筋弛緩作用とは?自分で飲める?通販で筋弛緩作用のある薬は買える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは筋弛緩作用についてまとめています。

筋弛緩作用のある薬は抗不安薬として使用されていることもあります。当通販サイトでは筋弛緩作用として販売している薬はありませんが、抗不安薬として取り扱っているお薬は複数あるので、これらの関係性などを踏まえて、紹介している内容をできる限りQ&A形式でわかりやすくまとめていきますので、目次を参考に参考にしてみてください。

筋弛緩作用とは?

筋弛緩作用とは、簡単に説明すると筋肉の緊張を緩和するための作用です。その名の通りですが、筋弛緩作用のあるお薬を服用する事で、体の緊張状態を緩和していき、リラックス効果や筋肉痙攣に対して効果が期待できます

この筋弛緩作用には中枢神経の抑制を増やして強化する作用があるので、それに対する副作用などが出ることもあります。

また、人によっては依存してしまう方もいたり、乱用するというリスクがあるので、ご自身の判断で筋弛緩作用のある薬の服用量を調整するというのは多少なりリスクが伴うと言えるでしょう。

基本的にはどんな筋肉痙攣症状の方にも使用はできるとして、緊張を軽減する量でだいたいの方に鎮静効果が期待できます。

筋弛緩作用が必要な方は?

筋弛緩作用が必要な方

筋弛緩作用の必要な方は、主に筋肉に緊張があり肩こりや首コリ、腰痛などがある方などです。

何かしらの理由が原因で筋肉に対して緊張が起きてしまい、張りのある場合には前述した肩こり・腰痛・頭痛などの症状が起きることがあります。

筋肉が緊張してしまう原因として、脳から脊髄と経由して筋肉に命令が下ることで筋肉に緊張が起きてきます。なので脳に近い首などは特にコリやすく、日常的にパソコンなどを使ったデスクワークで首を下にしている状態が長かったりすると首に負担がかかり、首コリや首の疲れなどから筋肉や体にストレスが溜まり緊張性頭痛を発症したりもするのです。

そういった方に筋弛緩作用のあるお薬が効果的で、基本的には症状が出た際に病院に行って専門医の診断のうえ、薬を処方してもらうことが多いと思いますが、通販サイトでも筋弛緩作用のある薬を取り扱っているところがあるので、ご自身で購入して服用するという方もいるようです。

ただし、薬の服用には注意も必要なので、できることなら個人の判断で服用せずに医師の指示に従って服用する事が好ましいです。

筋弛緩作用のある薬にはどんな成分がある?

筋弛緩作用のある薬でも比較的有名なものとして、エペリゾン塩酸塩を含んでいるミオナール錠、チザニジン塩酸塩を含んでいるテルネリン錠、クロルフェネシン カルバミン酸エステルを含んでいるリンラキサー錠、ダントロレン ナトリウムを含んでいるダントリウムカプセルなどがあります。

これらの成分には筋肉に対して直接働きかけて、体のこわばりやつっぱり、コリなどをほぐしたり、筋肉を緊張している神経を抑える効果があります。

また、これらの成分は主に病院で処方されることが多いお薬ですが、以前は抗不安薬として人気のあったデパス錠にも筋弛緩作用があるとして、通販サイトではデパス錠を購入する方も多いという時期がありました。

一部の抗不安薬には筋弛緩作用もあるので、そのような豆知識も知っておくと薬を購入する際には良いでしょう。

筋弛緩作用がある薬の使い道は?

筋弛緩作用のある薬の主な使い道としては、筋肉をやわらげるという目的がありますので、主に筋肉が関係している病気や症状に対してです。

簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

・五十肩や四十肩と呼ばれている肩関節周囲炎。痛みによって肩を上げたり、動かすことができなくなってしまう病気。

・脊髄に問題が起きたり、障害が発生し感覚機能や運動機能に障害がおこる脊髄損傷。

・加齢、疲労、筋肉の衰えなどのいろんな原因によって、腰が痛くなる腰痛。

・ストレスや緊張などが溜まり過ぎてしまい頭に負担がかかる緊張型頭痛。

・痙性麻痺など手足の筋肉がこわばる状態。

筋弛緩作用のある薬って?

