バイアグラの副作用は頭痛だけ?気になる副作用と注意事項まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイアグラには副作用があります。

男性の勃起作用を促すお薬として、世界的に有名な製薬会社であるファイザー社から開発されたED治療薬ですが、そのバイアグラの作用とは裏腹に起きてしまうのが副作用です。

副作用は自分の意思で起きてしまう症状ではなく、薬の成分に対する効果とは反して起きてしまう体への症状です。

特にバイアグラの場合には頭痛、めまい、ほてりなどが多いと言われ、その他にもいろんな副作用の報告例があります。

ここでは、バイアグラによって頭痛やその他の副作用が起きた時に気を付けるべき注意点や起こりうる副作用の症状についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイアグラと頭痛

バイアグラと頭痛

バイアグラには有効成分にシルデナフィル成分が含まれています。

シルデナフィル成分の主な作用として、陰茎に流れる血管を拡張して血液の流れを促進させる効果があります。

この勃起を促す効果によって起きる副作用の1つとして頭痛の症状があり、これはバイアグラに限らず、レビトラやシアリス、その他のED治療薬でも十分に起こりうる症状です。

頭痛の症状には個人差があり、人によっては全く感じない場合もあれば、少し頭痛の症状がひどい方もいます。

このバイアグラやその他のED治療薬を服用する事で起こる頭痛の原因としては、脳内にある血管を拡張することで、それらの周辺にある神経が刺激され頭に痛みを感じたりすることがあるのです。

また、参考までにバイアグラに起こる頭痛のメカニズムと近しい症状としてアルコールを摂取した時の頭痛と類似しています。なので、お酒を飲んだら頭痛を感じる方や、頭痛を感じやすい方はバイアグラを服用しても頭痛になりやすい可能性が高いということです。

もちろん、副作用は誰しもが起こりうる可能性がありますので、お酒に弱い方に限らず頭痛、ほてり、めまいなどの症状が出るという事は、バイアグラを服用する上で覚えておくべき事でしょう。

頭痛が起きた時の対処法

バイアグラを服用するときに頭痛が起きた時の対処法として、一番有効と言われているものが市販や薬局でも売っているロキソニンです。

ロキソニンは頭痛を抑える効果がありますので、バイアグラによって頭痛が起こりやすい方は事前にロキソニンを用意して、併用して服用するという方もいます。

しかし、ロキソニンはできる限り食後に服用するのが好ましいお薬で、バイアグラは食前に服用するほうが効果が期待できるものです。なので、できることならバイアグラと同じ食前に服用するのが一番良いのですが、胃が弱い方だと胃粘膜が荒れやすくなるというロキソニンの副作用を感じてしまうこともあるので、安易に併用しないようにしましょう。

また、ロキソニンの副作用を抑えるために胃薬も併用するという方法もありますが、薬に対しての知識がない方が、ここまで薬を併用するには危険を伴いますので、できる事なら病院やクリニックで相談する事をオススメします。

実際に病院クリニックではバアイグラと同時に頭痛薬や胃薬が処方されることもあるので、詳しく知りたい方や安全性を第一に考えている方は専門家の指示に従って服用すると良いでしょう。

▶ バイアグラの副作用は知っているので、今すぐ購入したい方はコチラ

バイアグラの軽度の副作用

軽度の副作用

バイアグラに含まれるシルデナフィル成分による副作用として代表的な頭痛について詳しく紹介してきましたが、その他にもめまい・ほてりなどいくつかの副作用があります。

その他の代表的な副作用としては、頭痛・ほてり・潮紅・鼻づまり・めまい・血圧の変動・動悸・頻脈・視覚異常・彩視症・光視症・視界が青くみえる・黄色くみえる・かすむ・まぶしい...etc。

