レクサプロ服用時に起こる副作用や注意事項まとめ。安全性を知る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサプロは抗うつ薬としてうつ病の症状で悩む方たちが服用するお薬です。

うつ病に対してのお薬はいろんな種類のものがありますが、いずれも正しく服用しなければ危険性が伴います。

特に、他の医薬品と違って薬の種類によっては依存症や離脱症状などが出やすいのがうつ病ですので、それに関してはこのレクサプロも例外ではありません。

ここでは、レクサプロを正しく安全に服用して頂くために薬の副作用や注意事項についての情報をまとめていきます。

レクサプロについて

レクサプロは前述している通り、うつ病に対して効果的なお薬です。

海外の製薬会社であるルンドベック社が開発したお薬で、有効成分にはエスシタロプラムを含んでいます。

このエスシタロプラム成分は選択的セロトニン再取り込み阻害薬の1種であり皆さんがご存知の抗うつ薬です。

病院で処方されることはあるかと思いますが、市販の薬局やドラッグストアでは購入する事ができません。

通販では個人輸入を利用する事で入手する事ができますが、自己管理が必要なので正しく安全に服用するためにも効果・作用や副作用・注意事項はしっかりと確認しておきましょう。

レクサプロの効果・作用

レクサプロの効果・作用

レクサプロの効果はしつこいようですが、うつ病に対してがメインとなります。

うつ病といってもいろんな症状があり、人によって深刻度も異なり、人によっては薬での治療だけでは改善しない方もいます。

逆に薬に頼り過ぎてしまい依存する事によって急に薬の服用を辞めると離脱症状が出る可能性もありますので、適量を正しく服用する事が大切です。

主な効果はうつ病・パニック障害・対人恐怖症・パニック障害などに対してで、精神的な落ち込み、不安感、緊張感、集中力低下なども、これらの症状に該当しており、レクサプロなどの抗うつ薬を服用する事で落ち着きを取り戻します。

もちろん、必ずしも効果が出るという確約はないので、いかに安全服用して用量を調整しつつご自身の気持ちを抑えるかが重要と言えます。

薬の効果は個人差もあり、人によって相性もあるので、レクサプロで効果がなくても他の薬であれば効果が出るという可能性もあります。逆も然りです。

▶ うつ病に効果的!個人輸入通販で人気のレクサプロの詳しい情報はこちら。

レクサプロの一般的な副作用について

抗うつ薬としても人気のあるレクサプロですが、副作用にも注意しておかなければなりません。

抗うつ薬のほとんどが副作用を感じるのですが、その副作用も人によって体感具合が異なります。副作用をしんどく感じてしまう方もいますが、そこまで気にならないという方もいますので、これから紹介する副作用もあくまで発症する可能性のあるものとして覚えておきましょう。

また、このレクサプロに関しては他の抗うつ薬よりも比較的安全性が高く、副作用も少ないほうだという意見が多いです。口の乾きや便秘など、他のうつ病薬では起こりやすい症状も少なくなっている薬として口コミなどでも良い意見がありあますので、その点も踏まえて購入するか検討してみてくださいね。

~よくある副作用~

吐き気、食欲不振、口の渇き、下痢、腹痛、嘔吐、眠気、めまい、頭痛、だるい、不安感、イライラ感、不眠、動悸、不整脈、尿が出にくい、性機能異常、発疹、出血傾向…etc

レクサプロの重い副作用について

重い副作用

副作用の中でも稀に発症する可能性のある重い副作用もあります。

基本的には前項で紹介している副作用の症状が多いのですが、人によってはレクサプロを服用する事で、逆に神経質・神経過敏になったり、不安感を感じたり、イライラするなどの症状が出る場合もあります。

また、イライラが治まらない時には衝動的な行動を起こす事も考えられますので、できる限り落ち着いた場所で服用するようにしましょう。

ただし、これらの精神的な変調もレクサプロなどの抗うつ薬を服用し始めた時に比較的多くみられる症状でもありますので、焦らず落ち着いて様子をみてみましょう。心配な場合には医師に相談したりして、事前にどの程度の副作用が出る可能性があるのかなどを聞いてみるのも良いかもしれません。