筋弛緩作用のある薬

筋弛緩作用のある薬は少し前の項目でも簡単に紹介していますが、主にミオナール錠・テルネリン錠・テルネリン錠・ダントリウムカプセルなどがあり、それら以外にもデパス錠などの抗不安薬で筋弛緩作用を得られる場合もあります。

また、筋弛緩作用のある薬といっても他にも効能があったりします。

例えば、ミオナール錠であれば緊張型頭痛に対して効果的、テルネリン錠であれば脊髄小脳変性症・外傷後遺症、リンラキサー錠であれば変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、ダントリウムカプセルであれば全身こむら返り病、悪性症候群などなど。

筋弛緩作用に限らず、薬には1つの症状に対してという限定はなく、意外性のある症状に対しても効果がある場合があります。

なので、前述している通り抗不安薬でもあるデパス錠に筋弛緩作用があってもなんら不思議ではありません。

実際に筋弛緩作用を期待してデパス錠を服用していた方もたくさんいるのです。

筋弛緩作用の注意点は?

筋弛緩作用の注意点としては副作用などがあるということです。

これは筋弛緩作用のあるお薬でなくとも起こる可能性があるのですが、薬の本来の作用とは異なる別の作用のことで、症状としては以下の症状が出る可能性があります。

もちろん、人によって個人差もありますので、参考までに把握しておくと良いでしょう。

・眠気、発疹、かゆみ。血圧低下、眠気、頭痛、ふらつき、脱力感、食欲不振、吐き気、口の渇き、発疹、かゆみ、眠気、めまい、腹痛、発疹眠気、頭がボーッとする、便秘、肝機能値の異常、だるさ、ふらふら感、熱感、しびれ感…etc

デパス錠にも筋弛緩作用がある?

これまでの項目でも少しだけ紹介していますが、抗不安薬としても有名なデパス錠には筋弛緩作用があります。

デパス錠に限らずアルプラゾラム、ロラゼパム、ブロマゼパム成分などを含むベンゾジアゼピン系抗不安薬などにはうつ病や精神病に対しての抗不安薬効果以外にも筋弛緩作用や催眠作用、抗けいれん作用なども期待できるのです。

デパスの代わりとなる薬はある?

デパスの代わり

デパス錠は現在は通販サイトで取り扱いができなくなっています

海外医薬品は個人輸入できるものと規制がかかっているものがあり、デパス錠は以前は個人輸入で販売することができましたが、今ではできなくなっており、デパス錠を買い求めている方に関しては代わりとなるお薬を購入しています。

また、デパス錠を購入する方のほとんどは抗不安薬として購入する方が多く、筋弛緩作用を期待する方はごく稀です。

通販でデパス錠を取り扱っていた際にもうつ病の薬や不安障害、気分障害のための用途としてデパスを購入する方が多かったですね。

抗不安薬ならこちらもオススメ

抗不安薬と筋弛緩作用まとめ

抗不安薬と筋弛緩作用

筋弛緩作用についてはある程度ご理解いただけましたでしょうか。

なかなか通販で筋弛緩作用のあるお薬を購入する方は少ないと思います。前述している通り、筋弛緩作用のあるデパス錠を購入する方も基本的には抗うつ剤・抗不安薬として購入する方が多く、今現在デパス錠の代わりとして販売している抗うつ薬も筋弛緩作用のあるものはないに等しいです。

詳しくは各商品詳細ページより確認していただければお薬の効果効能や副作用・注意事項は確認できますので、そちらを参考にしてみてください。

また、抗不安薬以外にも片頭痛などの痛み止め薬なども取り扱っていますので、ご自身に合うお薬を購入し、適切な用量・用法にてご利用ください。

当サイトで取り扱っている商品は医薬品がほとんどです。抗不安薬などは依存性の出る可能性もありますので、十分に注意して服用しましょう。

▶ 抗不安薬一覧ページへ。デパス錠の代わりを探している方にオススメ!

▶ 頭痛薬(偏頭痛)/痛み止め薬(鎮痛剤)をお探しの方はコチラ

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加