血圧が高いとバイアグラは危険?高血圧とED治療薬の関係について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではバイアグラと血圧の関係についてまとめています。

バイアグラはED治療薬としても有名で、日本以外にも世界中で利用者がいますが、このバイアグラを服用する際には血圧との関係をしっかりと理解しておくことが大切だと言えます。

まずは、バイアグラの作用をしっかりとご理解いただき、血圧にどのように関わってくるかを把握した上で正しく安全に服用するようにしましょう。

バイアグラの作用

バイアグラの作用

そもそもバイアグラの作用としては、男性の勃起不全・勃起障害と言われるEDを改善する事が第一にあると思います。

このページを参照している方も、バイアグラを服用している、又はこれから服用する上でどんな不安要素があるのかを知りたいという方が多いのではないでしょうか。

血圧との関係をご説明する前に、まずはバイアグラがどのように作用するのかを紹介していきましょう。

ED治療薬であるバイアグラにはシルデナフィル成分というものが含まれています。このシルデナフィル成分には血管を拡張する役割があり、これを服用する事で、勃起に関わる血管を拡張し、ペニスに流れる血流を促進する事で勃起を促してペニスを起たせるまでに至ります。

血管を拡張するという作用からも血圧との関係が少し見えてくるかと思いますので、ここから血圧との関係について詳しくまとめていきましょう。

勃起不全・勃起障害についての記事はこちら!☞インポテンツの原因とは?

バイアグラと血圧の関係

バイアグラと血圧の関係はシルデナフィル成分本来の作用と、それに反した副作用にもあります。

バイアグラを服用する事で、血管を拡張し血液がペニスに集まる事で膨張して勃起に至ります。それに反して、もともと血圧の数値に以上のある方は注意が必要です。

なぜなら、血管が拡張して血液が促進されることで、極端に血圧が低下してしまったり、血圧が上昇するという可能性もあるからです。

また、血圧が高い・低い方は薬を服用している可能性もありますよね。それらの薬には血圧を下げたり、上げあたりする成分が含まれています。どちらかというと高血圧の方が、血圧を下げるために服用していることが多いと思いますが、血圧を下げる薬を飲んでいる方が、バイアグラを服用すると極端に血圧が下がってしまい、身体が過剰に反応して死に至るというリスクもゼロではありません。

こういったことから、バイアグラをただ服用するだけでも確認しておきたい注意点や血圧との関係が重要であることが大切だと言えます。

バイアグラを通販で購入する

通販で購入

バイアグラは通販で購入する事ができます。

上記の項目でまずは血圧との関係についてまとめさせて頂きましたが、ここまでの情報は血圧が正常値の方からすれば、ほとんど関係ないお話しとなります。

今すぐバイアグラを購入したいという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にも1つだけ購入前に知って頂きたいことがあります。それは副作用です。副作用はどんな医薬品にも考えられることで、バイアグラに限ったことではありません。

もちろん、バイアグラ以外のED治療薬で有名なレビトラやシアリス、その他のジェネリック品にも当てはまる事です。

勃起を促すED治療薬と言えど、あくまで医薬品という事を忘れずに、服用時に起こりうる副作用については十分に理解して服用するようにしてください。

▶ 通販でバイアグラを今すぐ購入したい方はコチラ

高血圧の方が服用する場合

では、話を戻していきますが、高血圧だからと言ってバイアグラが絶対に服用できないかというとそうとも言い切れません。

ただし、独自の判断で服用するにはかなりのリスクがありますので、できる事なら専門医の指示に従って服用する事が大切です。

病院やクリニックでもバイアグラを取り扱っているところはありますので、診察してもらう際に血圧の数値を調べてもらったり、医師に数値を伝える事で、自分が服用できるかどうかのラインを知ることができます。