レクサプロの重い副作用一覧

【セロトニン症候群】
・落ち着かない、不安、興奮・混乱、不眠、体が震える・ぴくびくする、めまい、発熱、発汗、頻脈、下痢、血圧上昇、立ちくらみ。
【痙攣、昏睡】
・筋肉のぴくぴくする、筋肉が硬直する、手足の痙攣、全身の痙攣、ふるえ、白目、硬直、混乱、朦朧とする、意識が飛ぶ。
【抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)】
・だるさ、のどの渇き、頭痛、吐き気、痙攣、意識朦朧、気を失う。
【不整脈(QT延長、心室頻拍)】
・動悸、脈が遅い、脈が速い、脈の乱れ、胸の痛み、胸の違和感、めまい、立ちくらみ、失神。

これらはあくまでも可能性の1つです。レクサプロを服用したからと言って必ずしもこのような副作用が起きるとは限りません。

また、副作用に関してはレクサプロ以外の抗うつ薬でも起こる可能性はありますので、どんなうつ病薬を服用する際にも事前に確認しておきましょう。

もしも、薬を服用した後に発汗・発熱・震えなどいつもと違う感覚がある場合には、医師に相談したり、病院に電話して聞いてみるのも安心感を得るためには良い方法です。

副作用はいつまで続く?

副作用はいつまで

副作用は基本的に薬の効果が効いている間や、薬の作用時間に近しい時間帯で発症します。

薬の効果が切れると同時に副作用の症状も治まることもあれば、一時的に症状が出た後にすぐ改善する事もあります。

一概にどれくらいの時間副作用が続くかは断言できません。人によって副作用と感じないほど軽い症状の場合もありますので、その点も知っておくと良いかもしれませんね。

▶ 市販では購入できない抗うつ薬「レクサプロ」はコチラ。

副作用以外の注意事項

・妊娠中の服用は注意が必要です。服用中に妊娠する場合もありますので、その際には専門医に相談しましょう。

・お酒(アルコール)と一緒に飲んでしまうと副作用が出やすくなりますので、注意が必要です。

・薬ですぐに治ると思いこまないようにしましょう。効果は期待できますが、ご自身の身体をしっかりと休める事を第一に考えましょう。

・うつ病の治療に焦りは禁物です。早く治したいからといって薬を多用したり乱用するのはお止めください。

・飲み合わせの悪い併用禁忌薬があります。持病などで薬を服用中の方は事前にかかりつけの医師に相談してください。

通販で購入出来るレクサプロ

通販ではレクサプロを購入する事ができます。

冒頭でも述べていますが、市販では販売していないので、基本的には病院での処方や通販サイトを利用して入手する方法となります。

病院では診断してもらった後に、レクサプロを処方してもらい、飲み方などの説明があると思いますが、通販の場合にはそれがありません。

通販サイトは気軽に購入出来て、病院のお薬よりも安く購入する事ができるというメリットもありますが、説明がない、自己責任になるという点が唯一のデメリットとなります。

抗うつ薬は依存する方も多く、それなりにリスクもありますので、まずは飲み方や副作用、注意事項について理解してから通販で購入するのが一番ベストです。

レクサプロ以外の抗うつ薬

レクサプロと副作用まとめ

副作用まとめ

いかがでしたでしょうか。

レクサプロは通販でも人気のあるうつ病薬で、海外をはじめ、日本国内でも多くの方が服用しています。

しかし、人によって症状の具合や深刻度も違います。薬の効き目や症状の改善に関しては個人差もありますので、薬のみに頼るのではなく、ご自身の安静、ストレスを溜めない生活など日常生活も見直して心が落ち着く環境を作ってあげる事も大切です。

ぜひ、ここまで紹介してきた薬の効果や副作用などの情報を参考にしてレクサプロを安全に服用するようにしてください。

▶ 通販で購入出来るレクサプロを今すぐ買いに行く!

▶ 通販で買えるレクサプロ以外の抗うつ薬をチェックしてみる。

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加