パキシルってどんな薬?SSRIって?うつ病の疑問と人気の抗うつ薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パキシルはSSRIに分類されている抗うつ薬です。

一般的には精神障害や気分障害の方が、病院で診察を受けた後に処方してもらうことで服用する事のできるお薬です。

今回はこのパキシルというお薬の基本的な情報と、SSRIはどんな薬なのか?など、うつ病と抗うつ薬に関する内容をご紹介。

うつ病をしっかりと改善していくためには、抗うつ薬の作用やご自身の症状に適したお薬を服用する事が大切ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パキシルって?

パキシルって

パキシルはうつ病や不安障害に効果的な抗うつ薬の1つです。

憂うつな気分や不安感がある、やる気が出ないなど鬱の症状が出ている際に服用する事で、意欲を向上させたり、不安な気持ちを緩和させる効果が期待できます

パキシルにはパロキセチン塩酸塩成分が含まれており、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の部類に該当している抗うつ薬です。

SSRIについては後程ご説明させて頂きますので、まずはパキシルの基本的な効果効能・副作用などを見ていきましょう。

パキシルの効果

パキシルの効果はご存知の通り、うつ病やうつ状態に対して作用していきます。

うつ病の症状といっても人によっていろんな状態があります。集中力が出ない、やる気が起きない、悲観的になる、落ち込む、眠りにくいなど主に精神的な問題が多いのがうつ病の特徴です。

これらのうつ病の症状が出た際にパキシルを服用する事で、精神的な症状を緩和して気持ち的にもリラックスさせ、意欲を高めていく効果が期待できます。

~作用一覧~

・パニック障害

・社会不安障害(社交不安障害)

・強迫性障害

・外傷後ストレス障害(PTSD)

・うつ病、鬱状態

摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、更年期障害などに応用されることもある。

▶ 通販でも安全に購入出来るパキシル(ジェネリック)の商品詳細ページへ

パキシルの特徴

パキシルの特徴

パキシルにはパロキセチン成分が含まれているのが特徴の1つです。

また、日本国内では2番目に開発された選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)で、セロトニン系の神経に対してピンポイントに選択的に作用するという特徴もあります。

抗うつ薬にはいろんな副作用があり、多くは口の渇きや便秘などの症状が出るのですが、これらの症状が軽減されているのもパキシルの魅力の1つです。

基本的には1日1回の服用なので、手間もかからず、同じ部類の抗うつ薬のかなでもセロトニン再取り込み阻害作用が強いほうで、抗うつ作用と抗不安作用の2つに対しての効果があるというのも特徴的です。

従来の抗うつ薬とは異なる新しいタイプということで第三世代の抗うつ薬として人気があり、作用も期待できるので病院でも処方されることがよくあります。

パキシルの用法

パキシルの使用方法は症状に対して異なります。

以下に用法の参考例をまとめてみましたので、参考にしてみてください。ただし、ここに記載する使用方法がすべてではありませんので、詳しくは商品詳細や説明書、専門医に確認してから服用する事を推奨しています。

【うつ病・うつ状態】
・1日1回夕食後に成分量を20~40mgで経口服用する。1回の服用量は10~20mgでスタートして、1週ごとに10mg/日ずつ増量するなどの調整を行う。※症状によって1日40mgを超えない範囲で使用量を増減する。
【パニック障害】
・1日1回夕食後に成分量30mgを経口服用する。服用開始時は1回10mgでスタートし、1週ごとに10mg/日ずつ増量して様子を見ていく。※症状により1日30mgを超えない範囲で使用量を増減する。
【強迫性障害】
・1日1回夕食後に成分量40mgを経口服用する。服用開始時は1回20mgでスタートし、1週ごとに10mg/日ずつ増量して様子見。※症状により1日50mgを超えない範囲で使用量を増減する。
【社会不安障害】
・1日1回夕食後に成分量20mgを経口服用する。服用開始時は1回10mgでスタートし、1週ごとに10mg/日ずつ増量して様子見。※症状により1日40mgを超えない範囲で使用量を増減する。
【外傷後ストレス障害】
・1日1回夕食後に成分量20mgを経口服用する。服用開始時は1回10~20mgでスタートし1週ごとに10mg/日ずつ増量して様子ををみていく。※症状により1日40mgを超えない範囲で使用量を増減する。

パキシルの副作用

パキシルの副作用は他の抗うつ薬に比べると比較的少ないのが特徴でもありますが、多少なり副作用が起きる可能性はあります。

これはパキシルに限らずどんな抗うつ薬にも言える事ですので、抗うつ薬を服用する際には副作用には気を付けるようにしましょう。

どうしても副作用が辛い場合には、医師に相談したり、事前に詳しい情報を確認しておくことをオススメします。

※一般的に起きやすい副作用

吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢、眠気、不安感、イライラ感、めまい、頭痛、だるい、ふるえ、性機能異常(射精遅延、勃起障害)、生理不順、発汗、尿が出にくい、動悸、かすみ目、まぶしい、出血傾向、発疹、発赤、かゆみ...etc

通販で人気のある抗うつ薬

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)って?

選択的セロトニン再取り込み阻害薬は抗うつ薬の1種です。

SSRIとも略し、神経細胞などで形成されるシナプスにおけるセロトニンの再吸収に対して働きかけることで鬱の症状や不安感を改善するためのお薬です。

日本国内では100万人以上が使用しているとも言われているほど人気ああり、業界としてはとても有名なお薬のジャンルであり欠かせない抗うつ薬です。

ここで紹介しているパキシルもこのSSRIの部類に入ります。

パキシルの購入手段

パキシルを入手するには病院で診察してもらった後に、処方してもらうしかありません。

日本では薬事法の関係などもあり、医薬品を気軽に市販の薬局などで置くことができない場合があります。

取扱いに注意が必要なものもあるので、すべてが薬局で手に入るわけではありません。

しかし、このパキシルと同じ成分を含んでいるパキシルジェネリックであれば、通販サイトでも購入する事ができます。

個人輸入という方法で、海外で製造されているパキシルジェネリックであれば、個人が使用する目的で購入する事ができるので、使用する場合には個人輸入通販サイトを利用すると良いでしょう。

通販ならパキシルジェネリック

パキシルジェネリック

前項で紹介している通り、通販で購入するならパキシルジェネリックです。

基本的に、パキシルの正規品と同じパロキセチン成分を含んでいるので、効果作用も変わらず、副作用なども同じ症状に注意しておく必要があります。

個人輸入通販サイトではパキシルジェネリックをはじめ、多くの抗うつ薬や抗不安薬を取り扱っていますので安心してご利用頂けますが、使用方法や注意事項などはご自身で確認して頂く必要がありますので、その点はご理解いただくようお願いします。

使用する際にどうしても不安な方は、専門医に相談してから服用する事をオススメします。

▶ 個人輸入できるパキシルジェネリックはコチラ。

パキシルと抗うつ薬まとめ

パキシルと抗うつ薬

病院での処方や通販で購入出来るパキシルの情報に関してはいかがでしたでしょうか。

パキシル(ジェネリック)は新しいタイプの抗うつ薬として副作用も少なく、通販サイトでも非常に人気のあるお薬です。

通販で安全に購入するためには、より詳しい情報や知識が必要です。ネット上には嘘の情報や偽造品を販売している業者もいたりするので、そのような悪徳業者に騙されないように、できる限り注意して購入するようにしましょう。

薬は安全に購入して正しく服用しましょう。

▶ 通販サイトで購入出来るうつ病薬一覧ページへ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加