パロキセチン成分の有効性や適応症は?この成分を含んでいる薬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パロキセチンはうつ病を緩和するために効果的な成分です。

主にパキシルという商品名で販売されている抗うつ薬に含まれている成分で、憂うつな気分を緩和して、うつ病患者の意欲を高める効果が期待できます

ここでは、うつ病に悩む方のために、抗うつ薬の1つで多くの方が使用しているパロキセチン成分に関する情報をお届けします。

パロキセチンとは

そもそもパロキセチンとは?

このパロキセチンは冒頭でも述べている通り、抗うつ薬に含まれている成分です。逆を言えば、パロキセチン成分がメインとなり、この成分を含んだお薬に名前をつけて販売しているのが各抗うつ薬です。

一般的に知られているのはパキシルという抗うつ薬で、日本国内のみでなく、世界的に使用されているお薬です。

イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した成分で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として、脳内に作用し、抑うつ状態を緩和する作用が期待できるというものです。

パロキセチンの作用

作用

パロキセチンにはいくつかの作用があります。

まず1つ目は、うつ病に対してです。これはご存知の方も多いと思いますが、うつ病・うつ状態の方がパロキセチンを摂取することで鬱の症状を緩和していきます。

次にパニック障害です。パニック障害もうつ病に近しい症状と言えるので、臨床試験などで効果があるかという実験を行った際に、比較的多くの方に対して症状の改善がみられたことで有効性が認められています。

また、強迫性障害や社会不安障害に対しても同様に臨床試験が行われ、同じようにこれらの症状を改善する作用があると認められたことから、パロキセチンは多くの症状に対して有効性があるという事が分かっています。

パロキセチンの特徴

パロキセチンは、国内では2番目となるSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)です。

この選択的セロトニン再取込阻害薬の特徴としてセロトニン系の神経にだけ選択的に作用するというものがあります。この特性によって、今までの抗うつ薬と比較しても副作用が少なく、新しいタイプの抗うつ薬として多くの方に使用されています。

第三世代の抗うつ薬などとも言われています。

また、同じ系統の抗うつ薬の中でもセロトニン再取り込み阻害作用が強いほうで、前項で紹介した通り、うつ病以外にもパニック障害・強迫性障害・外傷後ストレス障害などにも効果的だという事がわかっています。

パロキセチンの注意事項

注意事項

パロキセチンには服用するうえで、いくつか注意事項があります。

副作用が少なくなって安全性が高まったといってもあくまで医薬品ですし、うつ病という、辛い精神障害に対して効果を発揮するとなるとそれなりにリスクや危険性も出てきます。

基本的な注意事項としては、パロキセチンに対してアレルギー反応のある方、又は妊娠中や授乳中の方の服用は注意が必要であるということ。

その他、持病などで他の薬を服用している方は、併用禁忌薬に該当していないか確認したり、日常的にパロキセチンと飲み合わせの悪い薬を服用していないかと確認しておく必要があります。

特に注意が必要なこととしては、子どもや比較的若い年齢の方に対しての使用です。特に重いうつ病を抱えている7~18歳の患者に対して使用した場合、必ずしもとは限りませんが、症状の改善どころか症状が悪化してしまうという報告例もあったため十分に注意が必要だと言えるでしょう。

他にもてんかん、緑内障、出血性疾患、躁うつ病、躁病の方の服用や、高齢者、自殺願望者、自傷しやすい方が服用する場合には十分な注意を払ったうえで服用する事が大切です。できることなら周囲に誰かいる状態で服用する事が好ましいです。

パロキセチンの効果効能

・うつ病・うつ状態

・パニック障害

・強迫性障害

・社会不安障害(社交不安障害)

・外傷後ストレス障害

パロキセチンの効果は主にこれらの症状に対して有効性が期待できます。

主にうつ病やうつ状態の方に対して処方されることが多い薬ではありますが、使い方次第ではいろんな症状に対しても効果的です。

応用した使用例としては摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、更年期障害などがあり、これらに使用する場合には独自の判断ではなく、医師の指示に従って正しく服用するようにしましょう。

パロキセチンを含んだ抗うつ薬

パロキセチンを含んだ抗うつ薬は一般的に知られているもので、パキシルがあります。

パキシルの主成分は、ここまで紹介してきたパロキセチン成分で、ご存知の通りうつ病やうつ状態、その他精神障害に対して効果的です。

他にも、パロキセチン成分を含んだ薬として、パキシルジェネリックなどがあります。ジェネリックはパキシルよりも後に製造されたお薬で、同じ成分を含んでいることから基本的な効果効能・作用は同じです。

後発品だからといって効果が劣っているわけではなく、販売価格も安いことから、通販では人気のあるお薬です。

パキシルは通販で購入する事ができませんが、パキシルジェネリックであれば個人輸入という方法で購入する事ができますので、一般の方でも気軽に入手する事が可能です。

通販で購入できるパキシルジェネリック

パキシルジェネリック

パキシルジェネリックはインタスファーマ社が開発したお薬で、有効成分にパロキセチンを含んでいるのが特徴です。

当サイトで取り扱っているパキシルジェネリックは成分量が40mg/30mg/20mg/10mgと4段階になっているので、ご自身の症状や使用用途によって使用する用量を調整する事ができます。

用量が多ければ効果があるというわけでもなく、その人の症状や状態に見合った成分量を継続的に正しく服用する事で効果を実感できていきますので、その点をはき違えないように注意しましょう。

パキシルジェネリックは主にうつ病・パニック障害・対人恐怖症・心的外傷後ストレス障害などに対して効果的なので、これらの症状に悩んでいる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

▶ 通販で購入できるパキシルジェネリックを購入したい方はコチラ。

正規品とジェネリックの違い

正規品とジェネリック品の違いに関しては、特にこれといったことはありません。

基本的な主成分は同じなので、効果効能・副作用・注意事項なども正規品と同じです。製造している製薬会社や商品名、成分量に関しては正規品と異なる部分がありますが、薬としての安全性は認められているものですので、問題なく使用できます。

ジェネリックは医薬品の通販サイトでも多く取り扱っていますが、販売価格も安く個人輸入ではジェネリックの方が人気の商品もあります。

価格が安いからと言って、特に正規品に劣っているというものではなく、単に成分に対しての開発費用がかかっていないので、販売価格も下げられるというものです。

パロキセチン成分も正規品には開発費用がかかっているため比較的コストが高いですが、同じ成分を使用して製造されたジェネリックに関してはコストも抑えられているので、製薬会社としても安価で販売できるという仕組みです。

通販で人気の抗うつ薬

うつ病で悩んだらパロキセチン

うつ病で悩んだらパロキセチン

パロキセチン成分に関する情報はいかがでしたか?

今までパキシルという抗うつ薬を服用していた方でもパロキセチン成分に関しての情報はここまで把握していなかったと思います。

医薬品に限らず言える事ですが、サプリメントや美容品なども成分を気にする事は重要です。特に通販サイトで購入する場合には、稀に偽造品を販売している悪徳業者もいるわけで、すべてが安心というものでもありません

正しい成分名や用量・用法などを事前に知っておくだけでも偽造品を回避できる確率は大幅にアップして、正規の安全な抗うつ薬を購入できると思いますので、その点も頭に入れて覚えておくと良いですね。

パロキセチン成分を含んでいるパキシルやパキシルジェネリックはうつ病や抗不安薬としては通販サイトでも人気のあるお薬ですので、ここまでの情報で購入を検討している方はより詳しい製品情報をパキシルジェネリックを通販で購入する方向けの詳細ページにてご確認ください。

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加