鬱病に効果のあるパキシルを徹底調査!作用や特徴から安全性を学ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パキシルはうつ病に対して症状を緩和する効果が期待できるお薬です。

抗うつ薬として人気のあるパキシルは、病院でも鬱の症状によって処方されることがありますが、実際にパキシルの効果を正しく理解してから服用している方はどれくらいいるのでしょうか。

ここでは、パキシルの効果や作用についての情報をまとめて紹介していますので、どのような作用が起こってうつ病を緩和するのか、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

また、病院での処方ではなく通販でも購入する事ができる抗うつ薬も紹介しています。

そもそもうつ病って?

そもそもうつ病とはどんな症状が該当すると言えるのでしょうか?

うつ病は、気分障害のの1種でもあり、精神障害でもあります

主に、抑うつ気分・意欲低下・食欲低下・眠れない・不安感など気持ち的な部分に起こる症状です。

うつ病を発症すると、なにもやる気が起きなかったり、仕事や家事が手に突かない、気持ち的に負の方向へと進み、最悪の場合は自殺や自傷に至る場合もあります。

日本のみならず、世界的にうつ病患者は多く存在し、原因も人によって異なりさまざまなので、具体的な治療ができないという現状があります。

完治するのは難しい場合もあり、基本的には抗うつ薬や精神安定剤などを服用して、気持ちをリラックスさせ、症状の緩和を目指します。

うつ病は薬で治療できる?

うつ病は薬で治療できる

うつ病は薬だけで根治させるのが難しいとも言われています。

やはり気持ちの面での影響が大きく、一時的に症状が解消しても再発のリスクもあります。

ただし、抗うつ薬を服用する事で、症状の緩和やリラックス状態に持っていく事は大いに期待できますので、根気強くそれらの解消法を続けることで、うつ病の本人も社会的に復帰できたり、人付き合いがうまくいくようになることも十分にありえます。

うつ病の症状も抗うつ薬の効果も人によって異なりますし、完璧に完治するとも断言できませんが、諦めずに継続して治療を続けることは本人とっても大切なことと言えるでしょう。

うつ病に効果的なパキシル錠

うつ病に効果的な薬にもいろんな種類があります。

種類を紹介していると長文となってしまうので、ここでは省略させて頂き、抗うつ薬の中でも副作用も少なくて比較的新しいタイプとして人気のあるパキシルについて紹介したいと思います。

パキシルは抗うつ薬の中でも選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に部類されるお薬で、有効成分にはパロキセチンを含んでいるのが特徴です。

副作用が少ない、うつ病や社会不安障害のどちらにも効果が期待できるタイプの抗うつ薬で第三世代の抗うつ薬とも言われています。

市販の薬局やドラッグストアなどでは購入する事ができず、病院での処方や個人輸入通販サイトで買う事ができ、当サイトでも人気のある抗うつ薬の1つです。

▶ 通販でも購入できるパキシルジェネリックはコチラ!

パキシルの効果

パキシルの効果

パキシルの主な効果としてはうつ病・うつ状態・パニック障害・強迫性障害・社会不安障害(社交不安障害)・外傷後ストレス障害などに対してです。

基本的にはうつ病に適したお薬としていますが、実はうつ病に近しいメンタルに関わるいろんな症状に対して効果が期待できるのです。

パキシルの効果を十分に発揮させるためには正しい用量・用法で安全に服用する事が大切ですので、通販で購入する場合にはしっかりと説明書を読むなど事前に確認する事を忘れずに、病院で処方してもらう際には医師の指示に従って服用し、できる限り安全に効果を実感できるようにしましょう。