医師の判断で服用しても問題ない場合には、そのまま病院で処方してもらうか、家に帰ってから通販サイトで購入すれば良いでしょう。

高血圧の方が服用する注意点・危険性

注意点・危険性

バイアグラに含まれているシルデナフィル成分には血圧を下げる作用もあります。そもそもシルデナフィル成分はもともと狭心症の治療薬を開発するために臨床試験が行われていた成分です。

開発の経緯については今回は省略させて頂きますが、血圧を下げる作用があるので、その他の血圧を下げる薬との併用には十分な注意が必要です。

なので、前項でも述べている通り、できることなら専門医に相談してから服用するのが好ましいです。

ただ、やはり病院に行かないでバイアグラを服用してしまう方もいらっしゃる思いますので、確実に注意しておいたほうが良い方をここでは記載しておきます。もちろん、ここでの情報がすべてではありませんので、ここに書いてないからと言って安全であるという誤認はしないようにしてください。

少しでも不安のある方は必ず病院で事前に確認してからバイアグラを服用しましょう。

~バイアグラ服用に注意すべき人~

・高血圧、低血圧の方。

・不整脈の方。

・数ヶ月以内に脳梗塞・心筋梗塞などの病気になった方。

・心不全を患っている方。

・狭心症を患っている方。

・血圧をコントロールできていない、安定していない方。

・重度の肝機能障害のある方。

・心血管系障害など性行為そのものが不適当な方。

・網膜色質変性症の方。

バイアグラの一般的な副作用

バイアグラは血圧の注意も必要ですが、その他にも副作用に気をつける必要があります。これはバイアグラに限ったことではなく、レビトラやシアリスなどのその他のED治療薬にも言える事ですので、服用前には確認するようにしてください。

また、下記では考えられる副作用を軽度のものから重度のものまでまとめていますので、参考にしてみてください。上記の項目でまとめている注意するべき方が服用すると副作用のリスクが高まる可能性もありますので、十分にご注意ください。

【副作用一覧(参考例)】

・ほてり・潮紅・頭痛・動悸・胸痛・頻脈・傾眠・めまい・昏迷・口渇・消化不良・悪心・胃腸障害・腹痛・鼻炎・筋肉痛・、関節痛・発疹・彩視症・眼充血・視覚障害・結膜炎・末梢性浮腫・不整脈・不安・記憶力低下・不眠症・無気力嘔吐・嚥下障害・下痢・咽頭炎・呼吸障害・鼻閉...etc

その他の注意事項

注意事項

バイアグラの重要な注意点としては、だいたい上記で述べてきたことですが、その他の注意点としては、薬の効果が出ないからといって多用・乱用する事です。

用量・用法を守らずに飲んでしまうと、血圧の異常など関係なしに体調を悪くしたり、副作用でも重い症状を発症する可能性もあります。

まずは、正しい飲み方を理解して服用する事が大切です。また、女性の服用や未成年者の服用なども推奨できませんので、気を付けましょう。(未成年でも既婚者の男性は例例外の場合あり)

その他としては、バイアグラと併用してはいけない併用禁忌薬に該当する薬を飲んでいる方です。併用禁忌薬は簡単に言えば飲み合わせの悪い薬です。シルデナフィル成分を一緒のタイミングでは服用できないものの代表的なものとして、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬・硝酸剤・塩酸アミオダロン製剤などがありますので、これらに該当する薬を飲んでいる方は事前に医師に確認してください。

通販で人気のジェネリック

バイアグラと血圧まとめ

バイアグラと血圧の関係や注意事項などについてはある程度ご理解頂けましたでしょうか。

ED治療薬は勃起不全の男性からしても本当に夢のようなお薬です。しかし、その効果と反して起きてしまう副作用などにも気を付けなければなりません。

より安全に勃起効果を得るには、知っておくべき注意点などがありますので、バイアグラなどのED治療薬に限らず、お薬を購入して服用する際には、副作用や注意点をしっかりと確認しておきましょう。

▶ 通販で購入出来るED治療薬の商品一覧ページへ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加