントでの改善は?

よくサプリメントで勃起不全などの起たない悩みを改善できるという情報がありますが、正直、サプリメントではそこまでの改善は期待できないと思います。

サプリはあくまでも健康補助食品・栄養補助食品として日常の健康をサポートする役割が強い印象です。なので、EDを治療するというよりは、身体のケアをして徐々に回復させていくというイメージです。

気長に待てる方は回復の見込みもありますが、セックス時に勃起できるかというと話は別ですね。

ED治療薬での改善は?

30代の起たない悩みにはED治療薬が最も効果的な方法と言えます。

ED治療薬は、薬を服用する事で陰茎の血管を拡張し、ペニスに流れる血液を促進する作用があるので、ED患者でも十分に勃起する事が期待できます

もちろん、100%という事は断言できませんが、ED治療薬を服用した方のおおよそ7~9割程度の方に勃起効果が見られたとの臨床結果もあるようなので30代で起たない男性でも十分に期待できるでしょう。

▶ 今すぐED治療薬(勃起薬)で起たない悩みを改善したい!

病院やクリニックでの治療は?

病院やクリニックでの治療に関しては、基本的には症状の報告と薬の処方となります。

EDには心因性・器質性・副作用など人によって原因が異なります。ある程度はED治療薬で改善する事ができますので、病院に行っても薬の処方だけで終わってしまいます。

最近ではネット通販を利用してED治療薬を購入する方も増えていますが、やはり不安のある方やED治療薬を服用しても効果がなかった方は、他に原因がある可能性もありますので、専門医に相談してみるのが良いかもしれません。

妊活でEDになる事も?

妊活でED

少子化が進んだり、高齢出産が増えたりと世の中にはいろんな流れがあります。

30代では特に妊活をする夫婦が増えている印象がありますが、妊活によるEDもあるので注意が必要です。

例えば、妊活をするために病院に行き、「排卵日にセックスしてください」と言われたとしても、その時の体調や疲労感などもあり、事務的なセックスになりがちです。男としても必ずしもセックスできる状態にあるかはわかりません。

しかし、妻のため夫婦のために妊活をしなければいけないというプレッシャーや不安・緊張などからEDを発症してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ペニスは意外と繊細なので、リラックスできる状態で、より気持ち良いセックスができるように心がけましょう。

EDに悩んでいる方はこちらもオススメ!☞ED(インポ)の原因について

通販で購入できる人気の勃起薬

ED治療薬はセックスの1時間前に

ED治療薬を服用する場合には1時間前がオススメです。

薬の種類によっては即効性のあるものもあり、効き目や効果時間も異なります。しかし、セックスのタイミングは必ずしも計れるものではありません。その時の状況によっても異なります。

なのでできる限り余裕をもって1時間前を目安に服用しておくと良いでしょう。

30代の起たない悩みまとめ

起たない悩み

さて30代の皆さん、ペニスが起たないという状態、俗にいう「勃起不全(ED)」の男性は、ここで紹介している原因などが当てはまっていないでしょうか?

EDは一度発症してしまうと根治させるのも難しい場合があります。勃起には機能だけでなく精神的な問題も関わってきますので、できる限り落ち着いた状態で、より興奮を高めてセックスするのが好ましいです。

もし、EDを発症してしまったも、できればパートナーにも打ち明けてお互いを思いやりながらセックスできるような関係を築けるようにしましょう。

▶ 起たない悩みに最適!通販で人気の安価で買えるED治療薬ジェネリック品セット!

▶ 個人輸入で購入できる勃起不全のためのお薬一覧ページへ

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加