もちろん、必ずしも起こるという事ではなく、あくまで過去にあった報告例の1つとして挙げらています。

この中でも特に「頭痛・ほてり・めまい」等の症状が多く、バイアグラを服用した方のほとんどに起こるとしています。

バイアグラの重度の副作用

バイアグラの重度な副作用として、「低血圧、失神、尿路感染、勃起の延長、持続勃起、前立腺疾患、気道感染症、鼻出血、副鼻腔炎、視力低下、網膜静脈閉塞、霧視、網膜出血、突発性難聴...etc」これらの症状があげられます。

この重度の副作用の発症頻度は正直不明です。

ほとんど起きる事はなく、非常にレアなケースだと言えます。基本的にはED(勃起不全・インポ)の症状以外は健康的な方が服用する事で、満足のいく勃起状態を得ることが期待できるお薬ですが、重度の病気を患っていたり、併用してはいけないお薬を一緒に飲んでしまう事で、これら重度の副作用が起こりやすくなる可能性はあります。

なので、たとえバイアグラと言えと医薬品であるという事を大前提に、注意事項や副作用を確認してから正しく安全に服用するようにしましょう。

人気急上昇!バイアグラジェネリック

ED治療薬は正しく服用する

ここまではバイアグラを服用した時の頭痛やめまいなど、起こりうる副作用について紹介してきましたが、これらの副作用はバイアグラに限ったことではありません。

バイアグラ以外にもレビトラやシアリスなど世界的に有名なED治療薬があり、日本をはじめ、海外では多くのジェネリック医薬品が存在しています。

ジェネリックは基本的にバイアグラ、レビトラ、シアリスと同じ成分を含んでいるので、副作用も同じように起こる可能性があるという事を覚えておきましょう。ジェネリックだから安全というものではありませんので、医薬品であるという事を忘れずに服用してくださいね。

ED治療薬の危険性を知っておく

ED治療薬の副作用に関する危険性は十分にご理解いただけたかと思います。

ここで紹介している内容は、すでにバイアグラなどのED治療薬を服用したことのある方でも注意するべき事です。

1回飲んで何もなかったからと言って次も確実に何も起こらないという事はありません。皆さんに副作用が起こる可能性はありますので、服用時は毎回慎重に飲むようにしてください。

また、副作用以外にもバイアグラをはじめED治療薬には注意事項があります。女性の服用が出来ない、重度の心臓病・肝臓病の方は服用できないなどの注意点がありますので、詳しく知りたい方は、病院で専門家に確認してから服用するか、個人で情報を収集しておきましょう。当サイトでも別のブログで紹介していますので、参考にしてみてください。

ED治療薬と併用禁忌薬

ED治療薬と併用禁忌薬

ED治療薬には併用禁忌薬があります。

併用禁忌薬とは飲み合わせの良くない薬の事で、バイアグラやその他のED治療薬と同じタイミングで服用してはいけないお薬です。

これもどのED治療薬にも該当する事で、知らぬ間に併用してしまうと重度の副作用を起こしてしまったり、起こす可能性を大幅に高めてしまいます。

異なる成分同士がバッティングして体に変化をもたらし、体調を崩してしまうのが併用禁忌薬の怖いところですので、病院やクリニックでバイアグラを処方してもらう際には、事前に持病で服用している薬を専門医に伝えるようにしましょう。

いくら勃起作用が欲しいからといって無理して体調を悪くしては意味がありませんし、その後が辛くなってしまいます。

正しく安全に服用するためにも、まずはバイアグラなどのED治療薬に対する危険性やその他のリスクを十分に理解してから安全に服用する事が大切です。

当サイトでは商品詳細ページでは伝えきれない大切な情報や、購入者の皆様に得となる情報をこのようなブログ形式でお伝えしていますので、紹介しているブログ情報も参考にして頂く事で、よりバイアグラなどのED治療薬を効果的に服用し、効果を実感できる事を願っております。

▶ 通販で安全にバイアグラの正規品を購入する!

▶ バイアグラよりジェネリック品の商品一覧が見たい!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加