レビトラを飲んでも効かない理由は?正しく効果的な服用方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ED治療薬の中でも即効性に優れていることで人気のあるレビトラ。

いろんなED治療薬を何度も試したことのある方なら少しはわかると思いますが、人によっては服用するタイミングや飲み方によって薬の効果が効かない、効きにくい時もあります。

ここでは改めてレビトラの基本情報とレビトラが効かない場合に考えられる理由や対策をご紹介します。同じように薬が効かないという理由で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

レビトラとは

そもそもレビトラとはどんなお薬か正しく理解していますか?

レビトラは、男性の勃起不全・勃起障害を助けるためのお薬でED治療薬・勃起薬と呼ばれている男性用の医薬品です。

レビトラはバイアグラに次いで、世界で2番目に開発されたED治療薬で、海外の大手製薬会社であるバイエル社が開発したお薬です。

有効成分にバルデナフィル成分を含んでいるのが最大の特徴で、勃起機能がうまくいかない男性の手助けをするために使用します。

レビトラの効果・作用

レビトラの効果・作用

基本的な効果・作用は男性の勃起不全に対してです。

ペニスが起たない、起ちにくい、持続しない、中折れするなどの性行為時におけるペニスの勃起に関する悩みを抱えている方が服用する事で、本来の勃起力や硬さ、持続力を取り戻し、セックスを問題なく成功させる効果が期待できます。

勃起不全になってしまうとペニスの機能がうまくいかずに射精まで達する事ができなかったり、勃起そのものがうまく機能しません。

そんな時にレビトラを服用する事で、ペニスに活力を与えインポテンツの男性でも勃起力を回復させることで満足のいく性行為ができるようになるという効果・作用が期待できます。

▶ ED治療薬「レビトラ」を今すぐ購入する!

レビトラの成分

レビトラの成分はバルデナフィル塩酸塩です。

バルデナフィル成分は、レビトラに使用されている成分として認知されており、主な使用用途はED治療を目的とするED治療薬です。

レビトラやレビトラジェネリックに対して使用されることが多く、このバルデナフィル成分を体内に吸収することで、男性の陰茎に成分が作用し、ペニスに流れる陰茎の血管を拡張して、血流を促進し、勃起を促していく作用があります。

レビトラの効果はこのバルデナフィル成分が体にしっかりと浸透する事で効果を発揮しますので、服用しても効かないという方は成分がうまく吸収できていない可能性もあります。

レビトラの副作用

レビトラの主な副作用はめまい・ほてり・頭痛などがあります。

ED治療薬はレビトラに限らず、服用した方のほとんどが頭痛やほてりを感じることがあり、これらの副作用は薬の効果が切れるのと同じタイミングで症状も回復していきます。

薬が効く、効かないと個人差があるように、副作用も人によって感じ具合が異なるので、その点も理解しておくと良いでしょう。

【基本的な副作用の一例】

・頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常、彩視症、光視症..まぶしい、かすむ、青くみえる…etc

レビトラの注意事項

レビトラの注意事項としては、服用方法や副作用、薬の管理方法などいくつかあります。

レビトラをすでに服用したことのある方ならある程度はご存知かもしれませんが、念のため記載しておきます。

ED治療薬・勃起薬といっても根本的には医薬品というものなので、正しく服用しなければ薬が効かない、効きにくいという事も十分にありえます。

正しく服用し、注意事項を守って安全に服用しましょう。

【注意事項の一例】

・レビトラの成分「バルデナフィル」に対してアレルギー反応のある方の服用。

・心臓病や脳卒中など重い病気を患っている方の服用。

・体調や病気などが理由で、性行為そのものが危険・難しい方。

・「ニトロ」と言われるお薬との併用。狭心症や心不全用のお薬など。

・ニトロ以外の併用禁忌薬との併用。

・女性、小児の服用。

・血管拡張作用があるので、血圧などに問題のある方。

レビトラが効かない理由

レビトラの基本的な情報に関してはある程度ご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし、ED治療薬を服用しても薬が効かないなんてこともありますよね?

レビトラを服用しても効かないという方にはこんな理由・原因が考えられます。

・薬を服用するタイミングが正しくない。

・食事をした直後で満腹状態のまま薬を服用している。

・お酒を飲み過ぎて泥酔状態にある。

・用量・用法を守らずに服用している。

などが理由として考えられます。

これらの原因・理由を意識して服用する事で1錠でも無駄にせずに服用できるので、ぜひ覚えておきましょう。

レビトラが効かない場合に

レビトラが効かない場合に

レビトラがいくら即効性に優れているとは言え、挿入直前に飲んだりタイミングを間違えてしまうと薬が体に吸収されずに十分な効果を発揮できない可能性があります。

また、レビトラだけでなくED治療薬は空腹時に服用する事が推奨されています。もちろん、薬によっては食事の影響が少ないものもありますが、それでも空腹時に服用したほうが薬の成分が吸収されやすいので満腹時は避けるようにしましょう。

泥酔状態もNGです。理性がきかないまま服用しても意味ありませんし、泥酔状態では薬もうまく作用しない可能性は十分に効かない場合もあります。

ED(勃起不全)になる理由や原因

レビトラの服用方法や、薬が効かない時に気を付けるべきポイントに関してはある程度ご理解いただけたのではないでしょうか。

また、できる事なら薬を使わないでEDを改善できることが一番ですよね?EDを発症するにもいろんな理由や原因がありますので、その点も理解しておくと改善につなげていく事が出来ると思いますので、ED発症の原因を少しまとめてみましょう。

・精神的なことが理由でEDになる。過去のトラウマは女性への嫌悪感などからペニスが起たなくなってしまう。

・陰茎の機能がうまく作用しない。脳からの勃起命令に対して陰茎が勃起を促進させない機能的な原因がある。

・射精後に無理にセックスを続けたりしても勃起機能がうまく働かない。

・間違ったオナニーなどで、セックス時にはうまく勃起作用が働かない。

もちろん、EDになる原因はこれら以外にもありますが、上記は可能性とて考えられることの一部ですので少しは意識しておくと良いかもしれませんね。

レビトラ以外の人気ED治療薬

通販で購入出来るED治療薬です。ED治療薬の中でもレビトラと同じバルデナフィル成分を含んでいるレビトラジェネリックなので、同じ効果が期待できます。

ED治療薬にもいろんな種類があり、レビトラ以外には世界初のバイアグラや3番目に開発されたシアリスなどもあります。それらのジェネリック品もあり、今では安い価格でED治療薬を手に入れられるので、EDに悩む男性はぜひお試しください。

レビトラ情報まとめ

レビトラ情報まとめ

レビトラが効かない理由やEDになってしまう原因、なった場合に服用する事で勃起効果の得られるED治療薬についてご理解頂けましたでしょうか?

ED治療薬は正しく服用すれば本当に画期的な男性用の医薬品です。

ペニスが起たないとセックスできませんし、パートナーにも嫌われてしまうという恐怖感も少なからずあったり、それが原因でストレスとなり余計にペニスが起ちにくくなってしまう可能性もゼロではありません。

性行為に対しては自信をもっておくことで、ED改善にもつながっていきますので、ネガティブ思考は改善して、EDになってしまった場合でも前向きに性行為をしていくようにしましょう。

そのためのED治療薬でもありますので、勃起不全の方は、ぜひこれらの情報をお役立てくださいね。

▶ 通販で購入できるED治療薬の一覧ページへ

この記事を読んだ方にオススメのブログ☞男性のインポの原因と対策法

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加