また、うつ病や社会不安障害などに効果があるといっても人によって薬の効き具合や効果に対しての個人差はありますので、その点も十分に理解してから服用してくださいね。

パキシルの作用

パキシルの基本的な効果はご理解いただけたかと思います。ここで、少し参考になるパキシルの作用について紹介していきましょう。

パキシルには本当に効果があるのか?その点をできる限り解消していきたいので、参考になる臨床試験の情報をまとめていきます。

【臨床試験情報①】

パニック障害に対しての効果を「ニセ薬(プラセボ)」と比較した試験です。パニック障害の患者にパキシルとニセ薬を飲ませた後に2か月後の改善状況を見るというものです。

結果としては、パキシル使用者では51%、ニセ薬服用者では32%の改善率があったという結果でした。このことからパニック障害に対しての有効性も認められたという事です。

【臨床試験情報②】

強迫性障害に対しての効果についてです。強迫性障害の患者200人を対象として、パキシルとニセ薬服用者の比較試験です。

最終全般改善度としては、パキシル服用者が50%、ニセ薬服用者が23%と比較的大きな差がでたことで、パキシルの強迫性障害への効果が十分に期待できるという事が示唆されました。

【臨床試験情報③】

社会不安障害に対する効果の試験です。社会不安障害の患者400人程を対象にした試験で、パキシルの用量を20mg服用する方、40mg服用する方、ニセ薬を服用する方の3つに分けて試験を行ったようです。

結果としては、パキシルを20mgと40mgを服用した方達にはそこまでの大差がなく、ニセ薬を服用した方に対してはパキシルほどの効果が得られなかったため、パキシルにも社会不安障害に対しての効果があるという事はわかったようです。

【臨床試験情報④】

最後に海外で調査された外傷後ストレス障害に対しての効果です。551人の患者を対象にして行った試験のようです。

結果としては、20mgの低用量で62%、40mgの高用量で56%、ニセ薬で36%と、パキシルのほうが効果的という事がわかりました。

もちろん、効果が出ていない方もいますし、少なからず個人差もあり、あくまで臨床試験なので、必ずしも効果が出るとは限りません。ここまでの臨床試験情報は参考までに覚えておく程度で良いでしょう。

パキシルの効果時間

パキシルを服用した時の効果時間は、おおよそ15時間程度を目安としています。

血中の濃度が一番高くなるのは、パキシルを服用してからおおよそ4~5時間程度で、抗うつ薬の中でも比較的効果時間が長いので、だいたいの方が1日に1回の服用で問題ないとしています。

使用する成分量によって効果時間や、薬の効き目も異なるかもしれませんので、細かい作用や使用方法に関して不安のある方は、専門医に相談してから服用しましょう。

通販できるパキシルジェネリック

パキシルジェネリック

冒頭でも述べている通り、パキシルは通販サイトでは購入する事ができません。

購入するとなると病院での処方のみとなります。

しかし、ネットが普及した現代では個人輸入通販という方法で、海外の医薬品を購入する事ができます。この方法を利用する事で、パキシルの正規品ではありませんが、パキシルジェネリックを購入する事ができます

ジェネリックといってもパキシルと同じくパロキセチン成分を含んでいる抗うつ薬で、基本的な効果・作用は同じです。

うつ病や社会不安障害に対しても効果的なので、通販で薬を購入するという抵抗がない方は、ぜひ個人輸入を利用してパキシルジェネリックを購入してみてはいかがでしょうか。

▶ パキシルジェネリックの商品情報をもっと詳しく知りたい。

通販で人気のある抗うつ薬4選

パキシルとうつ病まとめ

パキシルとうつ病

抗うつ薬として人気のあるパキシル錠の効果・作用についてはいかがでしたでしょうか?

臨床試験の情報なども含めてパキシルの効果について紹介させて頂きましたが、簡単にまとめるとうつ病や社会不安障害に対して効果的なお薬として、服用する事で気持ちの落ち着きや、意欲を向上させる効果が期待できるというものです。

もちろん、薬を服用した際の効果には個人差があったり、場合によっては副作用が辛くなってしまう方もいると思います。あくまでも医薬品ですので、服用する際には細心の注意を払って飲むようにしましょう。

▶ 通販で購入できる抗うつ薬・精神安定剤の一覧ページへ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加